転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

マネージャーとしてネガティブなフィードバックを建設的に行う10個のアドバイス

転職キャリアアップ - マネージャーとしてネガティブなフィードバックを建設的に行う10個のアドバイスマネージャーにとってチームへフィードバックを提供する事は、チームが強くなる上で必ず必要な事です。チームが成し遂げた成果や仕事に対する姿勢へのポジティブなフィードバックはチームの成果をさらに向上させる効果があります。

 

同じくマネージャーから建設的なフィードバックを受けたチームは、良い成果がさらに向上し、改善が必要な場合は前向きにフィードバックを受け入れられるメリットもあります。

 

効果的なフィードバック(ポジティブなフィードバックもネガティブなフィードバックも)とは、特定の行動や出来事に対して行われる必要があり、かつ可能な限り起きたその場でフィードバックを与える事が重要です。

 

しかしマネージャーの中には、フィードバックが苦手な人も多く、特にネガティブなフィードバックは見て見ぬ振りをしてしまう事があります。あるマネージャーを対象にした調査では、ネガティブなフィードバックを行うとチームが不快に感じたり、チームに嫌な空気を生み出してしまうと考えているマネージャーが多いとの事。

 

しかしマネージャーによるフィードバックマネージャーの仕事の一つです。ここではネガティブなフィードバックをチャンスと捉え、チームをより建設的な関係に変えるための方法をご紹介していきます。

 

 

1. 感情のコントロール

チームの行動や成果に対してもしマネージャーであるあなたが怒りを感じても、感情を表現してはいけません。一度深呼吸をし、建設的なフィードバックに備えます。フィードバックはその場で行う事が重要です。落ち着いた状態で冷静になれた時に初めて建設的なフィードバックが出来るでしょう。

 

2. ネガティブなフィードバックは絶対に人前でしない

これはまだまだ理解出来ていないマネージャーが多いのが現状です。現代ではハラスメントになります。ネガティブなフィードバックこそ、個室や人がいない場所で行いましょう。チームに嫌な空気が流れる一番の原因でもあります。親の喧嘩を目の前にした子供が感じる感情を今一度思い出してみましょう。

 

3. フィードバックは人に対してではなく行動や成果に対して行う

チームのある特定の行動や成果に対してフィードバックされるべきであり、『あなたはこういう性格だから』と言われたら、建設的な関係性は生まれないでしょう。

 

4. フィードバックは具体的に

マネージャーによっては言葉の表現が得意ではなく、遠回しにネガティブなフィードバックをしてしまう人がいます。しかし抽象的なフィードバックはチームを改善させる事には繋がらず、あなたのフィードバックを理解出来る人はいないでしょう。

 

5. その瞬間が勝負

もしあなたが上司から、あなたの過去の行動や成果で良くなかった事を羅列したリストを見せられたらどう感じますか。フィードバックは必ずその瞬間にしなければ、フィードバックを受けた人は『なぜその時この人は言わなかったのだろう』フィードバックを聞く姿勢にすらなりません。

 

6. 冷静を保つ

フィードバックを行うとチームが反発してくる可能性もあります。そこでマネージャーが同じ様に感情的になれば、それはもはやただの喧嘩です。人をピープルマネージをする立場にあるマネージャーが感情的になる事はご法度です。

 

7. チームへの信頼感を表現

ネガティブなフィードバックは行動や成果に対して行うものなので、その人に対しての信頼感は大袈裟な程表現をしても良いでしょう。『あなたの事は非常に信頼している。ただこの部分は改善しよう。』と言う親の様な愛情を示す事で聞く方も素直な気持ちでネガティブなフィードバックを受け入れられるでしょう。

 

8. 第三者に頼る

あなたの表現や言い方でフィードバックの場が効果的ではないと感じた場合、第三者に介入してもらう事も一つの方法です。チームのメンバーや人事など第三者に適した人物を選ぶ事も重要です。しかし第三者に頼る事は、あなたのマネージャーとしてのスキルが足りないと周りに示す事にもなるため注意が必要です。

 

9. 今後の行動をその場で決める

今後何か新たな行動をしなければいけない場合、フィードバックの場で具体的なアクションプランを一緒に考えましょう。後で考えて報告して、という手法はお勧めしません。その場でお互い同意の元決める事で、ネガティブなフィードバックの場がそこで終わるからです。

 

10. フォローアップ

マネージャーの多くがフォローアップをしない事でチームが全く改善しない事はよくある事。二人で決めたアクションプランが話し合い通り実現出来ているのかを時間をとって確認しましょう。このフォローアップがなければ、あなたのネガティブフィードバックの場が意味のないものになってしまいます。

 

誰でも失敗はするもので、マネージャーからのフィードバックで成長します。その成長の機会を良くするのも悪くするのもマネージャー次第です。建設的なフィードバックは、あなたとチームの関係性を良くする効果もあるため、あなたがマネージャーとして成長するためにも重要なステップです。

 

マネージャーがチームにフィードバックを行わない事は、チームの成長を止めチームの成果すらも止めてしまいます。マネージャーとしてキャリアアップするためにも是非建設的なフィードバックの場を日々設ける様にしましょう。

 

転職キャリアアップ - マネジメント  執筆者 | Jonas - ジョナス | マネジメント担当