転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

転職活動中にカフェ面接に招待された時に読むべきアドバイス

転職キャリアアップ - 転職活動中にカフェ面接に招待された時に読むべきアドバイス近年は企業の採用手法も多角化しており、面接はよりカジュアルに始まる事も増えてきました。例えば、一次面接にコーヒーを飲みながらのカフェ面接を導入する企業が増え、一般的な面接とは違い、よりカジュアルに面接を受けられる様になりました。

 

主にカフェ面接は、特定のポジションでの面接ではなく今後ポジションが空いた場合の採用担当者(リクルーター)転職希望者の関係性構築というケースが多く、将来的に転職希望者にフィットしたポジションが空いた際に正式応募するというスタイルです。

 

急に興味がある企業の採用担当者(リクルーター)や企業のマネージャーからカフェ面接に招待されたら、何を着て行こう?支払いはどうしたら良い?これは正式な面接なのか?と戸惑うかもしれません。しかし心配はいりません。ここではカフェ面接に招待された場合のアドバイスをご紹介。

 

カフェ面接をスマートにこなすコツ

一般的な転職面接とは異なり、カフェ面接の場合は最初からカジュアルな連絡から始まります。特定のポジションでの面接ではない事が多いため、面接官はあなたの経歴や過去の経験を中心に聞いていくでしょう。そしてカフェ面接ではあなたのカルチャーフィットを見ています。

▼カルチャーフィットに関する記事はこちら▼

 

そして転職希望者であるあなたにとっては、カジュアルに企業に関する質問が出来るメリットがあります。いつもなら、かしこまった逆質問をしなければいけませんが、カフェ面接ではその場で気になった質問が出来るメリットもあります。

▼逆質問に関する記事はこちら▼

 

事前調査は必須

カフェ面接だからといって何も企業に関して下調べをしていない状態で望むのは失礼です。必ず企業に関する最低限の情報は調べておき、あなたの職種やポジションから言える意見を考えておきましょう。

 

そしてあなたが今後考えているキャリアアッププランも明確に伝える必要があります。特定のポジションでの面接ではないため、面接官はあなたが今後希望するポジションや働き方、仕事への姿勢を明確に知りたいはずです。曖昧な回答では次もう一度あなたに会いたいと思わせる事が出来ないかもしれません。

 

カフェ面接前に確認すべき事

まずはどのカフェで面接を行うのかを明確に決めましょう。基本的には面接官が事前に決める事が多いですが、中にはあなたの会社の近くまで来てくれる企業もあるため、その際にはあなたから適したカフェを指定しましょう。

 

企業側はホテルのラウンジやホテルのカフェを指定する事が多いですが、転職希望者であるあなたが良ければスターバックスやカジュアルなカフェでも良いでしょう。しかしカジュアルなカフェは事前に予約が出来ないため、ある程度の混雑具合が分かっているカフェがお勧めです。

 

カフェ面接に着ていくべき服装

スーツでビシッと決まったフォーマルな服装は必要ありません。最も良いのはビジネスカジュアルであり、カフェ面接に最も適した服装と言えます。ネットで調べるとビジネスカジュアルに関する画像は簡単に見つけられますので、参考にしてみると良いでしょう。

 

カフェ面接へ持っていくべき物

近年は事前にメールで履歴書職務経歴書を提出している事が多いため特に持参しなければいけない訳ではありません。代わりに名刺を準備しておき、後はメモが出来るノート程度で良いでしょう。

 

コーヒーを注文

基本的には企業側の面接官が支払いは済ませるため気にしないで良いでしょう。しかし日本人のマナーとして、『お支払いは、、、』と一言入れておくとさらに良い印象を与えられます。

 

カフェ面接と面接官に集中

カフェ面接にもデメリットがあります。周りがざわざわしていると面接官の声が良く聞こえない事があり、かつ周りに人がいるため会社の機密情報等は口にしてはいけません。そのため面接官の話す内容に集中し、かつあなたの発言にも注意しましょう。

 

逆質問はより具体的に

一般的な面接の場合は事前に逆質問を準備しておき、スマートでよりビジネス的な逆質問が求められますが、カフェ面接の場合は少しカジュアルでも問題ありません。

 

『(面接官に対して)今の仕事の楽しみは何ですか?』
『今の私には何が足りないと思われますか?』
『今あなたのチームが抱える問題と目指すチームとは?』

 

と、カジュアルな逆質問か面接官に少し突っ込んだ逆質問をしてみると良いでしょう。カフェ面接はあなたにとってもより多くのリアルな情報を得られる場所です。逆質問の時間は有効に使いましょう。

 

カフェ面接後のステップ

カフェ面接が終わり自宅へ帰ってからすぐに面接官へお礼のサンキューレターをメールしておきましょう。

▼サンキューレターに関する記事はこちら▼

 

そしてカフェ面接後もあなたは企業や面接官に対して強い興味を持ち、今後ポジションが空けば是非正式に応募したい旨を伝えましょう。面接官もあなたへ興味を持ったのであれば、必ず連絡をしてくるでしょう。面接官と今後も長期的に繋がっておきたいと感じた場合、LinkedInで繋がり申請を送っておくのもお勧めです。

▼LinkedInの使い方に関する記事はこちら▼

 

カフェ面接は面接という概念ではなく、お互いを知るための場と考えると良いでしょう。今の時代、企業が転職希望者を選べるだけの時代ではありません。転職希望者が企業を選ぶ事も出来る時代です。

 

そのためあまりにフォーマルにかしこまる必要はありません。あなたの事を知ってもらい、あなたは企業の事を知り、お互い本当にフィットするのかを確かめる場です。カフェ面接に呼ばれた場合は、是非カジュアルに話しをしにいく、というスタンスで参加してみると、また違った企業の側面が見える事でしょう。

 

転職キャリアアップ - 転職面接 執筆者 | Arie - アリー | 転職面接担当