転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

『転職は30代までにしておけ』という根も葉もない神話

転職キャリアアップ - 『転職は30代までにしておけ』という根も葉もない神話30代のビジネスマンビジネスウーマンは、仕事の経験が早いもので約10年から20年近くになった事でしょう。最初は右も左も分からなかった新入社員だった頃から、今は部下を持つマネージャーになっている人もいます。この期間で様々な専門的な知識を身に付け、価値のあるスキルを手にして、誰もが羨ましがるキャリアアップを実現しているかもしれません。それなのに、なぜ転職30代のうちに経験しておき、40代以降は転職が難しいという神話を気にする必要があるでしょうか。この神話は様々な場所で耳にする事があり、実際に40代に突入すると転職活動をあきらめてしまう人もいる程です。

 

40代の転職希望者に対して企業が年収の面であまりにシニア過ぎるから採用しない、経験がありすぎて使いにくそう、40代の新入社員より若い人材が欲しい、そう考えていると思いますか。40代となっても後数年で定年退職を迎える訳ではないはずです。仕事のキャリアアップを諦めるには40という年齢はあまりに若過ぎます。そんな囁きに打ち勝ち、年齢を重ねたことによるメリットを武器に、根も葉もない神話を打ち砕き、さらなるキャリアアップを目指してはいかがでしょうか。今の時代40代はまだまだマーケットでも評価が高く、即戦力としての中途入社が期待出来るはずです。

神話その1 - もう年寄りだからどこも雇ってはくれないだろう

40歳という年齢を超えると、もちろん求められる内容やクオリティは異なります。過去の経験に目を向け、あなたに欠けているものではなく、あなたが持つ強みにフォーカスしてみましょう。何の資格を持ち、新しい企業に対して貢献出来る価値は何か、どんなスキルや経験を履歴書職務経歴書に書けるのか。無理だろうな、と考えるのは簡単です。しかし強みにフォーカスしてあなた自身を見つめると、約20年という経験は新卒の若さには負けない武器となるでしょう。企業が中途採用の求人を出す場合、すぐにでも戦力となる人が必要な場合です。あなたの20年にも及ぶ経験の中には、誰にも負けない強みが必ずあるはずです。

 

神話その2 - 知り合いに仕事を紹介してもらうしかないな

転職先を探す3つの方法として、自ら求人広告を調べて応募する、転職エージェントを介して紹介してもらう、そして知り合いを通じた転職です。30代の頃にはその様な活発な転職活動をしていたのに、40代になると消極的になってしまい、転職エージェントに連絡するのも恥ずかしいなと考えてしまい、知り合いのツテで特にキャリアアップに繋がらない転職をしてしまうケースです。40代になっても30代と同じ様に、積極的に求人広告を検索し、転職エージェントへ連絡しましょう。あなたが20年というキャリアに自身があれば、恥ずかしいという思いは感じないはずです。特に転職エージェントはシニアなキャリアを持つ人を専門的にサポートするエージェントから、マネジメント求人のみ扱う転職エージェントもありますので、40代だからこそ利用出来るエージェントがあります。

 

神話その3 - 若い人よりも生産性が低いから

ある調査では年齢と生産性には全く関連性が無いと発表されており、仕事をする上で生産性を年齢の責任に転化する事は間違っています。逆に経験を多く積んでいる分、より多くの解決策を見い出し、多様な視点で物事を見る力があるはずです。生産性が低いのではなく、20代のスタッフよりも高い事実を受け入れてみましょう。

 

神話その4 - 第一線で働いていたいのに

40歳を超えての転職の場合、現場を離れ第一線で働く事が難しいと考える人がいます。では40歳を超えても夜遅くまで働き、ワークホリックな人でいたいでしょうか。周りの若い世代はあなたの働き方を見ています。仕事に余裕があり、プライベートを満喫しているあなたを見て憧れを抱くでしょう。夜遅くまで働くあなたを見て20代のスタッフがどの様に感じるか、あなたが20代だった頃を思い出してみましょう。そろそろ第一線から離れ、若い世代へ譲る時ではないでしょうか。

 

神話その5 - 自分よりも若い人が上司なんて考えられない

プライドは捨てましょう。40年間あなたが生きてきた結果です。受け入れる努力が必要です。今度さらに若い人が上司となるケースは増えていくでしょう。外資系企業ではすでに当たり前の事。プライドが邪魔をするぐらいであれば、その若い上司を超える実績を残せば良いだけです。

 

神話その6 - 給料が上がらないかもしれない

あなたの20年の経験やスキルが企業にとって利益があるなら、企業はあなたに満足のいく給料を払います。その価値が無いのであれば、あなたの満足いく給料は払いません。ただそれだけのこと。企業へ愚痴を言うのは簡単ですが、この事実を理解するかしないかであなたの価値も変わるでしょう。

 

神話その7 - 今更職種を変えるのは無理だろう

新しい職種へ挑戦したり、新しい業界へ足を踏み入れるには、まだ十分過ぎる時間があります。あなたが持つスキルや経験を活かせば、仕事内容が変わってもその価値は同じはず。大事な事は、フットワークを軽くし、成長を止めず、リスクを取り続ける事。新しい職種への挑戦を叶えるためには、あなた自身をプレゼンする練習を何度もしましょう。そしてそのチャンスを40代で勝ち取り新たなスタートを切るのです。

 

40代に突入してからの転職活動はもはやミッションインポッシブルの様に感じるかもしれません。しかしあなた自身の価値をあなたがどの様に判断するかで、その後のキャリアアップに大きな影響が出るでしょう。この転職キャリアアップでは、

 

Be a professional. And be positive.
プロフェッショナルであれ。
そしてポジティブであれ。

 

をテーマにしています。30代が持つプロフェッショナルなスキルは、40代が持つプロフェッショナルなスキルには到底及ばないはず。10年もの経験値が違うからです。自身を持って転職マーケットへ足を踏み入れ、あなたのキャリアアップに繋がる転職を実現してみましょう。

  

転職キャリアアップ - キャリアアップ  執筆者 | Adam - アダム | キャリアアップ担当