転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

転職やキャリアアップに繋がるビジネスネットワーキングを構築する方法

転職キャリアアップ - 転職やキャリアアップに繋がるビジネスネットワーキングを構築する方法今後のキャリアアップを考え始める30代ビジネスマンビジネスウーマンにとっては仕事以外でも顔を広げ、より多くのネットワークを構築する必要があります。キャリアアップに繋がるネットワーキングは何も転職活動をしている時だけ行うものではなく、常に活動しておく事をお勧めします。

 

いつどこにチャンスが転がっているのかは誰にも分かりません。ネットワーキングはそんなチャンスを手に出来る可能性を秘めています。ネットワーキングはあなたの転職の役に立つ事もあれば、今後のキャリアアップに役立つ事もあります。

 

あなたがいつ転職をしたいと感じるのかはあなたにも分からないかもしれません。今後のキャリアアップをいつ真剣に考え出すか分からないでしょう。そんな転職やキャリアアップに繋がるネットワーキングを広げておくべき理由は何でしょうか。

 

 

キャリアネットワーキングを広げる理由

キャリアネットワーキングプロフェッショナルネットワーキングと呼ばれる事も多いですが、あなたの転職活動を助け、あなたのキャリアゴールの達成を後押ししてくれ、あなたの専門性をさらに高めてくれる効果があります。

 

そして異業種や異職種の人と出会う事で、新たな視点を手に入れ、あなたに新たなクリエイティブなアイデアをもたらしてくれるかもしれません。

▼クリエイティブシンキングに関する記事はこちら▼

 

ネットワーキングに時間を費やす理由

ビジネス型SNSのLinkedInによるレポートから下記のデータが参考になるでしょう。

 

■約70%の人が繋がりのある企業への転職を成功させている

■約80%の人がキャリアアップにネットワーキングが重要だと回答

■約35%の人がLinkedInを通してカジュアルなメッセージから新たなチャンスへと繋がったと回答

■約61%の人がネットワーキングのおかげで新しい仕事を見つける助けになった

▼LinkedInに関する記事はこちら▼

 

 

ネットワーキングで繋がるべき人

■前職や現職の同僚や上司、同じ会社で働く人
■過去や現在のクライアントや顧客
■仕事で関わった事がある人
■同じ大学の卒業生
■プライベートで関わった人
■家族や友人の知り合い
■ジムやスポーツで繋がっている人
■転職エージェントや人材紹介会社のコンサルタント

 

ネットワーキングで関係を構築すべき人達は、あなたのキャリアアップの手助けをしてくれる人であるべきです。そのため上記の様な仕事で関わっている(もしくら関わった)人達がベストです。

 

実際に顔を合わせて会話をした人だけではなく、オンラインで出会い、ネット上だけの繋がりの人でも構いません。TwitterやFacebook、LinkedInだけの繋がりもネットワーキングの一つです。

 

ネットワーキングの効果を知る

転職活動をしている人の80%以上の人が、ネットワーキング転職活動の助けになったと回答する程その効果は高く、時に仕事をリファラルで紹介してくれたり、あなたが転職したい企業の情報を提供してくれる事もあります。

 

新たな業界や職種を希望する場合は、あなたの知らない世界を教えてくれ、よりリアルな現場の声を聞く事が出来ます。転職でのミスマッチを防ぐためにも、ネットワーキングからの情報は想像以上に役に立つでしょう。

 

継続した関係性を構築

あなたが転職活動を始めた時だけネットワーキングを広げたり、構築するのではなく、常日頃からネットワーキングから情報収集をし、いつでも転職活動が出来る状態にしておく事をお勧めします。

 

ネットワーキングはギブ&テイク

ネットワーキングは誰かから転職キャリアアップに繋がる情報を手に入れるだけではありません。あなたからもあなただけが持つ情報を提供しましょう。ビジネスで役に立つ記事をシェアしたり、面白い求人を見つけたその情報をシェアしてみましょう。

 

ネットワーキングでの関係性をさらに高めるにはギブ&テイクが必須です。あなたが今後繋がっておくべき人材である事を周りに理解してもらうためにも有益な情報提供はギブしましょう。

 

ネットワーキングを記録

多くの人と繋がると、いつどこで出会った人なのかが分からなくなり、何の仕事をしている人なのか不明確になりがちです。LinkedIn等のコミュニティで繋がっていれば良いですが、そうでない場合は必ず記録をつけ、あなただけのネットワーキング帳を作ると良いでしょう。

 

リアルな出会いからネットへの繋がりへ

実際にネットワーキングイベントで出会った人や、仕事で出会った人でも必ずネット上のSNSでも繋がる事をお勧めします。特にLinkedInでの繋がりは必須で、常に新しい情報を手にする事が出来ます。

 

LinkedInでは誰かが転職をして働く企業が変わった時には自動で教えてくれる機能があり、昇格してポジションが変わっても知らせてくれます。そこであなたがいいねを押す事で、実際には会っていなくてもネット上で定期的な繋がりを持つ事が出来ます。

 

ネットワーキングイベントへの参加

この日本でも日々様々なネットワーキングイベントが開催されています。交流会と呼ばれる事が多く、無料のものから数千円の会費を払って参加出来るものもあります。お互い新たなネットワーキングを求める人達が集まるため、会話もしやすく一回の参加で数十人と出会える可能性もあるでしょう。

▼ネットワーキングに関する記事はこちら▼

 

ここまで読んで頂くと、ネットワーキングとは何も交流会やネットワーキングイベントへ出席しなければ築けないものではありません。日々の仕事で関わる人達がネットワーキングの一部であり、知り合いから繋がるのもネットワーキングです。

 

構える必要はありません。最近見ていなかったLinkedInのアカウントを開けば、新たな繋がり申請が届いているかもしれません。友人と食事へ行けば友人の知り合いに出会えるかもしれません。ジムでいつも顔を合わせる人がもしかしたら企業の社長かもしれません。

 

ビジネス上のネットワーキングは恋人を見つける方法と似ているのかもしれません。常にアンテナを張る事で、普段の生活が少し楽しくなる事でしょう。あなたの転職を助け、キャリアアップに繋がる出会いをネットワーキングで実現してみましょう。

 

転職キャリアアップ - キャリアアップ  執筆者 | Adam - アダム | キャリアアップ担当