転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

HELP!!大学卒業後の仕事が決まっていない新卒生へ向けた仕事の探し方

転職キャリアアップ - HELP 大学卒業後の仕事が決まっていない新卒生へ向けた仕事の探し方日本は海外とは新卒就活スタイルが大きく異なり、みんな足並みを揃えて就活をスタートし、10月1日にみんなで内定式、4月1日に入社式という流れがもはや日本の文化の様になっています。しかし近年その流れに合わせない企業も日本では増えて来ました。海外の学生は大学在籍中はしっかりと単位を取得し、卒業後に就活を行うのが一般的です。そんな就活生であれば誰もが、「どこに就職しよう?」「どうやって仕事を探そうか?」と悩むでしょう。

 

就活中の学生全員がすぐに仕事が見つかるわけではなく、希望の仕事を見つけるのは時間がかかるかもしれません。全員が同じタイミングで内定をもらう訳でもありません。まずは諦めないで下さい。時には少しステップバックして再度就活の方法を見直したり、他のアプローチの方がより探しやすいのではないかと考えてみましょう。

 

就活にはいくつかのステージがあります。まずあなたが本当に就きたい仕事を考える(自己分析)ステージ、そして就活の計画を練り企業へ応募するステージ、最後が企業との選考を進むステージです。今一度、あなたが就活プロセスの中で何か忘れていないかを確認してみましょう。

 

本当に就きたい仕事や働きたい企業にフォーカスしているか

応募する仕事に就くための経験やスキルは足りているか

そもそも新卒枠での募集があるのか、ないのか

 

もしこの3つの質問に対して1つでもNOの答えがあれば、大学のキャリアセンターへ行き、再度あなたの就活を見直しましょう。近年は多くの企業で通年を通して新卒採用をしているケースもあります。焦らず、一度立ち止まり、考え直す時です。

 

とにかく多くの企業へエントリーをし、応募数を増やすことに集中していませんか?もしかしたら、応募数が増えることで内定率が上がるかもしれません。それはある意味運任せのギャンブルの様で、面接を受けるための時間が豊富にあり、潤沢な交通費を持つ人にのみ当てはまるでしょう。

 

そして、もし面接を受けた後に不採用の連絡が来たらあなたはどうしますか。日本ではなかなか不採用の理由は教えてもらえないことが多いですが、一度勇気を出して理由を聞いてみましょう。次の面接へ生かすため、面接後のフィードバックは非常に有益です。そのフィードバックを武器に次の面接へ備え、不合格になる度にフィードバックの武器を増やしさらに強化して行きましょう。就活中に最も成長を遂げる学生は、自分自身の改善点を理解していることが大きいと感じます。人から受けるフィードバックは、本やネットからでは得られない宝物です。

 

就活の際にOB訪問やOG訪問も面接に強くなる方法の一つです。同じ大学の先輩に就活のコツを教えてもらったり、あなたの経歴の良し悪しのアドバイスをもらったり、話し方やマナーさえアドバイスを仰ぐと良いでしょう。何も先輩がいる会社に必ずしも応募しなければいけない理由はありません。あなたの武器を増やすための訪問と考えてみると良いでしょう。

 

あなたのスキルは十分ですか?

あなたは応募する求人に求められる経歴やスキルを本当に持ち合わせているでしょうか。実際にあなたが希望する業界で働いている先輩がいれば、あなたの書類を見せて可能性があるか聞くのが良いでしょう。求められるスキルがない中、求人へ応募することは同じくギャンブルです。求人を何度も読み返し、必要となるスキルを書き出してみると良いでしょう。そしてそのスキルに対してあなたが話せるストーリーを考えます。もし関連するストーリーが話せないのであれば、アピールするスキルとしては不十分かもしれません。

 

仕事に関連しない経験やスキルでも、何かアピール出来るものがあれば記載しましょう。ボランティア活動や過去のアルバイト経験などがありますが、ここでもストーリーが必要となります。よく学生が話す内容として、サークルや学生団体、アルバイトでのリーダーとしての経験。ただ、何かのリーダーをしていただけではストーリーにならず、何をリードして、何を生み出し、今後社会人としてどの様に活かせるのかまで話せることが求められます。学生の口から良く出てくるスキルとして、リーダーシップスキル、コミュニケーションスキル、そして柔軟性です。面接官はこの3つのスキルは聞き飽きていると考えても良いと思います。

 

見る求人数をとにかく増やす

応募数を増やすのではなく、とにかく見る求人数を増やすことでよりあなたの希望に合った仕事を見つけることが出来るでしょう。日本には400万社以上の企業があるため、全ての企業へ目を通すことは不可能です。しかし、よりマッチングした企業や求人を見つけることは難しくはありません。

 

あなたの専攻とは関連の無い求人を見てみる

今からインターンシップを経験しスキルを増やす

直接企業の人と出会えるネットワーキングイベントに参加

LinkedInなどのビジネスSNSを駆使

再応募が可能な企業を探す

今は就職をしない選択をし、長期的に求人を探す

 

ここまでが大学生向けの就活に関するアドバイスとなります。現代の就活はより自由になり、スタートアップ企業などではより柔軟な選考を実施しています。あなたの夢を叶えるためにも、就活のコツを掴み、あなたに適した仕事を見つけてみましょう。社会人の大人は、みんなあなたを応援しています。