転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

【30代の転職注目スキル】マネージャーとしてピープルマネージメントスキルに関しての転職面接での回答例

転職キャリアアップ - 【30代の転職注目スキル】マネージャーとしてピープルマネージメントスキルに関しての転職面接での回答例もしあなたが部下を持つマネージャーであり、転職面接も部下を持つマネージャー職へ応募しているのであれば、必ずこの質問を受ける事でしょう。

 

『問題ある社員がいた場合、あなたはどの様に対応しますか?』

 

あなたがマネージャーとして部下をどの様にマネージメントし、結果的にその部下がどうなったのかという結果を転職面接では話す必要があるでしょう。あなたは何度かキャリアアップを経て念願のマネージャー職へ就き、あなた自身をマネジメントする事はもちろんあなた以外の人をマネジメントする事も業務の一つとなっています。

 

ここでは転職面接であなたの部下をマネジメントするピープルマネジメントに関する質問に対する回答例をご紹介していきます。

 

 

面接官がマネージャーであるあなたに本当に聞きたい事

マネージャー職転職面接では多くの面接官はあなたのピープルマネジメントスキルに興味があり、どの様にして困難なシチュエーションを乗り越えてきたのかを知りたいと考えます。あなたの問題への取り組み方や姿勢を知るための質問をし、あなたのピープルマネジメントスキルを探っていきます。

 

アドバイス:あなたが過去に実際に起こした行動によってあなたの部下がどの様に改善したのかという事実に基づく回答が理想です。

 

部下の問題が改善されずに結果的に会社を去っていってしまったという話しは、あなたがマネージャーとしてピープルマネジメントをしたという事実とは異なるため、特に詳細を話す必要はありません。

 

しかしあなたが部下を解雇したという事実があれば、そのプロセスや具体的な方法、そしてその結果他の部下へのインパクト等を話すと、あなたのピープルマネジメントスキルを知ってもらう事が出来ます。

 

『問題ある社員への対応法は?』という質問への回答例

この質問を受けた場合、まずあなたの頭の中に具体的な部下と具体的な状況を思い出す事が重要です。あなたのピープルマネジメントスキルによってその部下がどの様に変わり、あなたはどんなプロセスを進めたのか、あなたがどの様に問題へ取り組んだのかを事実ベースで話していきましょう。

 

マネージャーとしてのベストアンサー例

前職で必ず仕事の期限を守らない部下がおり、結果的に他の部署へも迷惑をかけてしまっていました。私は彼女とマンツーマンで話す機会を設け、期限を守る必要性を理解してもらい今後同じ事が起きない様注意をしました。

しかし再度同じ事が起きた場合には、彼女と話し他の部署も絡む問題であったため人事部へ報告する旨伝え、再度一緒になって問題を解決するための方法を考えました。そしてそれ以来同じ事は起きず、彼女自身の生産性が向上し、さらに他の業務まで今は担当しています。

 

ここではマネージャーとしてどんな行動を起こしたのかという事実を時系列で説明しています。マネージャーとして部下を指導するプロセスが明確であり、1回目の注意から2回目の注意で注意の内容が変わり、最終的には問題が解決され、それ以上の効果をもたらした成功例として話しが成立しています。

 

ベストアンサーに関するアドバイス

事前に回答を準備

転職面接では事前準備が全てです。あなたのマネージャーとしての経験を伝えるためには、面接官を魅了するストーリーを話さなければいけません。面接官が興味を持ち、あなたの話しを魅力的に感じてもらうためにも、事前にストーリーを準備しておき、そのストーリーにちょっとした魅力的な味付けをしておくと良いでしょう。

 

STARメソッドを使った回答

フレームワークの一つでもあるSTARメソッドは、転職面接で非常に使える手法です。Situation(状況)Task(タスク)Action(行動)そしてResult(結果)という一連の事実を状況から結果まであなたの成果を明確に伝える事が出来る方法です。

 

アドバイス:STARメソッドは面接官がより理解しやすくなるための構成となっており、あなたがもし入社したとしたらどの様なマネージャーになってくれるのかを面接官がイメージしやすくなるメリットがあります。

 

とにかく具体的な内容に

転職面接の中で面接官が嫌いな回答として抽象的な回答や精神論を含む回答です。面接はお互いに質問をしながらキャッチボールをしている様なイメージですが、抽象的な発言だと面接官はさらに掘り下げてあなたに質問をしなければ行けません。

 

つまり無駄なキャッチボールが発生してしまうのです。そのためSTARメソッドに沿った回答をする事でより具体的な内容となり面接官があなたに掘り下げて質問をする必要がなくなるでしょう。

 

常にポジティブな発言を

物は言い方一つで印象を大きく変えてしまいます。転職面接の中では、ネガティブに聞こえる様な発言は控え、可能な限りポジティブな言葉を選択し、ポジティブに聞こえる様は話し方も重要です。

 

マネージャーとしてあなたがネガティブは発言を面接の中でしてしまうと、面接官はあなたは部下に良い影響を与える人ではないと判断し『あなた=ネガティブな人』というイメージがついてしまいます。

 

一人では解決出来なかった部下の話しでもOK

マネージャー職に就いている人が全員どんな部下でも教育し、問題を解決出来る訳ではありません。過去にあなた一人では改善が出来なかった部下もいるかもしれません。結果的に改善ではなく会社を離れてもらう選択をあなたが選んだかもしれません。

 

それでも構いません。あなたが行動した何かが必ずあり、そのプロセスを正直に話すと良いでしょう。人事にサポートしてもらったり、あなたの上司に助けを求めたりと、マネージャーとして学ぶ機会があったというストーリーにしてしまえば良いのです。

 

あなたのクリエイティブなマインドを強調

近年スキルの中でもインターパーソナルスキルが注目される様になり、その中でも特にクリエイティブスキルは面接官の中でホットはトピックでもあります。今の会社には無い考え方を持つ人や、常に新しいアイデアを生み出す人は多くの企業で枯渇している注目人材でもあります。

▼インターパーソナルスキルに関する記事はこちら▼

 

あなたがマネージャーとして何か今までとは違った解決策を考え出し行動したのであれば、そのクリエイティブなアイデアを是非面接官と共有してみましょう。マネジメントスキルだけではなく、あなたのクリエイティブスキルまでアピールする事が出来ます。

▼クリエイティブスキルに関する記事はこちら▼

 

転職面接で言ってはいけない回答

部下の文句に聞こえる様な発言

特定の人に対しての文句やクレームに聞こえる様な発言は控えましょう。文句もあなたの言い方一つで相手に不快な思いをさせてしまう事があります。マネージャーとして部下の文句を転職面接で言う人を採用したいと思いますか。ピープルマネジメントスキルが高いとは判断されないでしょう。

 

抽象的な発言は幼稚な証拠

先程もお伝えしましたが、回答はすべて具体性が無ければいけません。抽象的な発言をするマネージャーは部下に対しても分かりにくい指示を出したり、会話の中で相手の理解度を顔の表情から読み取るスキルが欠けているのだと判断されます。

 

リスクある考え方は避ける

企業にはそれぞれ独自のカルチャーがあります。そのためあなたが正解だと思って発言した事でもその企業ではNOかもしれません。例えば、何か気になる事があればとにかく積極的に発言をするタイプだとあなたが言い、あなたはそれが正解だと思っていても、積極的な発言が良しとされない企業も実はたくさんあります。

 

少しでもリスクがあると感じれば相手企業の特徴を理解するまでは控える事をお勧めします。

▼企業カルチャーに関する記事はこちら▼

 

マネージャーとして転職面接へのぞむと今までとは違った期待値で質問をされ、特にピープルマネジメントに関する質問が多くなります。そのためあなたはいくつかの回答を事前に準備しておく必要があり、過去のピープルマネージメントに関するプレゼンテーションが出来るぐらいが理想です。

 

企業がマネージャーを採用する際には即戦力になる人を求める傾向にあり、すぐにチームを良い方向へ導ける人材が必要です。それを知る方法は1時間程度の面接しかなく、あなたが過去に起こした行動でしか判断が出来ません。そのためあなたの過去の行動をより具体的に伝えるためにもSTARメソッドを使った回答がお勧めです。

 

どの企業にもある程度問題を抱える社員がいます。そのため問題ある社員への対応方法に関する質問が飛んできます。あなたが入社したその日から問題ある社員への対応を迫られるかもしれません。

 

しかしそれはマネージャー職に就いた人の責務であり、今後ピープルマネジメントに携わるのであれば避けては通れない業務の一つでもあります。マネージャーとして部下をいかに管理出来るかは今度のあなたのキャリアアップにも大きく影響する事でしょう。

 

転職キャリアアップ - スキルアップ  執筆者 | Catherine - キャサリン | スキルアップ担当