転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

時代はロジカルシンキングからクリエイティブシンキングへ。クリエイティビティを伸ばす方法とは

転職キャリアアップ - 時代はロジカルシンキングからクリエイティブシンキングへ。クリエイティビティを伸ばす方法とはひと昔前まではビジネスマンビジネスウーマンが社会人になってからMBAの取得を目指す人が多く、30代に突入すると多くのビジネスマンビジネスウーマンが一度はMBA取得を検討した事があるかもしれません。そしてMBA保有者転職でもキャリアアップでも多いにその恩恵を受ける事が出来た時代がありました。しかし、近年MBAの希少性が薄れ、MBA保有者が必ずしも企業に革命を起こしてくれる訳ではないと悟った企業が増え、今やその価値は以前と比べると高いとは言えません。

▼クリエイティブシンキングにお勧めの書籍はこちら▼

 

そこで近年新たに注目されているのが、クリエイティブなマインドやアイデアを持つ人材で、特にアートを学んだ人に多い創造力です。クリエイティブやイノベーションは、実は過去に多くの成功を企業にもたらしました。AppleSpotify、そしてPinterestではクリエイティブとイノベーションが今の彼等を生み出したと言っても過言ではありません。つまり、クリエイティブシンキングは企業に大きなメリットをもたらす可能性を秘めています。

 

そんなクリエイティブシンキングは生まれ持った人しか持ち得ないスキルと考えている人が多く、クリエイティブシンキングを持つ人には、より長時間働く事でしか打ち勝てないと思っている人も多いのも事実です。しかしクリエイティブシンキングを身に付ける事は不可能ではありません。正しいツール、環境、そして高いモチベーションがあれば、日々のトレーニングでクリエイティブシンキングを手にする事が出来るでしょう。

あなたのクリエイティビティへアクセス

仕事外の時間を活用

あなたはオフィスにいる間、その日のミーティングの準備をしたり、To Do Listを一つずつこなす事にフォーカスしていませんか。しかしオフィスから離れた時、あなたの頭の中はビジネスから離れた部分が活発に動きます。

 

あるCEOは、ビジネス外の時間にポッドキャストや動画を通して他の業界で働くプロフェッショナルな人から色々吸収しているそうです。そして何かクリエイティブなアイデアが必要な時にはあるマーケティングに関する講師のクラスを聞いたり、毎朝仕事の前に昨夜思いついたアイデアや、朝起きてから思いついたアイデアを書き留める時間にしているのだそうです。

 

見える景色を変えてみる

ある大手エージェントで働いていた女性は、当時最も困難だった事は毎日9時から6時まではオフィスで働かなければいけない事でした。大きなプロジェクトを担当していたため、何か大きなアイデアが必要でした。もしあなたがどうしてもクリエイティブなアイデアが必要な場合は、いつもとは違う環境へ身を置く事でクリエイティブシンキングが生まれるかもしれません。新しいアイデアに煮詰まったら、外を散歩するのも良いでしょう、美術館等新しい場所へ行ってみましょう。こういった場所には必ずクリエイティブなアイデアが転がっています。しかしクリエイティブなアイデアは自然と降っては来ません。あなたの頭の中でクリエイティブシンキングとして生まれてくるでしょう。

 

職場環境をクリエイティブに

あなたの周りはグレー色の物に囲まれていたり、ベージュ色の壁紙、強い蛍光灯の光に囲まれていませんか?こういった環境はあなたのクリエイティブシンキングを阻害すると言われています。本当にあなたがクリエイティブシンキングを生み出したいのであれば、環境自体をよりクリエイティブにしなければいけません。

 

簡単に出来るクリエイティブな環境作りとして、カラーの物を置く、植物を置く、アート作品を置き、自然の光が差し込む場所を探してみましょう。そしてよりクリエイティブシンキングによるインスピレーションを高めるには、環境だけではなく企業カルチャーそのものもよりクリエイティブを歓迎する文化でなければいけません。

 

チームのクリエイティビティを引き出す方法

頭をフル回転する時間を与える

ほとんどの人は指示された状況下ではクリエイティブシンキングの力が発揮出来ません。あなたがチームに何か提案やアイデアを求めるのであれば、チームにじっくり考えるための時間を与えましょう。そしてあなた自身が何か問題に気付いたのであれば、その気付いた問題だけチームに伝え、あなたはその場から立ち去りましょう。答えをすぐに求めるのではなくチームのクリエイティブシンキングを試しましょう。あなたから問題点だけ告げられたチームは、無意識の内に寝ている間から休みの日まで問題の解決方法を考える事でしょう。

 

もう一つの方法は、チームでブレインストーミングをする時間を設けましょう。何日か前にブレインストーミングのトピックを伝えておく事でチームはブレインストーミング当日までにアイデアを準備出来ます。そして当日、マネージャーはチームに対して、『今からクリエイティブシンキングを駆使して、火曜日までに素晴らしいアイデアを3つ考えて下さい。』と言うだけで、後はクリエイティブなアイデアを待つだけ。

 

新しい人をチームに招く

定期的にスピーカーを呼んだり、セミナーやワークショップへの参加を促す事で、チームは異なるアイデアを聞く事が出来ます。チームでランチ&ラーンを行い、チーム以外の人をスピーカーとして招き入れたり、チームメンバーをオフィス以外の場所へ連れ出してみましょう。新しい人から新しいアイデアを吸収する事で、今までとは違ったアイデアが生まれる様になるでしょう。マネージャーとしてはチームが新しいアイデアに触れる環境作りを提供する事が重要です。ただ指示をするだけのマネージャーは、世の中に山程いますので、本当にチームのクリエイティブシンキングを培うにはさらに一歩先へ行きましょう。

 

口に出す恐れを取り除く

時にクリエイティブなアイデアは、型にはまらない事が多いため、チームメンバーがクリエイティブなアイデアを提案し周りから笑われるかもしれないと恐れ、口に出せない事があります。そんな時はマネージャーとして、彼等のアイデアを最大限サポートし、アイデアを提案してくれた感謝を伝えましょう。チームのモチベーションを上げるには、ポジティブなフィードバックが効果的であり、決して否定をしてはいけません。マネージャーであれば、建設的で今後より良いクリエイティブシンキングを促すフィードバックであるべきです。

 

言い換えれば、チームに失敗しても良いのだとマネージャーであるあなたから伝える事が重要です。クリエイティブシンキングに対しての失敗を責めたり、目標が達成出来なかった事を責めるべきではありません、特に型にはまらないアイデアが生まれた瞬間は。まずはチームから生み出されたクリエイティブなアイデアに感謝し、他のアイデアが生まれる様なクリエイティブシンキングを促しましょう。

 

あなたが感銘を受ける人になりきる

型破りなクリエイティブなアイデアを生み出す事は簡単ではありません。そしてクリエイティブシンキングに対してポジティブである事は今後さらなるアイデアを生み出す上で重要です。あなたが持つ古い思考法を打ち破る事で、新たなクリエイティブシンキングが生まれます。

 

一昔前までのビジネス界ではロジカルシンキングが話題の考え方でした。しかし多くの人がロジカルシンキングを手に入れた現代においてはその価値は下がり、新たな考え方としてクリエイティブシンキングが注目されています。まだクリエイティブシンキングへの注目は始まったばかりです。あなたを含め、チームとしてクリエイティブなアイデアが自然と生まれる環境作りが、今後のビジネスを引っ張って行く事でしょう。

 

転職キャリアアップ - スキルアップ  執筆者 | Catherine - キャサリン | スキルアップ担当