転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

【30代の転職注目スキル】キャリアアップに必要なプレゼンテーションスキルを克服するための10個の方法

転職キャリアアップ - 【30代の転職注目スキル】キャリアアップに必要なプレゼンテーションスキルを克服するための10個の方法30代ビジネスマンビジネスウーマンであればマネジメント層に対してのプレゼンテーションを任される機会も増え、人前で話す事が20代と比較して増えていく事でしょう。プレゼンテーションの機会は、あなたのパフォーマンスをマネジメント層やシニア層に対してアピールする非常に有益なチャンスですが、なかなかプレゼンテーションスキルを学ぶ機会は今までなかった事でしょう。

 

しかし実際は非常にシンプルな考え方を実践するだけで、より相手に伝わりやすいプレゼンテーションスキルが身に付き、プレゼンテーションスキルを身に付ける事が自信に繋がり、人前で話す緊張感からも少しずつ解放されていきます。

 

ここではそんなプレゼンテーションスキルを学ぶ機会がなかった30代キャリアアップを目指すあなたに向けて10個のコツをご紹介。

 

 

プレゼンテーションスキルを身に付けるための方法

1. プレゼンテーションをシンプルに

ある調査では、聞き手にとってプレゼンテーションはシンプルであればある程良いという結果が出ていたり、Appleスティーブ・ジョブズプレゼンテーションからも分かる通り、とにかくプレゼンテーションはシンプルにしてみましょう。プレゼンテーションスキルを学ぶ上で一つのフレームワークを参考にしてみて下さい。

 

10:20:30の法則

これは、スライドは10枚以下にし、プレゼンテーションは20分以内であり、フォントサイズは30が最小にすべきという考え方です。このフレームワークを守る事でプレゼンテーションはシンプルになり、伝えたい事がより明確となり、聞き手にとっても分かりやすい内容にすることが出来ます。

 

本当に伝えたい事は3つかそれ以下に絞る事で聞き手にとって覚えやすいプレゼンテーションとなりますので、重要なキーワードは必ず3つ以内と決めておきましょう。

 

2. プレゼンテーションは準備と練習が全て

転職面接でも全く同じ事が言えますが、人前で話す場合は準備と練習で結果が大きく変わります。特にプレゼンテーションスキルを身に付けるためには、何度も人前で話す事で慣れる事も重要なため、同僚や知人の前で事前に練習をし、フィードバックをもらうのが最も効果的な方法です。

 

どれ程素晴らしいスライドを作っても、話すプレゼンテーションスキルが無ければその効果は大きく変わってきます。人前で話すのがとにかく苦手だという人は、プレゼンテーションで話す台本を全て覚えると緊張感を大幅に減らす事が出来ます。

 

その場の空気感に合わせてプレゼンテーションを変更出来るスキルがある人は、台本を全て覚える必要は無く、スライド毎のポイントだけ覚えておくと良いでしょう。

 

3. プレゼンテーションは最初の掴みが重要

聞き手である観客の心を掴む方法はプレゼンテーションの出だしが最も重要です。最初にいかに心を掴めるかでその後のプレゼンテーションへの引き込まれ方が大きく変わります。そして最初にあなたが伝えたいポイントを理解してもらい、最後にもう一度ポイントを強調する事であなたのプレゼンテーションは完成します。

 

プレゼンテーションスキルを身に付けるためには最初の出だしを下記の様な内容にしてみましょう:

-興味深い問い、問題、逸話から始める
-インフルエンサーやその場にいる人が知っている人の話しから始める
-あるストーリーを話して興味を惹く
-ある動画を見せて興味を惹く
-聞き手を驚かせる事実を伝えてから始める

 

4. あなたの熱意を最大限に表現

古典的な方法ですが、実際人は人の熱意に惹き込まれるものであり、大げさにあなたのプレゼンテーションに対しての熱意を表現してみましょう。プレゼンテーションスキルにはこの様な熱意や感情を上手に表現する事も重要で、話し方一つで聞き手の聞く姿勢を変える事が出来ます。

 

5. メンターや誰かの真似をしてみる

ビジネススキルを身に付ける上で最も簡単な方法が、誰かのスキルをそのまま真似る方法です。あなたがプレゼンテーションを聞いた時に良かったと感じた人の話し方やスライドの作り方をそのまま真似てみましょう。30代ビジネスマンビジネスウーマンであれば周りにプレゼンテーションが上手は人が一人はいるはずです。

▼メンターを見つける方法に関する記事はコチラ▼

 

その他にもプレゼンテーションスキルが高い人の動画は簡単に見つける事が出来ます。特にTEDは非常にお勧めのプレゼンテーション動画であり、短時間にシンプルというプレゼンテーションのルールを学ぶには是非参考にしてみて下さい。

 

6. 身振り手振りや表情からも表現

プレゼンテーションスキルや何も口から話す言葉や話し方だけではありません。優れたプレゼンテーションスキルを持つ人は、この身振り手振りや顔の表情の使い方が非常に上手く、体全体から自身に満ち溢れたプレゼンテーションが出来ます。

 

例えば、

-パソコンの前に立って話すだけではなく、とにかく動き周る事で聞き手の目線を惹きつける
-パソコン台やテーブルの後ろに隠れる事は絶対にしない
-個々に訴えかける方法として聞き手の目を見てよりパーソナルな空間を上手に作る

 

7. ビジュアルで訴えかける

プレゼンテーションのスライドには分かりやすく、かつシンプルな図や表を使います。プレゼンテーションスキルの中でも、最低限のパソコンのスキルは必要です。同じ図や表でもビジュアル一つで伝わり方は千差万別です。

 

ビジュアル一つであなたのプレゼンテーションスキルが聞き手に伝わり、あなたのスキルが高いのかどうか一瞬で判断されるでしょう。

 

8. 観客を巻き込むスタイル

特に観客を巻き込む事も効果的なプレゼンテーションとなります。何か質問をしてみたり、前に出てきてもらい意見を言ってもらうなど、あなただけのプレゼンテーションではなく、全員を巻き込むプレゼンテーションです。

 

しかし観客を巻き込むには非常に高いプレゼンテーションスキルが求められ、失敗をすると聞き手があなたのプレゼンテーションに対して一瞬で興味を失うでしょう。

 

9. 声のトーンの変化もプレゼンテーションスキルの一つ

プレゼンテーションの中で声のトーンを変える事は聞き手に重要なポイントを分かりやすくするためにも必要です。必ず重要なキーワードは声のトーンを上げ、ゆっくり話して、大げさなぐらいにこのポイントが重要であると理解してもらいましょう。

 

10. リラックスしてあなたがプレゼンテーションを楽しむ

あなたはこのプレゼンテーションを成功させるために何度も練習を重ね、何度もシミュレーションをした事でしょう。プレゼンテーションスキルを高めるためには実践が全てです。誰もが何度も何度もプレゼンテーションで失敗しています。

 

そのため回数を重ねる毎にあなたのプレゼンテーションスキルは向上し、少しずつプレゼンテーションスキルを身に付けています。リラックスして、とにかく楽しみましょう。観客はあなたの事だけを見ています。

 

プレゼンテーションスキルは学ぶ機会が少ないため、なかなか旨を張ってプレゼンテーションが得意だと言う人は少ないですが、最も大きなカギは慣れです。何度も人前で話している人の場合、自然と話し方が身に付き、緊張感が少なく、ただそれだけれ優れたプレゼンテーションが出来る人もいます。

 

そのため、失敗を恐れずにあなたなりのプレゼンテーションをしてみましょう。ここで紹介した10個のポイントを押さえればあなたのプレゼンテーションは大きく向上する事でしょう。

転職キャリアアップ - スキルアップ  執筆者 | Catherine - キャサリン | スキルアップ担当