転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

60円から始められる30代のビジネスマン・ビジネスウーマンに勧める寄付・支援

転職キャリアアップ - 60円から始められる、30代のビジネスマン・ビジネスウーマンに勧める寄付・支援30代を迎えたビジネスマン・ビジネスウーマンは、ある程度経済的にも余裕が持てる様にもなり、がむしゃらに働いていた20代と比べると時間にも余裕が持てる様になったのではないでしょうか。将来のために投資を始めたり、新しい家族が増え家族のために貯蓄を始めたりと、30代になるとプライベートの生活にも変化が出てくる事でしょう。そこで経済的にも余裕が持てる様になった30代ビジネスマン・ビジネスウーマンが出来るちょっとした寄付支援をご紹介します。ここでご紹介する団体は、実際に我々JBiz Channelが継続している寄付支援であり、転職キャリアアップというメディアを通して、転職キャリアアップに関する記事を配信している中、少しでも世の中の役に立てればという思いで始めました。近年はスマホから簡単に寄付支援が出来る時代になり、1,000円程度から始められる支援があります。

 

ユニセフ・マンスリーサポート・プログラム

その名の通り、毎月一定額を寄付する事でユニセフへの支援が出来るプログラムです。ユニセフによると、

 

『世界ではいまだ21億人(3人に1人)が安全な水を飲む事が出来ない』

 

との事。世界の子供達が安全な水が飲める様になる事で、病気を防ぎ、衛生環境が整備され、結果学校に通える子供が増えるという考え方です。我々が日々当たり前の様に飲んでいる水が、当たり前ではない子供達へ提供するためにも、私達の少しばかりの支援が大きなサポートに繋がるのかもしれません。毎月1,000円からでも始められますので、国連機関であるユニセフを通した支援を始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

Share The Meal

『世界初の飢餓撲滅アプリ』としてスマホのアプリから簡単に寄付・支援が出来ます。世界で起きている飢餓に対して、60円という少額から支援が出来る今の時代に合ったサービスとも言えるでしょう。Share The Mealによると、

 

"現在、栄養不良の人々は世界で約8億2100万人います。すなわち、世界の9人に1人は健康で活動的な暮らしを営むための十分な食糧を得られないのです。しかし、飢餓はまったくもって解決可能な問題です。たった60円で、1人の子どもに1日分の食事を提供することができるのです。"

 

 

1人の子供が1日分相当の食事をするには60円かかると言われています。我々のクリック1つで1人の子供が1日分の食事を満足に得られるという非常に簡単に出来る支援です。スマホアプリのみで完結でき、今すぐにでも寄付支援が出来ますので、始めやすい支援の一つです。

 

 

Plastic Ocean - プラスチック・オーシャン

この団体を知ったきっかけは、Netflixで公開されているドキュメンタリー映画でした。その名の通り"Plastic Ocean"というタイトルの映画で、世界各地を飛び回りプラスチックによる汚染をリアルに撮影しています。

 

プラスチックはそもそも自然界に還る事が出来ない素材のため、海に放置されたプラスチックは魚が食べてしまったり、そのまま海の底に沈み土に還る事はありません。プラスチックの再利用も世界各地で行われていますが、プラスチックの消費には追い付かず年間多くのゴミとして自然を破壊し続けています。

 

 

我々は海、ビーチが好きです。最高の自然だと考えています。そんな綺麗な海を汚さないための寄付・支援を行っています。海外の団体となりますが$10から寄付支援が出来ますので海という広大な自然を守るために貢献してみませんか。

 

 

アニドネ - アニマルドネーション

こちらは日本の団体による動物に対しての寄付支援です。動物に関する問題は近年大きく取り上げられる事もあり、日本を始め世界各国で解決すべき問題の一つとなっています。そんなアニドネでは、

 

"アニドネは動物のためにがんばる方々を支援できるWEBサイトです。「寄付したいけど、どこに寄付をしていいかわからない。」そんな優しい「キモチ」を寄付という「カタチ」で、誰でもいつでも参加できます。公益社団法人 アニマル・ドネーションが運営している、日本「初」の動物専門寄付サイトです。"

 

と言うだけあり、動物への寄付に特化した支援となります。寄付された資金は、主に動物の医療費や食費、そして生活費に充てられ実際に使用された寄付金のその先もホームページで確認する事が出来ます。我々JBiz Channelのメンバーの中にも実際に動物を飼っている人もおり、この団体への支援を始めました。こちらも1,000円からでも始められる寄付支援のため、今すぐにでも参加出来ます。

 


現在我々は上記4つの団体への寄付・支援をしています。個人でも少額から寄付・支援が出来るため、今すぐに行動が起こせます。コンビニへ行って1,000円を消費する事は非常に簡単です。飲みに行けば、ビール2杯で1,000円はすぐに消費出来ます。30代ビジネスマン・ビジネスウーマンであれば1,000円という金額は決して高くない金額であると私達は考えます。少しでも寄付支援に興味があれば、是非一度少額から始めてみて下さい。世界を良くする活動に、ちょっとだけ足を踏み入れた感覚となり、日々世界で起きている事にアンテナを張る様になるでしょう。