転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

【ファッション・アパレル業界】:転職やキャリアアップに役立つファッション業界の構図

転職キャリアアップ - 【ファッション・アパレル業界】:転職やキャリアアップに役立つファッション業界の構図ファッション業界アパレル業界は華やかなイメージが強く、一度は働いてみたいと感じた事があるかもしれません。実際ファッション業界で働く人達の多くは『華やかさなんて無い。泥臭い業界だ。』と口を揃えて言います。ファッション業界と言っても扱うアイテムの価格、洋服なのか小物なのか、日系企業か外資系企業なのかで企業カルチャーもキャリアアップ体制、そして年収も大きく異なります。

 

ファッション業界における大半の人材が販売職ですが、ここでは販売職には触れず、オフィス関連のポジションに絞ってお話しして行きます。

ファッション業界の構図

簡単にファッション業界の構図を説明すると、

 

ファストファッション(ユニクロ、ZARA、H&M)
日系ブランド(ユナイテッドアローズ、BEAMS、その他ショッピングモール系ブランド)
海外ラグジュアリーブランド(ルイヴィトン、グッチ、ヘルメス)

 

の3つに分ける事が出来ます。価格帯で見るとファストファッションブランドが最も低価格帯となりますが、転職の観点から見ると年収が最も低いのが日系ブランドです。ビジネスの規模があまりに違い、日系ブランドの大半は日本でしか主にビジネスが成り立っておらず、企業規模が小さいため年収は非常に低い傾向にあります。

 

ファストファッションブランドは商品は低価格ですが、世界的に売り上げ規模が高いブランドが多く、ビジネスの規模が違います。そしてファストファッションブランドの多くは外資系企業のため、実際バックオフィスで働くには語学力が問われるため年収が高い傾向にあります。

 

ラグジュアリーブランドとは?

実はラグジュアリーブランドはさらに細分化する事ができます。

 

・ファッション系ラグジュアリーブランド
・小物系ラグジュアリーブランド
・時計・宝飾系ラグジュアリーブランド

 

ラグジュアリーブランドと一言で表しても、実は大きく分けて3つのカテゴリーに分ける事が出来ます。そして転職の観点から見ると、時計・宝飾ブランドはダントツで年収が高い傾向にあります。そのためファッション系ラグジュアリーブランドでまずは経験を積んだ人が最後に選ぶのが時計・宝飾ブランドというのがファッション業界の定説になっています。

 

ファッションブランドはターゲットとする年齢層があるため、例えば20代をターゲットにしたブランドで働く人は、30代を過ぎると30代向けのブランドへ転職する傾向にあります。

 

自分の年齢に合わせてブランドを選ぶ人が多く、ターゲットが若いブランドにはいづらいという空気もあります。そのため時計・宝飾ブランドで働く人達の平均年齢は圧倒的に高く、長く働けるブランドとして年配の方には人気となっています。


ファッションブランドは年々人材不足に悩まされています。そもそもファッションが好きではない人は興味をもちにくい点、かつファッション好きでも先程述べた様にブランドにはターゲット年齢がある点、そして総じて年収が他の業界と比較しても高くない点が挙げられます。

 

本当にそのブランドが好きで、ブランドへのロイヤリティが高い人でなければ長期的に働くのは難しいかもしれません。特にブランドロイヤリティが高いブランドとされているのがエルメス、そしてシャネルです。

 

この二つのブランドが好きな人にとってはこのブランドで働く事がプライドであり、それ以外のブランドは考えられないと思っている人が多く、なかなか退職者が出ず、求人募集がかからないブランドとしてファッション業界では有名な話しです。

 

ファッション業界で働く30代の多くが、他の業界へ転職してしまうのもうなづけます。そして異業種からファッションブランドへ転職する人も少ないため、同じ人達がブランドをぐるぐる回る現象もファッション業界では当たり前の事です。

 

バックオフィス系の求人

ファッション業界のバックオフィス関連のポジションは非常に多岐に渡ります。最も人数が多く規模が大きい組織がマーケティング部署。移り変わりが早いファッション業界のため、マーケティングチームの存在は大きく、マーケティングやプロモーション一つでブランドの売り上げを大きく変えてしまうとも言われています。

 

マーケティング部署には、商品のマーケティング、PRやプロモーションを手掛ける人達がいます。その他にも近年人材が多く動いているのがデジタルに関する部署。ECサイトを運営するブランドも多く、かつSNSを使ったデジタルマーケティング、LINEなどもプロモーションに活用される様になり、紙媒体よりもネット媒体に強い人材を求めるブランドが非常に多くなっています。

 

そして消費財や商品を扱う小売り(リテール)企業では当たり前の物流部署です。商品をお店へ予定通りに運び、かつ倉庫として在庫を管理する機能も果たします。ブランドによっては自社で巨大な倉庫を構えるケースもありますが、商品管理の部署もファッションブランドでは重要な部署の1つとなります。その他に販売店を管理する部署から、顧客を管理するCRM、卸をしているブランドであれば卸の部署(ホールセール)などがあります。

 

ファッションブランド求人の探し方

特にラグジュアリーブランドに多い傾向ですが、基本的に求人広告はあまり出さず、転職エージェントを介して募集するケースがほとんどです。その理由は、ラグジュアリーブランドが求人広告を出しにくい点にあります。

 

ブランドの名前を使って外部に求人を出す事で、ブランドイメージを損なう恐れがあるため、そもそも求人が出せないブランドもあります。しかしネットで調べるとラグジュアリーブランドの求人がわんさか出て来ます。これは販売職募集の求人か販売職の派遣求人です。

▼ファッション業界にお勧めの転職エージェントはコチラ▼

 

販売職は今やラグジュアリーブランドと言えども、全く人気が無い職種となってしまいました。そのため各ラグジュアリーブランド、販売職の求人だけは自由にブランド名を出して募集をしなければ死活問題になるためです。そのためバックオフィス関連の求人はブランド名を隠して転職エージェントを通して探す方法が一般的です。

 

もしくはブランドのホームページへ行き、外資系の場合は本国の求人サイトに日本のポジションが掲載されている事があります。英語が分かる人であればブランドの求人ページから直接応募する方法も良いでしょう。

 

ここまでファッション業界の構図を簡単にご紹介してきましたが、総評として他の業界からではなかなか転職がしにくい特徴があり、そのブランドへの興味が高く、どの様な点でそのブランドが好きなのかをしっかりとプレゼンする必要があります。

 

その点は他の業界の転職面接とは少し異なる点かもしれません。(ブランドへのロイヤリティがあるのか、という点が面接を評価する上での重要な評価基準となっているため。)

 

転職キャリアアップ - 転職面接 執筆者 | Arie - アリー | 転職面接担当