転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

【STARメソッド】転職面接に使えるコンピテンシー面接に備える『STARメソッド』とは

転職キャリアアップ - 転職面接に使えるコンピテンシー面接に備える『STARメソッド』とは転職面接の中で面接官からの質問に対して的確な回答が出来ているのか不安に感じた事は無いでしょうか。特にあなたが過去に達成した成果に関する質問への回答は、自慢に聞こえない様な回答が求められ、転職面接では回答のテクニックも求められています。

 

そんな転職面接で的確な回答をするためのフレークワークとしてSTARメソッドがあり、あなたの過去の経験やスキル、そして実績を体系立てて回答する事が可能となります。

 

 

STARメソッドとは?

STARメソッドとは、Situation(状況)Task(タスク)Action(行動)そしてResult(結果)によって構成されており、主にコンピテンシー面接では多いに活用が出来るフレームワークです。

▼コンピテンシー面接に関する記事はこちら▼

 

STARメソッドを活用した転職面接対策とは?

このSTARメソッドとはあなたが過去に成し遂げた成果を伝える際に活用でき、行動を元にした事実に基づく回答が可能となります。転職面接で避けるべき回答は抽象的な回答であり、具体性に欠き面接官が再度あなたに質問をしなければいけない状況を作り出してしまいます。

 

面接官が面接で知りたい事実

面接官は転職面接の中であなたが実際に何をして、どんな成果を出したのか事実ベースで知りたいものです。そして企業やポジションによって求められるスキルは異なり、面接官は転職面接の中であなたが求められているスキルを持ち合わせているのかを判断しなければいけません。

 

そのため行動に基づくコンピテンシー面接を行い、約1時間の面接時間の中であなたをじっくりと分析しているのです。

 

ポイント:過去の成果を知る事で実はあなたが将来成し遂げるであろう成果を予測する事が出来ます。つまり面接官はあなたが期待以上の成果を将来的に出せる人材なのかを分析しています。

 

例えば、今あなたが受けているポジションでは主に問題解決スキル分析スキルクリエイティビティ失敗への忍耐性プレゼンテーションスキルチームワーク交渉スキル等が求められているとしましょう。その場合、下記の様な質問が転職面接では繰り広げられます。

 

-短い期限の中であなたが成し遂げた成果を話して下さい。
-期待以上の成果を出した時に話しをして下さい。
-あなたのチームメンバーがある業務を拒否した時あなたはどうしましたか。

 

実は面接官の多くが質問をする際にSTARメソッドを活用している事が多く、状況から結果まで質問に織り込まれている事があります。そのためあなたが面接官が知りたい情報をSTARメソッドに沿って回答するだけで良いのです。

 

STARメソッドは4つの順番に沿って回答を完成させていくため、過去の出来事を思い出し、状況から順番に事実を組み合わせていきます。このSTARメソッドで重要なのは過去の事実に基づいていなければならず、必ずあなたが成し遂げた成果や事実のみ織り込む様にしましょう。

 

STARメソッド4つのステップ

Situation - 状況

あなたが話す成果のベースとなる状況を説明します。面接官に状況を伝える事で面接官はより具体的なイメージを持ってあなたの話しを聞く事が出来ます。例えば、チームで何かを成し遂げた場合の話しであればチームの数も伝え、同僚とのちょっとしてトラブルの話しであれば同僚の簡単なスペックを伝えると、より明確な状況が頭にイメージ出来ます。つまり状況がより詳細であればある程具体的なイメージが出来ます。

 

Task - タスク

状況を説明した後はその状況下であなたが成し遂げなければいけないタスクを説明します。短い期限の中でチームをサポートしプロジェクトを遂行しなければいけなかったタスクや、同僚とのトラブルを解決したタスク、営業成績を達成したタスク等状況に合わせてタスクをより具体的に伝えましょう。

 

Action - 行動

タスクを達成するためにあなたが起こした行動を明確化します。ここでのポイントはあなたが何をしたのか、にフォーカスしあなたのチームや上司、同僚が起こした行動は関係ありません。転職面接の際も主語は私達ではなく、私に限定して話す事をお勧めします。

 

Result - 結果

結果は事実を述べるだけなので、プロジェクトを期限内に成功させた、〇〇%の売り上げ増を達成した等事実を伝えていきますが、可能であれば何か数字を織り込んで話す事でさらに面接官の中でのイメージが明確化する事でしょう。

 

STARメソッドを使って転職面接の準備

あなたの目の前に座っている面接官はもしかしたら将来あなたの上司になる人かもしれませんし、人事担当の人かもしれません。そして各面接官が具体的にどの様な質問をしてくるのかを明確に予想する事は非常に難しいですが、いくつかのシナリオを準備しておき、そのシナリオに合わせて回答を準備しておく事は可能です。

 

スキルと経験をリスト化

まず最初の転職面接への対策として、STARメソッドを思いだしながらあなたが応募しているポジションに求められているスキルや経験を紙に書き出してみましょう。求人内容を見ればある程度のスキルや経験を見つける事が出来ますが、あなた自身で求人情報から読み取って書き出しても良いでしょう。

 

あなただけのストーリーを作成

スキルや経験がリスト化出来たら、後は各スキルや経験に沿ったあなたの過去の事例を当てはめていきます。ここでSTARメソッドの登場です。必ず状況、タスク、行動、結果が一つの線で結びつく様なストーリーでなければならず、面接官がより理解しやすい内容でストーリーを作ってみましょう。

 

各ストーリーは出来るだけあなたが応募しているポジションに関連する内容にしましょう。例えばあなたが営業職に応募しているのであれば、あなたが話すストーリーは営業職に関連した過去の成果にする事で、面接官はよりあなたの将来性を判断でき、ポテンシャルを判断しやすくなるでしょう。

 

転職面接を成功させるには、いかに事前の準備をしっかりと適切に行うかのかかっています。しかしがむしゃらに準備をするのではなく、STARメソッドの様なフレームワークを活用する事でより効率的な準備が可能となります。このSTARメソッドは面接官の意図に合わせたフレームワークですので、非常に効果が期待出来るメソッドです。

 

あなただけのストーリーをいくつか考えていく中、STARメソッドに沿ったストーリーが出来上がっていき、あなたは何度かその回答を口に出して練習する事でしょう。そして実際に転職面接の中で事前に準備していなかった質問が来た場合でも、あなたはSTARメソッドの考え方がすでに頭に入っているため、その場で考えた回答もSTARメソッドに沿った回答になっている事が多く、ある意味STARメソッドを習得したとも言えるかもしれません。

 

どんなフレームワークも実際に使用し、何度か使っていくうちにその考え方が自然と頭に入り、フレームワークがあなたのスキルの一つとなっていきます。STARメソッド転職面接以外でも活用が出来ますので、プレゼンテーションを考える時や、上司との面談、部下との面談等あらゆるケースで活用する事をお勧めします。

 

転職キャリアアップ - 転職面接 執筆者 | Arie - アリー | 転職面接担当