転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

転職キャリアアップ | ライター紹介:キャリアアップ記事担当 Adam - アダム

転職キャリアアップ | ライター紹介:キャリアアップ記事担当 Adam - アダム

Name:Adam - アダム
Age:30代前半
Job:転職エージェントにてマネージャー職
Article:Career Up - キャリアアップ関連時記事を担当
Education:アメリカで外国語を専攻し学士を取得
Skill:#英語 #人事 #採用 #転職エージェント #金融
Hobby:ランニング、筋トレ、ジム、読書

 

Adamの経歴

①外資系金融企業:新卒で人事アシスタントとして入社

 ⇒新卒で外資系金融企業へ入社し人事部へ配属。入社時から人事を経験し、アシスタントとして採用コーディネーターを担当。人事としてのキャリアアップを目指して転職。

 

②外資系金融企業:20代後半

 ⇒同業となる外資系金融業界で人事ジェネラリストとして転職。入社時はフロントオフィスの人事を担当し約3年経験。その後バックオフィス担当の人事へ異動となり約2年在籍。

 

③外資系人材転職エージェント:30代前半

 ⇒採用に関わる業務を専門に担当したく転職エージェントへコンサルタントとしてキャリアチェンジ。過去の経験を活かし金融業界を担当し、現在のマネージャー職に至る。

 

学生時代から金融業界で働くのが夢であったため、新卒で金融業界への入社に成功。ビジネスに直結しないバックオフィスへの仕事に興味があったため、入社後すぐに人事へ配属。アシスタントから始め、人事ジェネラリストを経験し、人事の仕事たるものを2社で学びました。金融業界ではフロントオフィスとバックオフィスで働く人のキャラクターやカルチャーが全く異なるため、違う企業で働いているのかの様な経験が出来た。人事ジェネラリストとして経験した中で、人材が枯渇しており、企業が求める人材の理想と、候補者が描く企業へに理想像がなかなかマッチしないと感じ、採用に特化した仕事である人材紹介会社へキャリアチェンジ。担当業界は過去の経験を活かし、金融業界に特化しており、主にバックオフィス人材のコンサルタントとして活躍中。日々コミュニケーションの多くは英語で行っており、現在3名の部下を持つマネージャー職を担当。

 

企業の中で社員の管理をする人事ジェネラリストという仕事と、転職エージェントの仕事は全く異なり、今は人事の知識や経験よりも、営業に関するセールス実績が求められます。今までとは異なるKPIの達成を目指していますが、人事の経験を活かすことも出来ると実感。人事ジェネラリストでは人事的な労基に関する知識から、従業員のキャリアアップ、スキルアップをアドバイスする立場にいました。そのため、私自身がキャリアアップに関する知識を豊富に持つ必要があり、様々な方法で独自に勉強し、実際にキャリアアップを成功させた人達とのネットワーキングを構築し、彼等の成功例をベンチマークとし私自身の知識へと繋げてきました。今は転職エージェントとして転職希望者に対してのアドバイスを行っていますが、人事ジェネラリストでの経験を活かすことができ、かつ企業のリクルーターの立場も良く理解しています。将来は起業し転職エージェントを立ち上げることを目指し日々精進しています。

 

キャリアアップとは?

企業で勤務する以上、社内でのキャリアアップを目指す事がビジネスマン・ビジネスウーマンの課題だと思っています。社外に目を向け転職をするのも一つの方法であり、社内・社外には様々なチャンスが広がっています。どのチャンスを手にするかはあなた次第です。その目の前に広がるチャンスをどの様に手にするか、という視点でキャリアアップというテーマに記事を執筆しています。実は目の前に人がる数多くのキャリアアップのチャンスを見過ごしている人が多く、チャンスは自分自身で掴むしかありません。そのチャンスをいかに手にし、かつそのチャンス自体を増やす事でキャリアアップへの近道となると考えています。日々頭の中にキャリアアップへのアンテナを張っていれば、あなたは必ずそのチャンスを手にする事が出来ます。主に人事ジェネラリストとしての経験、そして現職の転職エージェントの視点でキャリアアップに役立つ情報を発信しています。

 

転職希望者へのアドバイス

人事ジェネラリストと転職エージェントを経験し、年齢とともにキャリアを順調に積む時代は終わりを向けています。10歳以上も年が離れた部下を持つ若手のマネージャーもたくさんいれば、20代でマネージャーを経験する人も数多くいます。それぞれ自身でキャリアアップを実現した人達で、目の前にあったチャンスを掴んだ人達です。人それぞれでキャリアアップの定義は異なると思いますが、あなたが思うキャリアアップを実現するためにも、常にビジネスに目を向け、最新のマーケット情報を知る様にしましょう。正しい知識を多く持つ人は、必ずキャリアアップが実現出来ます。チャンスを待っている姿勢では、キャリアアップを実現するには非常に時間がかかるでしょう。