転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

シャイで内向的な転職希望者が面接で自身溢れる候補者になれる7つの方法

転職キャリアアップ - シャイで内向的な転職希望者が面接で自身溢れる候補者になれる7つの方法シャイである事や内向的である事は、時に転職面接で面接官にネガティブな印象を与える事があります。シャイで内向的な人はスポットライトに当たるのを避け、出来る限り目立たない様にする、と思われる事が多いのも事実です。しかし、転職面接の場では面接官という観客に見られた中、舞台上で一人だけスポットライトが当たっているかの様な状態です。シャイで内向的な性格の人には、あまりに辛くハードな状況であり、すぐにでも逃げ出したく感じるかもしれません。

 

でも心配はいりません。あなたはシャイで内向的なまま、転職面接で面接官に十分なアピールができ、面接の場において面接官を打ち負かす事も可能です。ここでご紹介するプロのアドバイスを実践する事で、面接官の目をくらませ、あなたにとって無理の無い範囲で面接を進みる事が出来るでしょう。

 

1. 練習が完璧を生み出す

お腹の周りに贅肉がついてきたなと感じた時、あなたはすぐにでも贅肉を取り除きたいと思いませんか?しかしそれは腹筋運動失くして取り除く事は難しいでしょう。他の体の筋肉も、強化するにはエクササイズが不可欠です。面接でのスキルもエクササイズに似ています。シャイで内向的な人は、転職面接が上手くいかないだろうと面接を受ける前から感じてしまいます。つまり面接に対して重い贅肉がのってしまっている状態と同じです。

 

そのため事前に友人や知人、家族やメンターと転職面接の練習をしましょう。何度も何度も練習をしましょう。そしてそれが一度ルーティン化すれば、転職面接の場での緊張がほぐれる様になり、転職面接本番でも練習の場と同じ様な気持ちで臨めるでしょう。練習の力は偉大です。精神的な安定をもたらし、その結果転職面接の結果を変えてしまう事も珍しい事ではありません。

 

2. リスト作成

転職面接前にはどの様な質問が来るのか分からず不安に感じますか?では、あなたの履歴書職務経歴書の中から、転職面接であなたがアピールしたい部分をリスト化してみましょう。そしてリスト化されたポイント一つ一つの具体的なストーリーと、どの様に達成したのかという例を準備しましょう。転職面接の準備でこのストーリーと具体例は非常に役に立ちます。ストーリーは練習しておくと転職面接でスムーズに話す事ができ、面接官もあなたが話すストーリーに興味を持つ事でしょう。

 

3. あなた自身の価値を知る

あなたが所属するチームの成果を面接で伝える事は非常に簡単な事かもしれません。何かを達成する時には必ずと言っていい程チームの貢献があります。しかし転職面接ではあなたのチームメンバーは隣にいません。その代わりに転職面接ではあなたのみが主役となります。チームの功績からあなたの貢献した事を考えてみましょう。あなたはどんなサポートをしましたか?あなたはチームの中ではどの様な役割ですか?チーム内でのあなたの貢献を具体的に理解する事で、あなたはあなたの価値を知る事が出来るでしょう。

 

4. 事実のみフォーカス

転職面接で過度な緊張状態になると、途中で一体何を話したいのな、何を伝えたいのかが分からなくなり、結果的にまとまらない話しを続けてしまう事があります。そうならないためにも、より具体的な伝え方を試み、話しのポイントや目的を明確にしておく必要があります。なぜあなたがこのポジションに適しているのかを明確にそしてシンプルに伝える事で、あなたには自身が溢れ、面接官も飽きる事なく耳を傾けられるでしょう。

 

5. 情報量で勝負

情報を集めるためのリサーチはあなたに自信をつけてくれる重要なアクションです。転職面接を受ける企業の事を調べれば調べる程、あなたが持つ情報の量は増えて行きます。つまり情報という知識を増やしておく事で、面接官に聞かれた質問に対してより的確な回答が出来る事を意味します。シャイで内向的な人の場合、転職面接で正確に回答が出来るか不安に感じるかもしれません。面接官もただ表面的な下調べをしている人よりも、多くの情報を調べている候補者の方がより魅力的に感じます。転職面接では実際どの様な質問が来るか分かりません。人前で話す事が得意でないシャイな人は、情報量で勝負すると良いでしょう。

 

6. 自身がつくファッションに身を包む

このアドバイスはシャイな人のパーソナリティにはあまり関係がなく、あれ?ファッションに関するアドバイス?と感じたかもしれません。しかし転職希望者の多くは、面接の場での見た目をあまりに過小評価している傾向にあります。海外の調査では、見た目が面接の評価に影響するかという質問に対し、多数の面接官がYesと回答し、それが異性であれば自身の好みが影響した事があるかという問いにも多数がYesと回答した結果も出ています。

 

つまり面接官もイチ人間であり、目から入る情報は非常に重要である事が分かります。転職面接ではプロフェッショナルな服装でのぞみ、リラックスする必要があります。あなたが自身のある服装や見た目でのぞむ事が、あなたの心の自信にも繋がります。ファッションにはそんな力があります。ヘアスタイルが決まっている、メイクがバッチリ、今日は新しい下着を履いてみよう、高いブランド物の靴で面接へ行ってみよう。ファッションが初デートであなたに自身を与えてくれた事、ありませんか?

 

7. 面接の舵を握るのはあなた

シャイで内向的な人は、自分の周りに壁を作ってしまう傾向にあり、多くの人それに気づかない事もあります。しかし企業はあなたの事を知りたいと思って面接にあなたを招待します。それはカルチャーフィットを知るためであり、あなたという候補者の真の姿を探りたがります。面接の部屋へ案内される前に、十分にリラックスした状態でのぞみ、まずはあなたから面接官へ話しかけてみましょう。そして面接の舵を握るのはあなたです。面接官に舵を握らせては行けません。

 

転職面接は多くの人が緊張し、いつもの自分を出せないで悔やむ事もあります。それがシャイで内向的な人はさらにその不安がのしかかります。そのために出来る事は、十分な準備と繰り返しの練習、そして情報収集です。面接はどうしても面接官が候補者を選ぶ場、となってしまいますが、あなたが企業を選ぶ立場に立つ事でより自身が持てるでしょう。そして時には自信に満ち溢れた転職希望者を演じ、あなたのシャイで内向的な性格を吹き飛ばしてくれるかもしれません。

 

転職キャリアアップ - 転職面接 執筆者 | Arie - アリー | 転職面接担当