転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

あなたが達成した成果を会社に理解してもらう方法

転職キャリア - あなたが達成した成果を会社に理解してもらう方法転職の面接の中で最も重要なこととして、あなたが企業に対してどんな価値を提供でき、どんな利益をもたらせるのかをアピールすることです。上司となる担当のマネージャーは、あなたがトップパフォーマーとして今後活躍してくれるだろうという確信が無ければ、あなたのことを採用しないでしょう。ではあなたは面接であなたの価値を理解してもらえばよいのであって、その方法は実は簡単です。履歴書職務経歴書などの書類は、あなたが過去に成し遂げた成果を表現してくれるツールとなります。実際、面接に進むことになると、その成果を言葉で説明することも可能です。

 

あなたの価値を理解してもらう方法

まず最初に、あなたが成し遂げた成果や価値とは一体何を指すのか、定義を明確にすることが重要です。例えば、1か月でクライアントの数を大幅に増やした実績や、1年間で生徒の成績を大幅に向上したなど、期間やタイムラインを加えて説明すると良いでしょう。そして、次は数字を盛り込んだアピール方法です。

 

採用担当者も数字を含んだ話しだと、より理解がしやすく、あなたの成果をより具体的にイメージすることが出来ます。数字は特に利益に結び付かなくても構いません。時間やコストの削減、業務工程の改善など、あなたの仕事に合わせた数字を盛り込んでみましょう。もし、前職で何か社内で表彰された経験がある人は、是非その内容も盛り込んでおきましょう。何人の従業員に対して、何名しか表彰されないという数字があれば尚良いでしょう。

いつ、どの様にしてあなたの価値を説明すべきか

過去の職歴の中で、あなたが成し遂げた成果の例を記載しましょう。成果は一つや二つではないはずです。その場合は、箇条書きにして職務経歴書に記載することをお勧めします。その中で最も高い成果を上げたと感じる内容に関しては、職務経歴書の上部にアピールポイントとして追記しておくのも良いでしょう。

カバーレターで物語を共有

カバーレターとは、履歴書職務経歴書に同封する書類のことで、海外では一般的です。1枚の紙にあなたがどれ程このポジションに向いているのか、そして過去に遂げた成果を伝えることが出来るツールです。もしあなたが研修担当のトレーナーとした場合、ある研修を35名という大人数を相手に実施した経験があり、結果として社外から賞をもらった、など数字と表彰された実績を両方盛り込むと良いでしょう。

 

面接でも物語を語る

面接でよく聞かれる質問として、「あなたが前職で達成したことを説明してください」があります。あなたはすでに成功例や成果を書類で伝えているため、ここではより詳細な内容を伝えてみましょう。書類に書いた物語は要約であり、面接の場で初めて詳細を理解してもらえます。面接官から質問が来ることもありますので、数字を含めた回答を忘れない様にしましょう。

 

この様に、あなたが成し遂げた成果や結果は自分から発信して伝えなければ相手には伝わりません。履歴書職務経歴書、そしてカバーレターを駆使し、面接の場でもプレゼンテーションが出来る準備をしておくと良いでしょう。

 

転職キャリアアップ - スキルアップ  執筆者 | Catherine - キャサリン | スキルアップ担当