転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

【30代の転職注目スキル】マネージャーへのキャリアアップを目指す人必見のマネジメントスキルアップ法

転職キャリアアップ - 【30代の転職注目スキル】マネージャーへのキャリアアップを目指す人必見のマネジメントスキルアップ法30代ビジネスマンビジネスウーマンであればもうすでにマネージャー職等の管理職を経験している人もいれば、今後近い将来マネージャー職を目指している人もいるでしょう。マネージャー職というキャリアアップを目指す中で、マネジメントスキルは必ず習得しておく必要があり、何も知らないままマネージャーになると本人がマネジメントが上手くいかないと躓く事があります。

 

マネジメントスキルとはチームのマネージャーとして部下を教育したりサポートするピープルマネジメントだけではありません。プロジェクトマネジメント等の人以外のマネジメントも含まれています。

 

企業があなたをマネージャーとして任命したり、転職先であなたをマネージャーとして採用する理由は、あなたのマネジメントスキルが正しい選択を促し、的確な行動をし、結果的に企業にとって成果をもたらす人材と感じるからです。

 

つまりマネジメントスキルを身に付ける事で、企業があなたに対して持つ期待がさらに高まり、あなたはより多くの業務と責任を任される事になるでしょう。そしてマネージャーからさらにシニアマネージャー(部長)やディレクター(本部長)等のキャリアアップを目指している人にも必ずマネジメントスキルは役に立つ事でしょう。

 

 

マネジメントスキルとは?

スキルには大きく分けて二つのスキルがあり、それはハードスキル(テクニカルスキル)ソフトスキル(インターパーソナルスキル)の二つです。優秀なマネージャーを目指すのであればこの二つのスキルを身に付ける必要があります。

 

ハードスキル(テクニカルスキル)

テクニカルスキルとも呼ばれる事があるハードスキルとは、主に学校やセミナー等で学ぶ事が出来るスキルの事で、トレーニングを受ける事で習得でき、仕事で実践をしながら学ぶ事が出来るスキルの事です。

 

例えば、ソフトウェアエンジニアの場合IT言語というハードスキルを持ち、外資系企業で勤務している人の場合は英語スキルというハードスキルが求められるでしょう。

 

チームを率いるマネージャーはあなたが担当しているポジションで求められる十分なハードスキル(テクニカルスキル)を身に付け、高いレベルのスキルが必要です。あなたのチームにテクニカルな部分でのサポートが出来る必要があり、教える事が出来るレベルが求められるでしょう。

▼ハードスキルに関する記事はこちら▼

 

ソフトスキル(インターパーソナルスキル)

一方で、近年より注目されているのがインターパーソナルスキルと呼ばれるソフトスキルです。ソフトスキルは業界や職種に関係無く身に付ける事が出来るスキルの事で、時にマネージャーとして働くにはテクニカルスキルよりも重視される事があります。

 

基本的にソフトスキルは、あなたの仕事での経験や何か責任ある仕事を任された時に身に付ける事ができ、チームや他の部署、そしてクライアント等他者と関わる事で身に付きます。ソフトスキルの例としては、問題解決力、タイムマネジメントスキル、コミュニケーションスキル等があげられます。(学校等で学びにくい事がお分かりいただけると思います。)

▼インターパーソナルスキルに関する記事はこちら▼

 

ハードスキルは何か専門性の高いプロジェクトを達成する際に必要不可欠となり、ソフトスキルは人をリードしたり何か早急な決断をしなければいけない時に必要となるスキルとも言えます。

 

主に重要視されるマネジメントスキル

あなたがどの業界で働いていても、どんなポジションを担当していようとも、下記4つのマネジメントスキルマネージャーになる上で必ずと言って良い程求められるスキルでしょう。

 

1. リーダーシップスキル - Leadership skills

マネージャーとしてチームが同じゴールを達成するために、個々を導き、時にモチベーションを上げてあげる必要があります。マネージャーとしてミーティングを開催し内容をまとめ、チームそれぞれにタスクを振り分け、部署を超えて協業する事も求められます。

 

リーダーシップスキルはそんな一人では達成出来ない様な業務で約に立ち、かつチームをリードする分一人では得られない成果を生み出せる可能性を秘めています。

 

マネージャーとしてリーダーシップを発揮するためには、チームメンバーの評価も担当し、個々のキャリア形成もサポート出来なければいけません。

 

リーダーシップスキルには下記のスキルが含まれます。

決断力、信頼性、問題解決スキル、建設的なフィードバック、タスクの振り分け、共感性、エンパワーメント(権限付与)、チームの統合、忍耐性、関係性構築、チームビルディング...etc

▼リーダーシップを身に付ける方法はこちら▼

 

2. 計画&戦略立案スキル - Planning and Strategy skills

優秀なマネージャーとして基本的なスキルの一つが、人のマネジメントとプロジェクトのマネジメントの中で、具体的な計画を立案し、目標達成へ向けた戦略立案の二つのスキルが求められます。

 

計画立案では目標設定を助け、目標達成へ向けた効果的な行動を決める事が出来ます。戦略立案ではチームメンバー個々のスキルを理解し、適格なタスクの振り分けができ、プロジェクトの途中で軌道修正まで出来なければいけません。

 

計画&戦略立案スキルには下記のスキルが含まれます。
適応力、ブレインストーミング、ビジネス戦略、クリティカルシンキング、決断力、柔軟性、問題解決、戦略的思考力...etc

 

3. コミュニケーションスキル - Communication skills

効果的に人やプロジェクトをリードしていくには、目的の本質を理解し、その情報をより簡単でシンプルにチームに伝えなければいけません。高いコミュニケーションスキルを持つ人は、情報をより適した言葉に変換する事ができ、その情報を的確なタイミングで正しい人達へ伝える事が出来ます。

 

そしてコミュニケーションスキルが高い人は、傾聴スキルも高く他者の意見に深く耳を傾け、本質を簡単に理解する事が出来ます。

 

コミュニケーションスキルには下記のスキルが含まれます。
傾聴スキル、協業スキル、インターパーソナルコミュニケーション、交渉力、説得スキル、プレゼンテーションスキル

 

4. 組織力 - Organizational skills

マネジメントスキルの中で最も複雑なのが組織力です。マネージャーとしてあなたはいくつものプロジェクトを平行して回さなければいけません。それは、各プロジェクトの締め切りを管理し、各進捗状況を把握し時には軌道修正が求められ、必要に応じてミーティングの招集をしたり、プレゼンテーションの準備も必要でしょう。

 

組織力に長けている人は、常にそれぞれのプロジェクトで高い成果を出し、その状況下でもストレスを感じにく、チームを含めてミスを犯してしまう状況を事前に防ぐ事が出来ます。

 

可能な限り各プロジェクトを効率的にマネジメントし、チームにとってあなたは理想のマネージャーとしてうつり、時に最適なマネージャー像になる事も出来るでしょう。

 

そんな組織力には下記のスキルが含まれます。
タスクマネジメント、イベントコーディネーション、目標設定、プロジェクトマネジメント、スケジューリング、タイムマネジメント

 

マネージャーとして成功するための3つのアドバイス

マネージャーのポジションにつけば、多くの責任を任されるため企業にとっても重要な人材となり、その経験はあなたの今後のキャリアアップに大きく貢献してくれます。新たにマネージャーになった人も、すでにマネージャーを経験している人も、マネジメントスキルを日々向上する事でさらに優秀で成功したマネージャーになる事が出来るでしょう。

 

ここではマネージャーとして成功出来る3つのアドバイスをご紹介します。

 

1. マネージャーとしての経験値を増やす

マネージャーとして人やプロジェクトを管理する中で必ず失敗も経験します。そのため失敗を何度も経験する事であなたのマネジメントスキルは向上し、新たなマネジメントスキルを身に付ける事が出来ます。そのため、出来るだけ多くのマネジメントの機会を手にしてみましょう。

 

ボランティアでマネジメントするのも構いません。あなたに欠けているスキルを経験出来る機会があれば、あなたの仕事でなくでも率先してプロジェクトへの参加の意志を表現しましょう。

 

マネジメントスキルは経験値が多い程学べる事が多くなります。色々なケースを経験し知識を増やす事であなたは日に日に優秀なマネージャーとして成長しているはずです。マネジメントの経験自体が少ない人が日々マネジメントスキルを身に付けていると思いますか。

 

経験が全てです。あなたから困難な状況へも自ら飛び込んでみましょう。知らなかった世界をあなただけが見る事が出来るでしょう。

 

2. 目標となる人を見つける

マネジメントスキルを身に付けるためには、あなたが目標とする人物を見つけその人を観察し、その人のマネをする事で同じスキルを身に付けられます。社内の人でも社外の人でも構いません。目標とする人がどんな話し方をし、どんな考えを生み出し、どのタイミングで軌道修正をしているのかを観察してみましょう。

 

目標とする人とはある程度距離が近い事が理想であり、あなたが困った時には相談したり質問が出来る関係性が良いでしょう。あなたにとって良いメンターとなり、あなたよりも多くの経験値を持つ人から新しい考え方を学ぶと良いでしょう。

▼メンターに関する記事はこちら▼

 

3. 常にフィードバックを受ける

マネージャーになると周りからフィードバックをもらう機会は減ってしまいます。特にネガティブなフィードバックを受ける機会は大きく減るでしょう。そのためあなたからポジティブ、ネガティブ両面のフィードバックを求めてみましょう。

 

身近なあなたの上司へ、あなたの日々の行動がマネージャーとして適切なのか、今のチームはどうなのか、前回担当したプロジェクトの進行はどうだったのか等特定のプロジェクトやケースに当てはめてフィードバックを求めると良いでしょう。

 

次のプロジェクトをより高い成果を生み出すためにも、そしてあなたのマネジメントスキルを少しでも向上させるためにはフィードバックはお金にかえがたい財産となります。

 

マネジメントスキルは一日で身に付くものではありません。一日マネジメントスキルに関するセミナーへ参加しても次の日に優秀なマネージャーにはなれません。日々の業務の中で失敗を何度も繰り返し、トライ&エラーを経験する事で徐々に身に付ける事が出来ます。

 

そのため少しでも多くの経験をし、時には周りにマネジメントスキルを学び、あなた自身でもあなた自身の行動を分析し、結果が満足のいくものだったのかを検証していきましょう。今後キャリアアップを目指す人にとってはマネジメントスキルは大きな武器となります。あなたが目指すキャリアを達成するためにもまずは色々なマネジメントの経験を積んでみましょう。

 

転職キャリアアップ - スキルアップ  執筆者 | Catherine - キャサリン | スキルアップ担当