転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

あなたが昇進に値する人材だと伝えるための5つの実用的なステップ

転職キャリアアップ - あなたが昇進に値する人材だと伝えるための5つの実用的なステップ5つのシンプルで簡単なステップを踏む事で、今の上司から昇進の話しをしてもらえる様になり、今よりも良い条件で働け年収アップも見込めるでしょう。昇進の話しを上司にするという事は、上司からの返答を恐れ、不安に感じてしまう人が多いでしょう。しかし、昇進の話しを上司にしネガティブな答えが返って来たからと言って、何がこの先起こるのでしょうか?何が不安ですか?何を恐れる必要があるでしょうか?ここで紹介する昇進に関して上司に話しをする5つのステップは、そのプロセスをよりシンプルにしてくれます。もしすでにあなたが5年もの間同じポジションで仕事をしているのであれば、今よりも良い条件に対して興味はないですか?

 

STEP 1. とにかく何度も何度も考える

一般的な傾向として、何か大きな決断をする際には、一度頭を冷静にし深く考え、時にはメリットとデメリットまで精査する人もいます。熟考する事は人として当たり前の事で、昇進の話しを上司にするという事は熟考のプロセスが非常に重要なカギとなります。そのため昇進の話しを上司にする前に、一度冷静になり、どういった話しをするのか、何を目的として聞いてもらうのか、そしてその話しをした後に起こりえる上司との関係性はどうか、といった内容まで深堀りしておくことをお勧めします。何も考えずに、感情に惑わされて上司に昇進の話しをしても、きっと良い効果は得られないでしょう。

 

STEP 2. 昇進の準備が整っている事を証明

昇進の話しを会社でするもう一つの方法として、あなた自身が昇進するに値すると証明し、どれ程次のポジションへの準備が十分整っているのかを示す方法です。ここで重要なのは、どれだけあなたがやる気を見せても効果は薄く、過去のあなたが成し遂げた実績から証明するのが最適な方法です。どんな成果を出し、どの様な形で会社へ貢献したのかをプレゼンテーションをするかの様に会社と上司へ理解してもらう必要があります。

 

最近何か新たなスキルアップのために勉強をしましたか?学校で学位の取得?オンラインでの資格取得は?等、社外での活動も重要なポイントとなります。昇進するに値する人材になるために、社内では成果を出し、社外では知識を広げるために勉強をしてきたと説明が出来ます。昇進の交渉をする際には、しっかりと話せる材料を揃えておく事が重要であり、手持ちの武器があればある程相手を納得させられるでしょう。

 

STEP 3. 事前の極秘調査を実行

昇進の話しをする前には、あなたが希望するポジションの詳細と、昇進に至るまでのプロセスを知るために時間を費やしましょう。何も情報が無いままでは、昇進の話しが上手く進む可能性が低く、裏にあるプロセスやカギとなる重要人物を知る事が大切です。もしあなたの昇進の話しが上手く進み、まずは面接から始める事になった場合、カギとなる人物が分からなければ面接の対策も出来ません。昇進には必ず社内で最終的な決断をする人がいます。多くの場合、それは人事ではなくあなたが希望するポジションの長となる人でしょう。キーパーソンが分かれば、後はその人との面接の対策を練る事が出来希望とするポジションを掴むチャンスが広がるでしょう。

 

STEP 4. 正しいタイミングに話す

人生においてタイミングとは色々な決断を揺るがす可能性を秘めています。正しいタイミングを逃してしまうと、手に入れられた場所のチャンスやモノを失ってしまう可能性まであるため、タイミングは非常に重要なのだと認識して下さい。そして昇進の話しをするタイミングを見極める事は非常に難しく、そもそも正しいタイミングを知る事は不可能かもしれません。

 

しかし正しいタイミングは各企業毎に異なります。一般的な正しいタイミングとしては、年間の評価が決まるタイミングであり、そこで昇進の話しを逃すと今後さらに1年間昇進から遠ざかってしまいます。上司とのミーティングで昇進の交渉をしてみる良いチャンスかもしれません。企業によっては中間評価を行う場合もありますので、その際に次のポジションを希望している旨を少しばかりの「ジャブ」を打っておくのもお勧めです。

 

STEP 5. あなた自身よりも会社を中心に考える

昇進を希望する人の中には、会社への貢献や会社の事を考えずに、あなた自身が新たな役職を手に入れ、今よりも高い年収を手に出来たイメージしか持っていないかもしれません。あなたの上司はそのあなたの考えを感じ取り、会社やチームへの貢献ではなくあなた自身の満足のために言っているのだと捉えられてしまいます。

 

つまり、あなたの意識は会社が今後発展するためにあなたの昇進が必要であると理解してもらう事であり、その考えをあなた自身も持つ必要があります。会社が社員を昇進させるのは、社員の自己満足を満たす事が目的ではありません。今後どの様に貢献出来る人材なのかを理解した時、企業はあなたを昇進すると認めてくれる事でしょう。

 

ここまで5つのステップを見てきましたが、全体を通して「昇進」とはあなた自身と会社両社にとってメリットがある時に発生します。あなたが会社にさらに貢献が出来る人材なのであれば、会社はあなたを手放したくないため昇進というご褒美を与えてくれます。そこにはあなたが生み出した「価値」があり、会社があなたに新たな「価値」を与えてくれます。

 

つまりもし会社から昇進の話しをされた時には、あなたが今後何か新たな「価値」を生み出す必要がある事を意味します。今の仕事で「価値」を生み出しており、今後も新たな「価値」を生み出せると自負するなら、無駄な時間を過ごさず今すぐ上司の部屋のドアを叩いてみましょう。

 

転職キャリアアップ - キャリアアップ  執筆者 | Adam - アダム | キャリアアップ担当