転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

転職やキャリアアップを成功させるためのネゴシエーションスキルを鍛える6つの方法

転職キャリアアップ - 転職やキャリアアップを成功させるためのネゴシエーションスキルを鍛える6つの方法もしあなたがアーティストでも、フリーランスでも、フォーチュン誌500社に入る様な企業で勤務していようとも、ネゴシエーションスキルはあなたのキャリアにとって非常に重要なスキルとなります。ネゴシエーションスキルを持つ事で将来的なキャリアアップ転職時や昇進時の給与交渉を成功に導いてくれ、周りの同僚よりも一歩先を行く30代ビジネスマンビジネスウーマンとなれるでしょう。ネゴシエーションスキルはポイントを掴み、日々仕事の中で活用し練習する事で自然とあなたのスキルとなってあなたに大きな貢献をしてくれます。ビジネスの世界では頻繁にネゴシエーションスキルが求められるケースが多いため、ここでご紹介するいくつかのテクニックを活用する事で、難しくタフは交渉もスムーズに進める事が出来る様になります。

 

交渉を行う理由と目的を明確に

あまり頭を使う必要が無い様にも見えますが、交渉を行う際に多いのが、交渉している本人が具体的なゴールが見えていなかったり、実際は何が欲しくて何のために交渉しているのか不明確なケースです。何のために交渉し何を達成するための交渉なのかを明確にするだけではなく、交渉を阻むであろう障害を理解しておく必要があります。もちろん交渉をしたからと言って必ずしもあなたが交渉を勝ち取れる保証はありません。そしていつ交渉とすべきなのか、交渉を続けるべきなのか、そしていつこの交渉から足を引くべきなのかを明確にキャッチする事も重要です。

 

事前準備が全て

交渉を行う際には、交渉相手に対してあなたが具体的に何を提供でき、あなたは具体的に何を期待しているのかは重要なポイントです。もしあなたの交渉の目的が昇給であれば、あなたは会社にもたらした(もしくはもたらすであろう)価値を示し、会社があなたを昇給しなければいけない理由も示す必要があります。もしあなたが毎月使用している聞きのレンタル料を下げるための交渉を行うのであれば、料金を下げるメリットを関わる人に理解をしてもらいなぜ料金を減らす必要があるのかを事実、数字、そして戦略を元もに交渉するべきでしょう。あなたは常にWin-Winの関係を目指し、あなたが求めるゴールが双方にとってメリットがある内容を示す様にしましょう。

 

相手の立場に立って考える

時に私達は相手の立場に立って物事を考えるべきだという概念を理解しますが、なかなか実生活では実践出来ていません。ネゴシエーションスキルを持つ人は必ずベストを尽くし双方にとってのWin-Winの関係を上手に維持出来ます。そしてWin-Winの関係を保ちながら相手が求めるものを理解し、達成する方法まで理解しています。焦らずしっかりと相手の立場に立って考えてみましょう。

 

一番危険な方法が、相手はこのポジションの人だからこういった事を求めているだろうという勝手な想定で交渉を進めるケースです。相手が本当に求めるものをキャッチする事は簡単ではありません。本人から情報が得られないのであれば、時には第三者を通じて情報を得る必要があるかもしれません。相手の考えを理解する事は、ネゴシエーションスキルだけではなくコミュニケーションスキルも向上し、交渉を良い結果に導く力を発揮してくれる事でしょう。

 

Win-Winの関係を目指す

交渉をする上では、常に中立な立場で相手を共感する事も需要となります。お互いの利害を理解した上で交渉のプロセスを進める事でお互い満足する結果が得られ、それはフェアな結果になるでしょう。そして相手の立場に立つだけではなく、あなたが求める結果を得るためには、あなたの妥協出来る最低限のラインを理解し、どの様な結果であれば受け入れる事が出来ないのかまで明確にしておく必要があります。

 

残念ながら必ずしもあなたの交渉が上手くいくとは限りません。交渉が上手くいかないと判断したならば、早くその場から立ち去り次の交渉相手を見つける様にしましょう。お互いメリットが享受出来ない様な交渉は、Win-Winの関係を保つ事が出来ない事を意味します。

 

常に冷静さを保つ

交渉は時に想定していたよりも長引く事があり、それに伴いあなたは疲弊する可能性もあります。交渉が長引く事で、あなたは冷静さを失い当初の目的やゴールから外れてしまう事は良くあります。そのため、交渉が行き詰まった際には一度立ち止まってあなたが目指すゴールを再度認識し、冷静になる必要があります。忘れてはいけないのが、あなたは相手が持つ戦略をコントロールする事は出来ませんが、あなた自身をコントロールする事は可能なはずです。論理的な頭で考える事は感情的に考えるよりも必ず良い結果を生んでくれる事でしょう。

 

去り際を理解する

ここまでネゴシエーションスキルを培うための方法を見てきましたが、必ずしもあなたが思う様な結果が得られない時もあります。特にあなたがまだネゴシエーションスキルを持ち合わせていない時に起こりますが、その場合あなたから身を引くのも一つの方法です。交渉での失敗は誰にもでもあります。失敗から次に生かすための方法を学べたと思いましょう。Win-Winにならない交渉だったのか、あなたの戦略が不十分だったのか、もしくは相手の立場に立って考えられていなかったのか等理由はいくらでも考えられます。次に生かすためにも不毛な交渉は早めに切り上げる事をお勧めします。

 

ネゴシエーションスキルを培うための方法をいくつか見てきましたが、ビジネスの世界以外でも交渉出来るシチュエーションは数多く存在しています。家族間での話し合い、友人同士の旅行プランの策定、買い物をする時の交渉等、日々の生活の中に『交渉』出来るシチュエーションはたくさんありますので、小さな交渉から練習をしていきましょう。そうする事で、キャリアアップを目指した転職のタイミングであなたのネゴシエーションスキルを活かした年収交渉が実現でき、あなたが期待する年収を獲得出来るかもしれません。

 

転職キャリアアップ - スキルアップ  執筆者 | Catherine - キャサリン | スキルアップ担当