転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

あなたのカバーレターは本当に面接官を惹きつける様に書かれていますか?

転職キャリアアップ - あなたのカバーレターは本当に面接官を惹きつける様に書かれていますか?転職ではあなた自身を企業にアピールする必要があり、時には企業が魅力的に感じるものを提供する必要があります。一種の自分プレゼンテーションの様なものであり、あなたという人材を欲しいと思わせなければ面接官は首を縦に振る事は無いでしょう。ポジティブなイメージはネガティブに打ち勝つ事も多く、企業がポジティブに感じるイメージの発信も重要です。物静かで内向的な候補者よりも、多少アグレッシブでハキハキと話す候補者の方が面接官を惹きつけるという事はお分かりいただけるでしょう。

▼サンキューレターの書き方に関する記事はコチラ▼

 

しかし、実際面接でその様な姿勢で臨むことは簡単ではなく、特に日本人である我々には難しく感じてしまう事もあります。でも心配はいりません。転職面接でアグレッシブな態度で臨めなくても、カバーレター転職面接を受ける企業に対してアグレッシブにアピールすることが可能です。文字であれば、あなたをどんな人にも変えることが出来ます。カバーレターとは、履歴書職務経歴書を提出する際の追加書類として、あなたの事を簡単に説明をする書類の事です。簡単に言うと、面接官に対してのお手紙の様なものでしょう。ここではより魅力的に見せるアグレッシブなカバーレターの作成方法をご紹介。

 

ポジティブでアグレッシブな文章は面接官を惹きつける簡単な方法です。マーケティング、営業職、事務職まで幅広い職種に共通しています。しかし、ポジティブでアグレッシブな表現は時に抽象的になり、精神論になりがちです。近年は精神論で書かれた文章はあまり好まれない傾向にあります。そのため下記の様な表現はカバーレターから削除するか、違う表現に変更しましょう。

 

〜に情熱がある

〜を成功させた

ハードワーカー、働くことが好き

ゴールに忠実

与えられた仕事をこなせる

頑張ります、一生懸命します

 

これらの表現は非常に曖昧で、具体性に欠ける表現です。そしてハードワーカーなどの表現は、今の時代懸念される傾向にあります。もしあなたが残業を好むのであれば構いませんが、ワークライフバランスが整った企業で働きたいのであれば記載してはいけません。そして特に多い表現として、『頑張ってきました』『一生懸命』というフレーズです。あまりに抽象的過ぎて、社会人経験がある転職者とは思えない表現です。

 

裏目に出るアグレッシブな表現

普段使うポジティブでアグレッシブな表現でも、転職活動中カバーレターでは裏目に出るケースがあるため注意が必要です。時に古い表現であったり、あなたをより魅力的に表現する言葉ではないことがあります。

 

字体の変化で魅力を強調

カバーレターはパソコンで作成することが一般的なため、必要な箇所は太字にしたり、アンダーラインを引くことで、より面接官に伝えたい内容をアピール出来ます。しかし、必要以上の字体の変化はカバーレターを分かりにくくしてしまいますので、本当に必要なのか?と自問自答して下さい。カバーレターはあなたを表現するための重要なツールである広告です。一目で見て魅力的に感じ、伝えたい言葉や内容がすぐに分かるお手紙である事が重要です。

 

誇張された表現には注意

熱意があり、いかに転職でポジションを手に入れたいか、その企業へ転職したいかというカバーレターは、あなたの情熱を面接官へアピール出来ますが、時にその過度な情熱はマイナスに働くことがあります。スマートな表現であり、かつ適度な熱意であることが重要です。誇張された表現は、嘘だと思われやすく、あなたが誇張した表現をアピールするためにカバーレターで使用していることがバレてしまう可能性があるからです。採用担当者や人事担当者は日々数多くのカバーレターに目を通しています。じっくり読む時間もなければ、嘘が入ったカバーレターにはすぐに気づくと考えましょう。

 

インターネットで検索をすると、カバーレターのサンプルは簡単に見つける事が出来ます。まずは一般的なカバーレターを使用し、あなた自身のお手紙へと変化してみましょう。過度なデザインは避け、ワードファイル1枚に収まる程度がベストです。面接官が一目見て、あなたの強み、志望動機、そして会いたいと思わせるポイントが抑えられていれば問題ありません。一度カバーレターを作成しておくと、今後再度転職する際にも少し内容を変えるだけで使用可能です。ただ、履歴書と職務経歴書を送るだけではなく、もう1枚あなたをサポートしてくれるカバーレターを作ってみませんか。

 

転職キャリアアップ - 転職面接 執筆者 | Arie - アリー | 転職面接担当