転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

リーダーシップスキルを身に付ける方法:ただの従業員からマネージャーへステップアップする方法

転職キャリアアップ - リーダーシップスキルを身に付ける方法:ただの従業員からマネージャーへステップアップする方法全ての業界で共通しているキャリアアップの鉄則として、まず最初の目標となるのがマネージャー職へ就く事であり、最初の大きなキャリアアップとなります。初めてマネージャーとなり部下を持つ日は、初めて仕事へ行く日と同じ様な感覚であり、今後のさらなるキャリアアップの始まりとなるでしょう。マネージャーになる前に覚えておくべき事として、マネージャーとは今までのイチ従業員とは求められる責任も異なれば、必要となるスキルも異なります。これを理解していなければ、今後マネージャーとして働く中で必ず壁にぶち当たり、仕事自体が嫌に感じてしまうこともあるかもしれません。

 

マネージャーとは、何かを管理し成果を生み出す仕事とも言えるため、イチ従業員としての責任とは大きく異なる事が理解出来るでしょう。もしあなたが今マネージャーへの道を上ろうとしているのであれば、下記の事柄はあなたが頭に入れておくべき事であり、マネージャーに任命され初めて部下を持つ様になった時に大いに役に立つ事でしょう。

 

あなたはリーダーです。準備は出来ていますか?

野心的で才能ある従業員として、会社に貢献する方法を即座に学んだ結果あなたは企業に評価されたのかもしれません。しかしマネージャーとして働く場合、まず最初に部下のマネジメントが求められるでしょう。部下やチームを日々細かく観察する必要があり、彼等のあなたに対しての質問にも注意を払う必要があります。時に部下となる従業員はあなたに助けを求めるかもしれません。その時にあなたは解決へと導く事が求められ、代替案の準備も求められます。チームとしての大きな目標イメージを持ち、チームが良い方向へ向かう様リードしていかなければなりません。最初は難しく感じるかもしれませんが、あなたがマネージャーとして求められている事を素早く理解すれば、その分結果も早くついてくるでしょう。

▼マネージャーになる素質に関する記事はコチラ▼

 

マネージャーは、時に『嫌な人』にならなければいけない場面に遭遇します。リーダーたる者、時に建設的で論理的な話しをしなければいけない事があり、それは結果的に正しい決断へと導く事が出来るからです。もしかするとあなたの決断は周りからの賛同が得られず、周りの人達のフラストレーションを高める可能性もあります。あなたはマネージャーとして笑顔で居続ける事がチームにとってプラスになると教えられた事があるかもしれませんが、それはもはや昔の話しであり、マネージャーは時に厳しい態度で接する事が求められます。周りから『嫌な人』と見られても、企業にとってプラスの結果をもたらすとあなたが判断したのであれば、『嫌な人』になり結果を出して周りを納得させましょう。

 

仕事ではトラブルは付き物です。予想していたトラブルから全く予想もしていなかったトラブルまで、日々の業務の中でそのトラブルは突如現れてきます。今まではすぐに誰かに助けを求められる環境だったかもしれません。しかしマネージャーになった以上、誰かに助けを求めたり、サポートをお願いするのではなく、あなた自身での問題解決が求められます。もう一度言います。トラブルは突如として起きるものです。そのためトラブルを恐れる必要はありません。マネージャーとして堂々としていましょう。解決策は必ず見つかるはずです。


マネージャーになると、特に周りから依頼されていなくても、あなたから何かアクションをしたり、チームに手を差し伸べたり、時には解決策をアドバイスしてあげる必要があります。もしあなたのチームで2人のスタッフお互いをいがみ合っていた場合どうしますか?ほっておけばそのうち仲良くなるだろうという考えは過去の物であり、今のマネージャーはその問題に真っ向から立ち向かい、解決する事が求められています。小さないがみ合いが、今度とてつもなく大きな問題に発展する可能性を秘めています。

 

同じ職場で働くスタッフ同士による裁判に発展したり、ハラスメントだと社内で大きな問題になる可能性もあるでしょう。小さな問題を無視出来る時代ではないため、責任を持って立ち向かう姿勢を忘れない様にしましょう。最初は問題へ立ち向かう事に恐怖を感じるかもしれません。しかし人間は一度経験すると2回目は恐怖を感じる事なく、過去の経験から進んで立ち向かう事が出来る様になります。そのため、まずは問題へ足を踏み入れる最初の一歩を踏み出してみましょう。

▼チームのモチベーションに関する記事はコチラ▼

さあ、ハンドルを握っているのはあなたです。

リーダーになるための道は非常に険しいかもしれません。しかしその険しい道中で、あなたがしっかりと目を開け、正しい方向へ進める様に舵をとる必要があります。マネージャーとはあなたの舵によって、周りのチームメンバーやあなたの部下も同じ方向へと進んでしまいます。あなたの行動、言動が周りへ大きな影響を及ぼし、その結果得られるものもイチ従業員の時の数倍となるでしょう。あなたのキャリアアップの中でマネージャーを初めて経験する事は非常に大きな糧になり、今度のキャリアアップの中で大きな自信にも繋がる事でしょう。

 

転職キャリアアップ - マネジメント  執筆者 | Jonas - ジョナス | マネジメント担当