転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

転職面接で『5年後のビジョンを教えて下さい』と聞かれた時の面接官の期待を超える回答

転職キャリアアップ - 転職面接で『5年後のビジョンを教えて下さい』と聞かれた時の面接官の期待を超える回答

転職面接の中で誰もが一度は聞かれた事がある質問が『あなたの5年後のビジョンを教えてください』でしょう。将来のビジョンがいかに明確に描かれ、あなたが応募しているポジションとどれ程密接に関係しているのかが問われています。緊張している転職面接の中ではなかなか明確な答えを出す事が難しいかもしれませんが、実はこの質問に対する明確な答えが存在しているのです。

 

ある採用担当者(リクルーター)は、目の前の転職希望者が十分なスキルを備えているのであれば、後知りたい情報としては『会社のカルチャーにフィットするのか。会社のビジョンに共感できるのか。チームと協力して働きチームへの貢献度が高いのか。』だけとの事。

 

面接官が考える質問を意図を知る事であなたはより的確な回答が出来る様になるでしょう。ここでは転職面接でよく聞かれる5年後のあなたに関する質問を見ていきましょう。

 

 

1. あなたのゴールが会社のゴールとどれ程関係性があるのかを説明

転職面接前に会社に関する情報収集をしておくのはもはや当たり前です。30代転職希望者であれば、面接官から求められる下調べの質も高くなります。あなたが調べた情報の中から、あなたが今後のキャリアアップの中で目標とするゴールが、どれ程会社のビジョンや目標、経営理念と共鳴するのかを転職面接で述べてみましょう。

 

あなたのキャリアアップマネジメントであり、チームを率いる事なのであればこう言ってみてはいかがでしょう。

 

 

回答例:御社が考える従業員への教育体制や個々の成長を重要視する考え方に共感し、私自信5年後には自分のチームを持つマネージャーになり、チームメンバーを成長させる事を目標としています。

 

2. 熱量は適度な量を伝える

企業は従業員が個々の将来を自分自身で考え常にキャリアアップを目指す人と一緒に働きたいと考えるものです。しかし過度な熱量を示す必要は無く、将来マネジメントのポジションへ挑戦したい旨を明確に伝え、あなたが目指す特定のポジションに興味がある理由も含めてプレゼンテーションをするのも一つの方法です。

 

回答例:5年後にはマネージャーを目指しているため、マネジメントに関する研修にも積極的に参加させていただきたいですし、自ら外部の研修にも参加していきたいと考えています。

 

3. 学ぶ姿勢をすでに学んでいる姿勢を伝える

実際、30代ビジネスマンビジネスウーマンの中には5年後の明確なビジョンを持っている人は少ないかもしれません。半年後や1年後はある程度明確なあなたが見えるかもしれませんが、5年後となると明確なビジョンは描きづらいものです。

 

そのため転職面接では、5年後キャリアアップを達成するために常に学ぶ姿勢がある貪欲なキャラを演じてみるのも良いでしょう。

 

あなたの今後のキャリアアップに関わるスキルや経験で、まだあなた自身が未経験の内容に関しては入社後に積極的に参加し、新たな学びを得たいと伝えると良いでしょう。

 

しかしただ学びたいという姿勢を見せるだけでは十分ではありません。すでに何かを学び始めている今の姿勢を見せなければ、ただの口先だけの人にしか見えません。

 

回答例:このポジションはファイナンスの知識を持つ事でより数字を用いた戦略的な思考でアイデアを生み出す事が出来ると考えています。そのため、数か月前からファイナンスを学ぶための学校へ通い始めていますが、御社に入社した後ももし可能であればファイナンスの方々と一緒に働きたいと考えています。実際に一緒に働く事でより現場の知識や考えを学ぶ事ができ、私自身のキャリアアップに繋がると考えています。

 

4. 面接官が期待する一歩先の回答を準備

特に面接官はあなたの事を試す場合があります。近年は圧迫面接を行う企業も少なくなりましたが、わざと難しい質問をしたり、変化球の質問をしてくる場合があります。しかしあなたが事前に転職面接の準備をしっかりとしていればある程度の質問に答える余裕があり、面接官が欲しい回答が出来るかもしれません。

 

転職面接で大事なのは時に面接官の立場に立って、あなたを本当に採用したいと感じるかあなた自身が考える事です。あなたの5年後のビジョンをあなたが聞いて魅力的に感じるのか、採用したいと感じるのかが答えです。

 

もしあなた自信があなたの回答を魅力的に感じないのであれば、あなたよりも経験が長い面接官はもっと魅力的に感じないでしょう。

 

現代では企業が5年後にどうなっているのかも分からない時代です。人一人が5年後にどうなっているのかはさらに予想が難しいでしょう。しかし今考えられるだけの材料を使って、あなたが目指すゴールと企業のゴールをベースに5年後のビジョンを生み出す事は出来ます。

 

あなたの5年後のビジョンに答えはありません。しかし的確な回答は存在します。あなたのゴールと企業のゴールに関連性があり、あなたがそのゴールへ向けた明確なステップをすでに考えられていて、かつそのゴールへ向けた行動がすでに出来ているのかどうかという事です。

 

5年後のビジョンが決まれば、一度自分自身に問いただして下さい。もしあなたの回答に矛盾が生じるのであればビジョンを変えても良いでしょう。あくまで転職面接で伝えるあなたのビジョンです。何度もやり直しをしても問題ありません。

 

ただ明確でかつ面接官に何の疑問も持たれないビジョンであり、かつ魅力的なビジョンであれば良いだけなのです。

 

転職キャリアアップ - 転職面接 執筆者 | Arie - アリー | 転職面接担当