転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

転職面接で『あなたの弱みは何ですか?』と聞かれた際のお勧め回答法

転職キャリアアップ - 転職面接で『あなたの弱みは何ですか?』と聞かれた際のお勧め回答法転職希望者を対象としたある調査で、あなたが転職面接で聞かれる最も嫌な質問として『あなたの弱みはなんですか?』があがったそうです。弱みに関する質問に対しては、上手な回答が難しく正解が何なのか分からない人が多いのが理由だそうです。一般的な転職サイトでは、弱みを強みになる様に言い換えましょう、というアドバイスが中心となっています。しかし弱みを聞かれている中、強みに話しを変えてしまうのは面接官の質問にきちんと答えているのでしょうか。しかし弱みをそのまま弱みとして回答してしまうと、転職面接を合格するでしょうか。

 

近年は過去の行動に応じた回答から転職希望者を判断する面接手法や、成果にのみフォーカスをした質問をする面接手法が人気となっています。しかし弱みを聞く質問は長年転職活動中ビジネスマンビジネスウーマンを悩ませているのも事実です。ここでは、30代転職希望者が嫌がる『弱み』に関する適した回答をいくつかご紹介していきましょう。

 

弱みを強みに変える手法は避ける

まずはしてはいけない回答に目を向けてみましょう。転職エージェント等へ相談をすると大抵、『弱みを逆に強みに変えてみましょう』というアドバイスをもらいます。弱みというネガティブな印象をポジティブに変える事が出来るのは事実ですが、これでは面接官の質問に答えた事にはならないでしょう。そして弱みを強みに変える手法は、すでに古くなってしまし、年配の方や新卒の大学生に多い回答の傾向にもあります。まるで、私は完璧な人間なので弱みという弱みはありません、と面接官には聞こえてしまう可能性があり、近年の面接官は転職希望者が抱える本当の弱みを知りたがる傾向にあり、その弱みに対してあなたの考えを知りたいと思っています。

 

つまり弱みに対する回答に対しては正直に答えるのがお勧めです。『私は仕事が好きで働き過ぎる傾向にあります。』『完璧主義者な所があります。』等、日々仕事をしている中であなたが感じる弱みをピックアップしてみましょう。何も弱みを強みに変える必要がありません。働き過ぎるためにどんなデメリットが生じ、なぜあなたはそれを弱みと捉えるのか、そしてその弱みを克服するためにあなたが起こしているアクションは何か、という一つのストーリーが完成すれば面接官はあなたの弱みに対してネガティブな印象は持たないはずです。逆に正直に答えてくれたあなたに感謝をし、良い印象を与える事が出来るかもしれません。

 

とにかく面接官には正直であれ

多くの転職希望者が仕事を掴むチャンスを逃している理由の一つが面接で嘘をついてしまう事です。面接官は何百人の転職希望者と面接をした人かもしれません。面接で嘘をつくと、大半の面接官はあなたの嘘を感じ取ります。面接官は素人ではありません。そのためとにかく正直に回答する事です。ネガティブなキーワードやネガティブに聞こえる様なストーリーは避ける必要がありますが、作り上げたストーリーを話す必要は全くありません。

 

誰にでも弱みはあります。あなたの目の前にいる面接官にも弱みは必ずあるはずで、面接官も上司から弱みに対して注意をされた事があるはずです。弱みがある、それを認識しているからこそあなたは成長し、弱みを克服するために日々仕事をしているとの言えるかもしれません。

 

例えばあなたは仕事を進める上である知識が足りないと感じた場合、その知識を得るために仕事終わりに学校へいったりクラスを受講して知識を習得しました、これだけで構いません。今まさに学校へ通い日々勉強しています、と答えれば良いだけです。あなたがプレゼンテーションが苦手な場合、ある会に参加する事で人前で話す機会が増え、毎週30分は15名程の人の前でプレゼンテーションをし、その都度フィードバックを得ています。これだけでOKです。あなたが話すストーリーがハッピーエンドであれば、面接官はあなたに良い印象を持つでしょう。

 

弱みのチョイスには要注意

再度はあなたがチョイスする弱みはあなたが応募しているポジションに合わせて変化させる必要があります。あなたが応募しているポジションに直結する弱みなのであれば、どんな良いハッピーエンドが話せても面接官はあなたを採用しないでしょう。あなたが応募しているポジションが部下3名を抱えるマネージャー職だった場合。あなたは自分の弱みをチームワークを答えたら、面接官はあなたに部下3名を任せようと思うでしょうか。つまりポジションに直結しない様な弱みを選択するスキルも求められます。間違った弱みをチョイスしない様気を付けましょう。

 

現代では面接官はあまりに作られた転職希望者は好まない傾向にあります。ロボットの様な回答しか出来ない候補者には興味が持てず。ポテンシャルすら感じないでしょう。つまり正直に話せる様な人が好まれる傾向にあり、弱みはあなたの人となりを知ってもらう機会でもあります。弱みに対する回答に恐れずに、機会だと思い面接官が好印象に感じる弱みのストーリーを話してみましょう。

 

転職キャリアアップ - 転職面接 執筆者 | Arie - アリー | 転職面接担当