転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

転職をすべきなのか?キャリアチェンジをすべきなのか?と迷った時に役立つアドバイス

転職キャリアアップ - 転職をすべきなのか?キャリアチェンジをすべきなのか?と迷った時に役立つアドバイス30代ビジネスマンビジネスウーマンであれば、新卒からキャリアを順調に積み上げ、すでに10年前後の職歴を持つ様になっている事でしょう。新卒からずっと同じ会社で勤務している人もいれば、30代ともなればすでに数回の転職を経験している人もいるはずです。そんなあなたのキャリアの中で、何か新しい仕事へ挑戦してみたいと感じた事はありませんか。今のあなたは、新たな仕事へ挑戦するキャリアチェンジに興味がありますか?それとも今と同じ職種のまま新しい職場への転職に興味がありますか?


転職希望者の中には、『今の仕事はやりきったから新たな仕事へ挑戦してみたい』という人がいます。しかしそれはただ今の仕事がマンネリ化していて新たな挑戦をしてみたいだけ、というケースが多いのです。実は今の仕事をやりきったという人は少なく、輝く次のキャリアアップに憧れているだけなのかもしれません。そんな自分に一度、こんな質問をしてはいかがでしょうか。


"もし今と同じ仕事を違った環境で出来るのであれば、楽しみに感じるでしょうか。"

 

時にたった一つの事が原因で仕事そのものが嫌になる事があり、残念ながら多くの人がそんな環境に身を置いて仕事をしています。仕事が出来ない上司、あまりに長い通勤時間、嫌味を言う同僚等、一つでも職場での嫌な要因を持つ事で、仕事そのものを楽しめ無くなってしまいます。

 
アドバイス:人や環境が原因で環境を変えたいと感じる人は、仕事そのものが原因ではないばずです。そのため、キャリアチェンジではなく今と同じ職種での転職を検討してみると良いでしょう。


もし明日、これ以上あなたは今の仕事を続けられないと言われたら、どう感じますか?この質問はあなたの奥にある、仕事に対しての情熱を探る質問です。今の仕事に強いコネクションを感じ、まさにこれがあなたがしたい仕事と感じるでしょうか。もしくは次の新たな世界への興味の方が強いでしょうか。抽象的な表現ですが、今の仕事で情熱を持って仕事をした瞬間があるでしょうか。もし一度も感じた事が無いのであれば、職種自体を見直した方が良いかもしれません。]


アドバイス:もし一度でも情熱を感じた事がある人でも、仕事への恐怖や退屈さ、そして不快な思いをする事が多いのであれば、それは一度誰かに相談してみましょう。転職エージェントでも友人でも、あなたのメンターになる得る人でも構いません。30代はまだまだキャリアチェンジをして新たな仕事を始められる年齢です。

▼メンターを見つける方法に関する記事はコチラ▼


一度あなたの好きな様な職務内容が書かれた求人表を作成してみてはいかがでしょうか。そこにはどんな事が書かれていますか。あなたが今持っているスキルを中心に書かれているでしょうか。ある転職エージェントでコンサルタントをしている人は、『転職希望者との面談の際には、その人が本当は何に興味があり、どんな業界、どんな職種を希望しているのかという本質を知る所から始め、その結果今と同じ職種での転職を勧めるのか、全く違うキャリアチェンジを勧めるのかを決めます』との事。


アドバイス:あなたが将来目指すゴールをまずは明確にし、そのゴールを達成するための道筋を今あなたが通っているのか判断してみましょう。その結果、今の仕事での転職をすべきなのか、キャリアチェンジをして違う職種や業界へ挑戦する事があなたのゴールを達成し、仕事を楽しめる環境へ身を置く事が出来るでしょう。


あなたが仕事でハッピーに感じない理由は何ですか?紙に書き出す作業はあなたの頭の中を整理するのに非常に有効です。そこで、あなたが仕事に対して好きな事を好きではない事を書き出してみましょう。そして好きではない事は、環境が原因でしょうか、もしくはあなたの情熱に関する事が原因でしょうか。


アドバイス:今あなたが働く業界や職種には強い興味があるけれども、今の会社で継続する事に興味が持てないのであれば転職を検討してみましょう。

 
転職キャリアチェンジを考えた時、今のあなたの環境は他の場所でも見つける事が出来るかどうか考えてみましょう。多くの人が今の環境が他ではなかなか見つけられないと感じますが、あなたが知っている企業は恐らく全体の1%にも満たないでしょう。今と全く同じ環境でも、さらに良い待遇や福利厚生、あなたに合う人達が働く環境があるかもしれません。あなたが知っている理想とする企業ではなく、あなたが知らない理想とする企業へ目を向けてみるのもキャリアアップに繋がる考え方の一つです。


定年を迎えるまで一生同じ仕事で専門性を磨き、プロフェッショナルとして仕事を全うする人もいれば、定期的に職種を変え柔軟な視点を持つ様な働き方をする人もいます。どちらが正解ではなく、あなたのキャリアアップに繋がるのか、あなたの将来のゴールを達成する事が可能なのか、という視点で転職なのかキャリアチェンジをすべき時なのかを判断しましょう。30代はまだまだ方向性の修正が可能な年齢です。新しい事に挑戦出来る環境にもいるはずです。あなた自身があなたの本質を知り、転職キャリアアップに繋げてみませんか。

 

転職キャリアアップ - キャリアアップ  執筆者 | Adam - アダム | キャリアアップ担当