転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

社員紹介という採用率が最も高いリファラルを手に入れるための6つの方法

転職キャリアアップ - 社員紹介という採用率が最も高いリファラルを手に入れるための6つの方法転職活動を始めた時、あなたはどんな業界で働き、どんな職種に就き、就業場所はどこにするか明確に決めているでしょうか。『色んな業界を見てみたいな』『こんな業界も気になるな』と漠然としたイメージを持って転職活動を始める人が多いでしょう。

 

しかし転職活動を継続していくうちにある程度のターゲットとなる業界や職種、そしてポジションが狭まっていき、よりターゲットが明確となっていきます。

 

そうなれば後はあなたの目的に適した企業を見つけるだけとなり、次のステップは『どうすればその企業の面接を受けられるだろう』という課題に直面します。つまりその企業で働いている人へどの様なアプローチをすればコンタクトでき、転職面接までアレンジが出来るのでしょうか。

 

何もその人物は人事や採用担当者(リクルーター)だけではありません。あなたが希望するポジションのマネージャーやさらにシニアマネージャー、ディレクター等と知り合う事が出来れば恐らく転職面接までアレンジが出来るかもしれません。

 

あなたが気になる企業の求人をネットで探したり、転職エージェントへ求人が無いか確認をする方法もありますが、それでは転職面接という競争へ自ら足を踏み入れる事を意味します。

 

求人広告へ応募する際にはカバーレターを作成し、ありきたりな文面で採用担当者(リクルーター)へメールをしたり、結果的にあなたのメールは企業にとってただのマスメールとして優先順位が低いメールとなっている可能性が高くなります。

▼カバーレターに関する記事はコチラ▼

 

企業にとって最も価値があり、魅力敵に感じる候補者は、リファラルと呼ばれる社員が紹介した候補者となります。社員が紹介をし推薦した転職希望者であれば、面接官も一度は会ってみようかと感じ、非常に期待が出来る転職希望者になり得ます。

 

つまり激しい転職マーケットの競争から抜け出すためにも、あなたの目的は転職面接を受ける企業で働く人と知り合い、その人からリファラルとして紹介してもらう事にあります。

 

その結果、あなたの履歴書と職務経歴書が面接官に転送され、あなたは一次面接の予約をし書類選考という競争から簡単に抜け出す事が出来るのです。しかしリファラルを実現するためには、あなたを紹介してくれる人と知り合う必要があり、かつあなたを推薦してくれるまでその人と関係性を構築しなければいけません。

 

ここではそんなリファラルを手に入れる方法をご紹介していきます。具体的にどの様な行動を起こせば、あなたはコネクションを広げられ、かつリファラルを獲得出来るのでしょうか。

 

 

1. 企業の口コミサイトを利用

ネット上では簡単に転職に役に立つ企業の口コミサイトを見つける事が出来ます。詳細は下記の記事をご覧頂ければと思いますが、企業の口コミサイトを使ってまずは企業のカルチャー、企業情報、そして面接フローや年収等の情報を手に入れてみましょう。

▼企業の口コミサイトに関する記事はこちら▼

 

2. 企業のファイナンス情報を取得

上場企業の場合は簡単に決算書をホームページからダウンロードする事ができ、その企業が今どの様な売り上げを上げており、どの様な課題を持っているのかを知る事が出来ます。

 

上場していない企業の場合でも、ある程度の規模があればニュースサイト等で情報を手に入れる事が出来ますので、基本的なファイナンス情報は事前に入手しておく事をお勧めします。

 

3. LinkedIn(リンクトイン)の活用

このブログでの何度も記事にしていますが、30代転職活動ではLinkedInは必須の転職ツールとしてお勧めしています。もしまだ登録をしていない人は、是非すぐに登録をしあなたのプロフィールを公に後悔してみましょう。LinkedInへの登録は、企業の採用担当者(リクルーター)や面接官があなたの事を見つけてくれる可能性があり、あなたの転職の可能性をさらに広げてくれるでしょう。

▼LinkedInに関する記事はこちら▼

 

4. ネット検索を最大限に活用

もし気になる特定の企業が見つかったのであれば、その企業名+採用担当やリクルーター、人事等のキーワードで検索をしてみましょう。その企業で働く人事の人の名前や連絡先を簡単に見つける事ができ、直接連絡が出来る連絡先をゲット見つけられます。その結果あなたをリファラルしてくれる可能性が広がり、大きなチャンスを手に出来るでしょう。

 

5. 直接あなたから連絡してみる

ネットやLinkedInであなたが気になる企業の人事や面接官が見つかった場合、すぐにメールを送りあなたの存在を知ってもらいましょう。そしてもし可能であれば電話で話す機会をもらい簡単にあなたの自己紹介をしたり、時にはカフェでカジュアルな面談を依頼するのも良いでしょう。ここはまだスタート地点ですが、徐々にあなたの存在を知ってもらう段階まで来ています。

▼カフェ面接に関する記事はこちら▼

 

6. 正直に助けを求めてみる

ここまで来ると後は転職面接までもう少しです。正直にあなたがその企業に興味がある旨を説明し、何か求人があれば是非紹介して欲しいとアピールしてみましょう。日本人の場合、ここまで積極的なアプローチは苦手かもしれませんが、海外では一般的なアプローチ方法です。

 

日本で転職エージェントがここまで多く、かつ多くの日本人が転職エージェントを活用する理由はここにあります。自分では言いにくい事を第三者を通じて伝えたいと考えるのが日本人です。しかしリファラルを手にするためには、積極性がなければ成立しません。思い切った行動を是非とってみましょう。

 

ここまでのリファラルを手にするための流れをまとめると、

 

Step 1 - どの企業で働きたいのか明確にする
Step 2 - その企業で働く人を数名見つける
Step 3 - その人の興味を引く
Step 4 - その人にあなたが価値ある人材だと気付いてもらう
Step 5 - 助けを求める

 

非常に積極的な方法かもしれませんが、あなたが知らない所で多くの転職希望者がこの行動をとっているのも事実です。特に外国人の場合は当たり前の様に積極性を発揮し、企業へアプローチをしています。

 

日本人はまだまだこの様なアプローチが得意ではありませんが、本当にあなたがリファラル転職を実現したいのであればまずは行動を起こす事が重要です。

 

人材不足が叫ばれる現代において、転職マーケットは日々競争が激化しています。グローバル化が進み、日本人だけがあなたの競争相手ではなくなっています。若いミレニアル世代はめきめきと頭角を現しています。30代ビジネスマンビジネスウーマンもまだまだ負けてられません。

 

リファラルはそんな激化する転職マーケットから一歩抜け出せる簡単な方法であり、非常に効果的な方法です。そして現代ではネットという最高のツールがあなたの目の前にあるため、簡単に人と知り合える世の中です。

 

そんな目の前にあるツールを活かさない手はないでしょう。是非転職という競争から抜け出すためのリファラルを手にし、あなたが希望する企業への転職を実現してみましょう。

 

転職キャリアアップ - 転職面接 執筆者 | Arie - アリー | 転職面接担当