転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

転職面接でストレス耐性に関して質問をされた時の対処法

転職キャリアアップ - 転職面接でストレス耐性に関して質問をされた時の対処法転職面接で頻繁に聞かれる質問として、『仕事でのストレスをどの様に解消していますか。』があります。この質問に対してあなたは十分な回答の準備が出来ているでしょうか。面接官が最も聞きたくない回答として『仕事でストレスは感じません』です。もはや質問への回答を拒否したのと同じです。

 

仕事で一度や二度は必ずストレスを感じた経験は誰にでもあり、何度もストレスを感じた事がある人も多いでしょう。企業やあなたの目の前にいる面接官は、あなたが何にストレスを感じ、どの様にストレスと向き合っているのかを知りたいのです。

 

 

面接官が本当に知りたい事

この質問に対する良い回答は、あなたが過去に実際に感じたストレスを説明し、具体的にどの様にしてストレスへ対応したのかを話す方法です。

 

注意点:過去のストレス例には注意が必要です。例えばあなたが過去にマルチタスクを頼まれた時にストレスを感じたと回答すれば、マルチタスクが苦手な人と判断されます。

 

ストレスの例を話す場合、難しいプロジェクトや多くの人が感じるであろう内容であるべきです。面接官が納得行く様な内容であれば、あなたの回答は正しかったと言えるでしょう。

 

ストレスへの質問に正しく答えるアドバイス

具体例を使って説明

あなたが話す内容が具体的であればある程面接官はあなたが体験したシチュエーションをイメージしやすくなります。いつ、どこで、どの様な仕事でストレスを感じ、具体的にどの様にして対処したのかを説明しましょう。

 

結果にフォーカス

ストレスに関して話す場合には、その結果どうなったのか、何を学んだのかを説明する必要があります。結果として何がストレスへの対処として正しかったのかを学んだ事を伝える事が出来るでしょう。

 

ストレス下にある仕事

仕事によっては常に多くの要求へ答え、多くのストレスを感じる事があります。あなたがその様な仕事に就いているならば、面接官へ事前に説明しましょう。面接官のイメージがさらに具体化するでしょう。

 

答えるべきではないNG回答

自ら生み出したストレス

ストレスはあなたが原因では意味がありません。外部要因によるストレスであり、かつあなたがコントロール出来なかったため起こったストレス例が理想です。あなたが原因のストレスの場合、あなたに対して非常にネガティブな印象を持たれてしまう恐れがあります。

 

ストレスの大きさは誇張しない

ここでの回答はストレスへの対処法を聞かれています。無駄にストレスの大きさを話す必要はありませんので、必要の無い誇張はやめましょう。いかに大変であったかと面接官に説いても面接官はあなたに同情はしてくないでしょう。

 

ストレス耐性に関する質問例

 -『働く環境はどの様な環境が好きですか?』

 -『残業が続いた時の話しをして下さい。あなたはどんな解決策を見つけましたか?』

 

面接中にもストレスの管理

転職面接自体もストレスの対象

面接を何度も経験している人でも転職面接ではストレスを感じ、落ち着いた状態でいる事は簡単ではありません。初めて会う人にあなた自身を売り込み、あなたの未来の上司になるかもしれない人にあなたを気に入ってもらわなければいけません。

 

ストレスへの対処は準備が全て

転職面接前には必ず企業の事を調べ、質問に対する回答も何度も練習しましょう。練習の回数だけあなたのストレスを減らす事に繋がります。

 

あなたの態度でストレスを軽減

面接中には可能な限りポジティブな表情をし、発言も出来るだけポジティブである必要があります。そうする事であなたのポジティブさが目の前の面接官へも良い影響を与えるでしょう。

 

その場で出来るストレス対応

転職面接中に急に緊張しストレスを感じてしまう事もあります。その場合、水を飲む事で緊張を和らげる事が出来ます。この方法は意外と大きな効果を生むでしょう。

 

ボディランゲージでストレスを隠す

ストレスは誰でも感じるものなのでストレスを隠すテクニックも重要です。ボディランゲージであなたのストレスをごまかし、自身に満ち溢れる転職希望者を演じてみましょう。

 

近年は圧迫面接をする企業も少なくなり、転職面接時に大きなストレスを感じる質問自体は減少している事でしょう。しかしその分面接官はストレス耐性を知るための質問を数多く投げかけてきます。

 

あなたが入社後にストレスに負けない体質なのか、ストレスに対してどの様に考えているのか、ストレスに負けた経験はないのか、といった情報は面接で知る事が出来るのです。

 

そして面接官が少しでもあなたのストレス耐性に関して懸念を持つ様であればあなたは面接を通過しないかもしれません。懸念が残る回答では面接官を満足させる転職面接ではなかった事を意味します。

 

転職面接時のストレスに関する質問は今後もさらに増えると予想されます。そのため、必ず事前にストレス耐性に関する回答を準備しておき、面接当日に感じるストレスを解放するのもあなた次第です。

 

転職キャリアアップ - スキルアップ  執筆者 | Catherine - キャサリン | スキルアップ担当