転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

転職の際に役立つカルチャーフィットで注目されている3つの企業とは

転職キャリアアップ - 転職の際に役立つカルチャーフィットで注目されている3つの企業とはあなたの職場では上司や同僚の誕生日を一緒に祝うカルチャーはありますか?上司や同僚が誕生日の日には一緒にランチへ行ったり、仕事終わりにみんなで飲みに行くというカルチャーは、非常に良いカルチャーを持つ企業という事も出来ます。キャリアアップを目指す転職を行う際には、その企業が持つカルチャーやカルチャーフィットという言葉が頻繁に使われ、転職で企業を選ぶ際にカルチャーフィットは非常に大きなカギとなる事もあります。そして近年その企業が持つ独自のカルチャーがフォーカスされる事も多く、カルチャーに共感する人がその企業を求めて転職をする時代にもなりました。

 

例えばGoogleでは従業員に対して無料で社食を解放する事で、従業員は朝食、昼食、そして夕食や夜食まで社内で済ませる事ができ、社食はコミュニケーションの場となり従業員にとっては非常に良い環境であると採用の面でも良いプロモーションとなっています。そんなカルチャーは転職の際に是非注目していただきたいポイントの一つですが、ここでは世界でも注目されている企業が持つ独自のカルチャーをいくつかご紹介していきましょう。福利厚生の面でのメリットから、興味深いカルチャーまで多種多様ですが、転職の際にはあなたが魅力的に感じるカルチャーフィットを探してみるとまた違った視点で企業を見る事が出来るでしょう。

 

Zappos(ザッポス)独自のカルチャー

靴の通信販売企業として世界的に有名なZappos(ザッポス)は、ホロクラシーと呼ばれる企業内の組織をフラットにしてしまった珍しい企業です。ホロクラシーを取り入れるだけではなく、Zapposで靴を買った人は購入後1年間は返品が可能という通信販売の世界に大きな衝撃を与える販売方法でも注目されています。ホロクラシーの組織では、組織がフラットなため従業員それぞれが責任を持って仕事をするスキルが求められる一方で、ある意味自由を感じながら仕事が出来る環境でもあると言えるでしょう。ここで重要なポイントは、

 

-常に顧客が正しいという訳ではなく、顧客に正しい対応をする事が重要
-従業員に顧客に正しい対応が出来る様な責任を持たせ、促す事が重要
-その結果、顧客と従業員が良い関係を保つ事が可能

 

Zapposが考える顧客への対応方法と、従業員に対する考え方は時にその企業のカルチャーを表し、あなたがその考え方に共感出来るのであればそれはカルチャーフィットがあると言えます。同じ通信販売の企業やネット販売の小売店の中でもZapposの考え方は非常に興味深い例の一つです。

 

柔軟性という価値を提供するGoogle

カルチャーフィットを語る上で必ずと言っていい程取り上げられるのがGoogleです。Googleが持つカルチャーの特徴は『柔軟性』にあります。働き方の柔軟性だけではなく、従業員がよりクリエイティブに考える柔軟性を与え、新たなアイデアを生み出す環境も提供している特徴があります。そんなGoogleが持つ企業カルチャーは、従業員は何も定時通りに会社に来る必要はなく、柔軟に働く時間を設定出来る点も人気の一つであり、業務の量に合わせて働く時間を自分で管理する事が求められます。そして、クリエイティブなアイデアにも力を入れており、企業が成長し成功するアイデアなのであれば、積極的に取り入れすぐに実践するのがGoogleと言っても過言ではないでしょう。

▼クリエイティブシンキングに関する記事はコチラ▼

 

Wegmans(ウェグマンズ)が持つ社内昇進制度

日本ではあまり馴染みが無い企業名かもしれませんが、Wegmans(ウェグマンズ)とはアメリカで展開されている大手スーパーを手掛ける企業です。フォーチュン誌でも何度もランキングされる程人気の企業で、その独自のカルチャーが従業員の満足度を高めている特徴もあります。特に社内昇進制度はWegmansの中で最も高評価を得ている企業カルチャーであり、カートを回収する仕事をしている学生が結果を出し続ける事でお店の店長まで上り詰めたという話しは珍しい事ではありません。社内での昇進制度が充実しているという事は、外部から人を採用する面でも非常に良いプロモーションとなり、かつ従業員のリテンションにも繋がるメリットがあります。


日本でも少しづつスタートアップ企業等の独自カルチャーが注目される様になりましたが、企業側もその企業が持つカルチャーに転職希望者がフィットするのかを面接で判断する様になりました。同じ様な企業でもその企業が持つカルチャーは多種多様であり、外資系企業と日系企業ではカルチャーが異なる様に、個々の企業でも同じ事が言えます。カルチャーフィットが高い企業へ転職する事で、あなたは仕事をより楽しむ事ができ、同じカルチャーに共感する同僚と働く事は、必ず良いキャリアアップにも繋がる事でしょう。

 

転職面接の際に企業のカルチャーフィットを知る事は簡単な事ではありません。実際に働く人でしか分からない事も多々あります。しかしその情報を手に入れる事で、あなたの転職先を選定する重要な情報となり得るでしょう。現代では、ネットやSNSを通じて簡単に企業が持つカルチャーを知り、あなたとのカルチャーフィットがあるのか判断が可能です。転職活動中には、ポジションや企業だけではなくカルチャーフィットにも注目して企業を選定してみる事をお勧めします。

 

転職キャリアアップ - キャリアアップ  執筆者 | Adam - アダム | キャリアアップ担当