転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

LinkedInで実現出来る、転職やキャリアアップに役立つ意味のあるビジネスの繫がりを構築する方法

転職キャリアアップ - LinkedInで実現出来る、転職やキャリアアップに役立つ意味のあるビジネスの繫がりを構築する方法現在FacebookInstagramを始め、数多くのSNSが登場しどのSNSを活用するかを選択出来る時代となりました。その中でもビジネス向けのSNSとして世界中で最も人気が高いのがLinkedInで、約6億人の人がプロフィールを公開し、転職に活用しています。このLinkedInは仕事上のネットワーキングを強化出来る魅力があり、プロフェッショナルな人達と出会える最も魅力的な場所となりました。SNSと聞くとより多くの繫がりやより多くの知り合いがいる事が良しとされている傾向にありますが、LinkedInでは多くの人と繋がる事が必ずしもメリットとは言えず、あなたにとって必要かつ意味のある人と繋がる事が重要です。

▼LinkedInの活用方法に関する記事はコチラ▼

 

意味のあるLinkedInの繋がりとは?

ここで定義する意味のあるLinkedInでの繫がりとは、繋がっている者同士が共に価値を生み出せる事です。LinekedInでの繫がりが長期的な関係性へと繫がり、今後あなたの転職先の上司になる可能性もあれば、クライアントになり得る可能性も秘めています。もし、あなたが繋がっている人から何かを得ようとするだけの関係性であなたから何も得られなければ、相手はあなたと繋がる意味はあるでしょか?LinkedInは基本的にビジネス上の関係構築ツールです。LinkedInで構築した繫がりで、あなたの専門性をより高めたり、あなたが誰かの専門性を高める事もあるでしょう。実際にはなかなか繋がる事が無い人とも繋がる事ができ、かつ日本という市場だけではないビジネスでの繫がりも実現可能です。

 

あなたに合った人を見つける

もしあなたがLinkedInに多くの時間を費やし、多くの足跡を残しているだけであれば、毎日の様に来る誰かも分からない人からの繫がり申請のメールを受ける事でしょう。基本的にこの様な人はまるでショットガンを打つ様に、ただ多くの人と繋がればいつか何かチャンスがあると期待をしている人であり、私が知る限りこの様な人とビジネス上で何かメリットをもたらした経験はありません。そのため数ではなく質にこだわった繫がりにフォーカスする様にしましょう。最初に出来る事としては、まずはあなたが知っている人から繋がっていく事です。LinkedInにはいくつかの機能があり、すでにあなたが知っている人を簡単に調べる事が出来ます。あなたが持つeメールから検索する方法や、"知り合いかもしれません"とあなたの知り合いである可能性が高い人を自動的に表示してくれる機能です。もしくはあなたの知っている人の名前をひたすら検索してみるのもお勧めです。Facebookとは異なり、まだまだLinkedInの会員数はこの日本では多いとは言えません。そのためダイレクトに名前で検索をすると簡単に見つけられる可能性が高い特徴があります。

 

Facebookの様にLinkedInにもグループ機能があるため、気になるトピックや団体、グループに積極的に参加してみましょう。実際に交流会やネットワーキングイベントを開催しているグループもありますので、LinkedInだけの繫がりではなく、本当に知り合う機会も手に出来るでしょう。検索窓で気になるキーワードを検索するとグループが表示されたり、あなたにお勧めのグループが自動的に表示される事もあります。まずは何か1つのグループに加入してみる所から始めてみると良いでしょう。LinkedInから繋がった人とネットワーキングイベントで実際に会う事でさらに人脈を広げる事も可能です。そんなネットワーキングイベントに参加する際のお勧めのコミュニケーション方法はコチラ。

 

繫がり申請を送ってみる

LinkedInから繫がり申請を送る際には、すでに知っていたり、お互い名前は知っている様な関係性である事がベストです。同じ会社で働く同僚や、前の会社の同僚、仕事のイベントで出会った人、名刺交換をした事がある人や、友人の友人等、繫がり申請を送る際に一言メッセージをしれておけば相手もあなたの事を思い出し、繫がり申請に承諾してくれるでしょう。全く知らない人の場合、繫がり申請に承諾をしてくれないケースも少なくありません。LinkedInは実名登録で、かつ今働いている企業や過去の企業、卒業大学まで公表しているため非常にパーソナルなSNSでもあるためです。

 

LinkedIn上で関係性を強化

ただ急に繫がり申請を送るだけではなく、あなたと繋がる事でどんな価値があるのかを相手に知ってもらう事で繫がり申請を承諾してくれる可能性が高まります。誰でもメリットがあると感じると承諾をしてしまうものです。そして何もあなたの価値は大きなものでなくて構いません。あまりに価値が大きすぎると、相手がプレッシャーに感じてしまいあまり良い気持ちにならないからです。例えば、大企業の社長であなたも良く名前を耳にする様な有名人から急に繫がり申請が来たら、なぜ?と思うのと似ているかもしれません。すでに知っている人であり、例えば職場が近い人であれば、LinkedInでランチやお酒のお誘いメッセージを送ってみるのもお勧めです。カフェでコーヒーを飲みながら話すのも良いかもしれません。人と関係性を構築するには、最初が肝心とも言われています。カジュアルでありながら、マナーある誘いで実際の繫がりへと進展させてみましょう。

 

LinkedInへ来た繫がり申請への返答の仕方

あなたが積極的に繫がり申請を送っている間、あなたも知り合いから繫がり申請の連絡を受ける事でしょう。あなたが不快に感じない人や、スパムメール、営業の繫がりと感じなければ、まずは繫がりに承諾してみると良いでしょう。実際に繋がってみて、急に営業の連絡が来たり、セールスが始まる様であれば繫がりを解消すれば良いだけです。時にはブロックしてしまっても良いでしょう。もしくは相手のプロフィールを閲覧して、興味を持てる様な経歴の人であれば積極的に承諾してみましょう。新たな出会いに繋がるかもしれません。例えば、前からあなたが好きな企業で働く人からの繫がり申請であれば、あなたがどれ程その企業の事を好きで、繫がり申請を受けた感謝の気持ちとともに返答してみましょう。そこから何か新しい会話が始まるかもしれませんし、もしかすると何か仕事を紹介してくれる様な仲に発展するかもしれません。

 

LinkedIn上での意味のある繫がりは、ただランダムに人と繋がる事よりも多くのメリットを含んでいます。SNSの繫がりで本当にメリットがあるのかと疑う人も多いですが、GoogleAmazonMicrosoftからAppleまで非常に多くの企業がLinkedInを採用に活用しており、海外ではLinkedInを使った転職は当たり前事となっています。日本ではまだ浸透しているとは言えないかもしれませんが、外資系企業を中心に日々多くの人が繫がり、転職キャリアアップを実現させています。日本ではまだまだ成長の余地があると考えられているため、今のうちにLinkedInデビューを果たし、意味のある繫がりを構築してみてはいかがでしょうか。

 

転職キャリアアップ - ライフスタイル  執筆者 | Chen - チェン | ライフスタイル担当