転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

あなたには良いマネージャーになる素質がありますか?

転職キャリアアップ - あなたには良いマネージャーになる素質がありますか?会社という組織では時に嫌な上司やマネージャーにあたってしまうことがあります。この人がもしマネージャーだったら多分仕事が続いていないだろう、と感じてしまう人が周りにいませんか。アメリカの大手転職求人サイトであるMonsterでの調査によると、約76%の人が現在もしくは直近で嫌なマネージャーにあたってしまったとの事。理由としては、26%がマネージャーの権力意識が強過ぎる(パワハラ含む)、18%が管理が細かい、17%の人はマネージャーが無能と回答しています。

 

つまり、我々は嫌なマネージャー像はすでに理解しているため、ここでは良いマネージャーとは何かを考えてみましょう。現在素晴らしいチームを率いるマネージャー達が持つ素質を解き明かし、あなたがすでにその素質を持っているのであれば、すぐにでも昇進すべきであり、もしくは転職に目を向けあらたなチャンスを探す時かもしれません。ではすでに活躍している良いマネージャーが持つ素質とは何でしょうか。

 

創造性 - Creativity

トップパフォーマーと呼ばれる社内に数%しかいない評価がズバ抜けて高い社員で、かつマネージャー職の人は、ビジネスをさらに前へ進める様々なアイデアを生み出し、それは既存の考え方から時に逸脱します。企業の業務フローを根幹から変え、生産性を上げる事が出来る人達です。

 

問題解決 - Problem Solving

企業には予測していなかった問題を解説出来る従業員が必要であり、時にはその人の問題解決能力に頼る事があります。ボストンでキャリアコーチング会社を立ち上げたある起業家は、「最高のマネージャーは問題にただ立ち向かうだけではなく、深刻な問題が起きる前に自分達の弱い部分を見つけ出し理解している人。」と言っています。

 

回復力 - Resiliency

もしあなたがマネージャーであれば、ミスはもはや避けられないことの一つです。最も重要な事は、ミスとなった原因を分析し、次にどの様に活かすべきかを理解する事です。何が悪い事が起きた場合も同様で、現状をしっかりと理解し分析し、そこから何かを学べるかを理解している人が強い回復力をもった効率的なマネージャーと言えます。

 

信頼のシェア - Credit Sharing

多くのマネージャーは部下を褒めるために多くの時間を使わず、批判ばかりに時間を費やしてしまいます。ハーバードビジネススクールのある教授はこの様に言っています。「素晴らしいマネージャーは、部下を褒める時にはみんなに聞こえる様に褒めます。それは部下のモチベーションアップに繋がると知っているからです。」

 

業務委任 - Delegation

誰も業務一つ一つ細かく管理された環境では働きたくないでしょう。つまりマネージャーとして一歩下がって、部下の仕事ぶりを細かく管理せずに、部下が監視されていると感じない様にする事が重要です。そして部下を信頼し、業務を任せる事で部下との信頼関係が強化されます。小さな業務だけではなく、時に大きな業務を任せる事も必要です。

 

コミュニケーション - Good Communication

リーダーシップスキルと良いコミュニケーションスキルは非常に密接に関係しています。マネージャーは常に部下に対して透明性を意識し、特にチームのゴールを共有する時には細かな透明性が求められます。良いコミュニケーションとは何もあなた自身の感情を伝える事ではありません。部下に対して適切な質問ができ、積極的に部下からフィードバックが聞けるスキルです。

 

共感 - Empathy

他者の気分や機嫌を読み取る事は良いマネージャーに求められるコアな素質の一つです。約96%の人がこの共感出来るスキルは重要だと捉え、部下に対してしっかりと共感出来るマネージャーは、会社からの評価が高い傾向にあります。

 

誠実さ - Honesty

従業員は誠実なフィードバックには価値を見出し、良いマネージャーはそれが出来ます。ある調査では、マネージャーから定期的にフィードバックを受けている人はチームの中でも良いパフォーマンスが出せるという結果が出ています。そして誠実さが重要なもう一つの理由が、困難な状況で発揮されるためです。もしあなたの会社が大きな変革期に差し掛かっている時、良いマネージャーは、「今は非常に大変な時期です。でも私は常にあなたの後ろにいます。何かあればすぐに私の所へ来て一緒に乗り切りましょう。」と言えるからです。

 

人材重視 - People Oriented

良いマネージャーは部下のキャリアアップに対して投資を惜しみません。部下のキャリアアップに必要であれば、会社にコストを負担してもらいトレーニングの機会を与える事が出来ます。人を重視するマネージャーは、チームをより団結させ、チームがマネージャーのために働く様になります。

 

ここまで様々な良いマネージャーの素質を見てきました。実際全てを揃えたマネージャーを見た事がある人は少ないでしょう。それが現状です。色々な状況に目を向け、部下に対して真摯に向き合い、常にポジティブな人が良いマネージャーになれるのだと思います。もし、今マネージャー職に就いている人は今のあなたを今一度見つめ直し、今後マネージャーを目指す人は是非この素質を身につける様に努力をしてみましょう。

 

転職キャリアアップ - マネジメント  執筆者 | Jonas - ジョナス | マネジメント担当