転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

チームをさらに強くするマネージャーとして出来るポジティブフィードバックの効果

転職キャリアアップ - チームをさらに強くするマネージャーとして出来るポジティブフィードバックの効果マネージャーとしてポジティブフィードバックを行う事はチームの仕事に対する姿勢をよりポジティブに変える効果があります。マネージャー向けのネガティブなフィードバックを行う方法に関する研修は簡単に見つけられるが、ポジティブフィードバックを行う方法はあまり見かけません。

 

そのため多くのマネージャーポジティブフィードバックをより効果的に行う方法を知らず、ポジティブフィードバックを行う場をより効果的で、さらにチームを鼓舞する方法をご紹介していきます。

 

『よくやった!』だけでは不十分

あなたがマネジメント層へ向けたプレゼンテーションの準備に多くの時間を割き、プレゼンテーション当日には想像以上に良い反応を得る事が出来た。プレゼンテーションの後、あなたの上司があなたに向かって『よくやった!』と声をかけてくれた。

 

一見、マネージャーから褒められたあなたはモチベーションが上がり、プレゼンテーションが成功したと喜びを感じるかもしれない。しかしあなたが次プレゼンテーションをした場合、同じ結果が得られるでしょうか。

 

マネージャーとして出来るポジティブフィードバックは、プレゼンテーションの何が良かったのか、何がマネジメント層に響いたのかを明確に伝える事が重要です。次はさらに良いプレゼンテーションが出来るためにもマネージャーからの具体的なポジティブフィードバックは必須です。

 

例えば、『今日のプレゼンテーションはすごく良かったよ。特に競合分析のデータは的を得ていて、分かりやすかった。かつ、最後の提案は事実に基づいていてマネジメント層もみんな納得していたよ。』

 

と良かった点を具体的に褒める事で、次回も同じ様なプレゼンテーションが出来るでしょう。

 

ポジティブフィードバックをより効果的に行う方法

マネージャーとしてポジティブフィードバックを行う場合、下記のポイントを取り入れる事でより効果的なフィードバックが出来ます。

 

-フィードバックはその場で行うのが鉄則。時間が経つ程効果は薄れてしまう。
-ポジティブフィードバックは可能な限り具体的に。あなたのフィードバックが具体的であればある程、効果はさらに上がる。
-内容だけではなくフィードバックの伝え方も重要。笑顔で体からポジティブな印象を表現する事。
-ネガティブフィードバックとは異なり、ポジティブフィードバックはチームの前で行う事。

 

ポジティブフィードバックのメリット

実はポジティブフィードバックの方法を学ぶ事で得られるメリットはあなたが想像している以上の効果があります。あなたからポジティブフィードバックを受けたチームは、自分の価値を知り、よりチームへ貢献したくなります。そしてマネージャーが見てくれているという意識を持つ様になり、良い意味での緊張感も生まれます。

 

仕事以外でも、ポジティブフィードバックの方法を覚えると、家族や子供、友人にも良い影響を与える事が出来ます。誰でも褒められると素直に嬉しいものです。

 

さらにポジティブフィードバックを受けたチームは、あなたに感謝の気持ちを感じ、仕事に意味を見出す様にもなります。結果的に、個々の生産性が上がり、さらにチームの生産性向上にも繋がります。

 

そしてフィードバックを行う際に、あなたがチームに期待する事を具体的に織り込む事でチーム全員が同じ方向を向く効果もあります。方向性が明確でチームにポジティブな空気が流れると、退職率低下にも繋がり、あなたはマネージャーとしての評価を上げられるでしょう。

 

ネガティブフィードバックの落とし穴

あなたがマネージャーになりための場合や、今まであまりポジティブフィードバックをしてこなかった人の場合、下記に注意をし落とし穴にはまらない様にしましょう。

 

-一週間前の行動や成果に対してのフィードバック。フィードバックを受けた人は、なぜ今更?と感じてしまい効果が薄れてしまう。
-『よくやった!今日はコーヒーをご馳走しよう!』。ここには何も具体的なコメントがなく、次の行動に繋がらない。
-話し方にも注意をし、ポジティブなコメントがよりポジティブになる様な話し方をする。相手の年齢や役職に合わせた話し方も必要。

 

建設的なポジティブフィードバックは、チームの変化を助け、今後のさらなるパフォーマンスに繋げる事が出来ます。ただいつも怒るだけのマネージャーはもはや必要とされていません。怒る事は誰にでも出来るからです。

 

ポジティブフィードバックが持つ効果をマネージャーとして知り、チームをさらに強くする方法を今日からでも実践してみましょう。あなたのチームは必ず良い方向へ向かうでしょう。

転職キャリアアップ - マネジメント  執筆者 | Jonas - ジョナス | マネジメント担当