転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

ビデオ面接で転職を成功させるためのアドバイス

転職キャリアアップ - ビデオ面接で転職を成功させるためのアドバイステクノロジーの発達により、ビデオを使った面接が多くの企業で導入される様になりました。主にスカイプを使ったビデオ面接が多く、外資系企業の場合上司となる人が海外にいるケースも多いため、転職ビデオ面接を行う事は珍しい事ではなくなってきました。キャリアアップを目指し、転職活動をしているあなたにビデオ面接の依頼が来た場合どうしますか?電話面接とは異なり、顔を見ながらの面接となるため、まるで企業を訪問し対面で面接しているかの様な緊張感があります。そしてビデオ面接を導入する企業の場合、遠方から面接に来てもらう候補者の交通費の支給をしていた代わりに、コスト面でも大きな削減に繋がるメリットがあります。電話面接では判断が難しい様な、候補者の表情、身振り手振り、アイコンタクトなど、見た目も判断されるでしょう。

 

日本ではビデオ面接と呼ばれる事が多いですが、海外ではデジタルインタビューと呼ばれる事もあり、無料のアプリやウェブサービスを使って面接が実施されます。まだ登録していない人でも、数分で無料の会員登録が出来るため、すぐに面接ができ、かつ海外との面接だと時差が発生しますが、ビデオ面接だと仕事終わりの夜に自宅から面接を受けられる可能性もあります。では、ここではそんな転職活動の中でビデオ面接を受けるためのアドバイスをご紹介。

▼動画面接に関する記事はコチラ▼

ビデオ面接の環境を整える

・静かな場所で面接の環境を準備する

・ペットや外の騒音、車の音が聞こえない場所を選定

・面接官から見える場所はきれいに整頓

・ライティングにも気を付け暗すぎない様にする

・直接顔に光が当たらない様にする

 

技術的な準備

・事前に自分の顔がどの様に見えるのかを確認。動作が悪い様であれば使用するデバイスを変える。

・友人や知人と事前にテレビ電話で状態を確認

・可能であれば別売りのマイクを購入しておく事でより鮮明な声が聞こえる様になる

・完璧な状態になるまで何度も友人と一緒に予行演習

・予想外の出来事にも対応が出来る様準備をしておくこと

 

ビデオ面接を実施する中で、予想外の出来事は良く起こるものです。そしてそれが時に面接官に悪い印象を与えてしまい、「面接の準備も出来ないのか」と不採用になるケースも少なくありません。例えば、ビデオ面接の最中に宅配便が来てしまったケース、子供が急に部屋に入って来てしまったケース、パソコンの充電が途中で切れてしまったケースなど、予想していなかった事態は想定しておく事をお勧めします。

 

絶対に忘れてはいけないコト

・対面の面接同様にいつもの転職活動と同じ服装でビデオ面接を受ける事

・すぐに履歴書を確認出来る様にしておき、次の面接へ進む場合のあなたの予定が確認出来るものも手元に準備

・もしもの場合に備えて、携帯電話(スマホ)を手元に置いておく

・時間には遅れる事はご法度。海外との面接の場合には時差に注意

・自分の映像が気になるかもしれませんが、可能な限り面接に集中する

・面接官の目を見て話している様に見せるためにも、カメラを見て話すことも重要

・常に笑顔を心がける

・とにかくビデオ面接に集中し、スマホが鳴っても気にしない

・近くに水を置いておき、緊張した時に飲める様にしておく

 

この様にビデオ面接でも、対面の面接と同様の準備が必要です。そして、もしものケースに備えておく事が多く、可能な限りの準備はしておくのがベストです。ビデオ面接の場合には、対面での面接では出来ない嬉しい事があります。例えば、面接で聞かれそうな質問が事前に分かっていれば、目に見えるところに模範解答を張っておき、それを見ながら答える事が出来るメリットがあります。しかし、あまりによそ見をし過ぎてしまうと、面接官にバレてしまう可能性もありますので、注意が必要です。ビデオ面接は何次面接で実施されるかは予想が難しいため、いつビデオ面接を依頼されても良い状態にしておくと良いでしょう。

 

転職キャリアアップ - 転職面接 執筆者 | Arie - アリー | 転職面接担当