転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

退職面談での『すべき事』と『すべきではない事』

転職キャリアアップ - 退職面談での『すべき事』と『すべきではない事』あなたが退職の意思を示した場合、担当の人事から連絡が入り退職理由を教えて欲しいと言われることは一般的なことです。人事はなぜその人が会社を辞める決断をしたのか理由を知る必要があり、時には引き留めの対象となるケースもあります。この人事とのミーティングでは退職に至った理由から、在籍していた間に感じたポジティブなこととネガティブなことを聞かれるでしょう。企業にとっては、会社を去っていく人の意見は非常に重要であり、今後の退職者を防ぎ、必要であれば組織を変えることも検討しなければなりません。特に外資系企業では、リテンション(Retantion)という言葉が日々使用されており、人材不足の現代において特にパフォーマンスが高い人材が退職の意志を示した場合、昇格や昇給によって引き留めるケースも多々あります。

 

退職ミーティングで期待することとは?

一般的な方法は、人事との面談やミーティング、時な指定の書類に退職理由などを書き込む方法です。人事との面談以外にも、直属の上司が同席することもありますが、退職理由を聞かれ場合には、必ず良かった点と不満に感じていた点の両方を伝えることをお勧めします。そして、不満に感じていた点を退職理由に繋げることで、一本の線が通った退職理由となります。さらに重要なポイントは、退職理由が会社へのグチにならない様に気を付けましょう。

 

すべき事 - プロフェッショナルな態度で臨む

他のミーティング同様に、プロフェッショナルという意識を持ってのぞむこと。そして、ネガティブな態度や意見を口にしない様に気を付け、可能であれば一つでも会社に対しての感謝の気持ちを伝えましょう。最後の最後までネガティブな人という印象で会社を去るよりも、こんな人材を逃して悔しいという気持ちにさせるぐらいの方が良いでしょう。

 

すべき事 - 何を伝えるかが重要

ミーティングの場では出来るだけ正直になる必要があります。しかし、人事や上司に嫌なイメージを植え付ける場ではありません。事前に上司を前に、尊敬の念を持って最後までプロフェッショナルな態度で話せる様に練習をするのも良いでしょう。間違っても感情的な態度にならない様気を付ける必要があります。

 

すべきではない事 - 不満を言い失礼な態度をとる

退職に関するミーティングはグチを言う場所ではありません。会社や上司に対して不満があれば、在籍している間に時間を設けて伝えるべきことです。退職が決定しているため、丁寧に接し、誰かを傷つける発言は控えましょう。最後の最後に溜まった不満をブチまける人がおり、「今までずっと言いたかったのですが」という人がいますが、聞いている人事としては、「なぜ今まで言わなかったの?」という疑問が残ります。

 

すべきではない事 - 新しい仕事の自慢

新たな仕事や環境を見つけている人の場合、それが理由の一つで退職する場合もあるでしょう。退職ミーティングの目的はあなたの退職理由を知るための場です。人事や直属の上司に自慢をする必要があるでしょうか。単純にそしてシンプルに、新しい仕事は自分にとってよいチャンスになる、年収が上がる、役職を手に出来る、これだけで構いません。明確な理由を伝える以外、無駄は省いてしまいましょう。

 

すべきではない事 - 小さい人になるな

ある日会社からランチの支給がなくなったから退職を決めた、隣の同僚が仕事中に爪を切るためうるさいので退職を決めた。。。本当にこれが理由の人もいるかもしれません。しかし、これをそのまま伝えた所で誰が真剣に話しを聞いてくれるでしょうか。最後までプロの姿勢を忘れず、良い印象を残せる様に臨みましょう。最終出勤日まであなたはその会社の社員です。そしてその仕事のプロである事を忘れないで下さい。

 

時に退職時に会社の文句を言い、周りの人にもグチを言いふらす人がいます。そうするとあなたの印象は悪くなり、今後あなたのネガティブな噂を耳にした人、ずっとあなたの印象が悪いまま残るでしょう。世の中は小さなものです。今後将来的に、その人達と一緒に働く可能性もあります。あなたが転職活動中に面接官として会う可能性もあります。その際に、その人達はあなたを採用するでしょうか。退職をスマートにそして最後までプロフェッショナルに出来る人は、今後も良い印象を残したまま新たなスタートがきれる事でしょう。

 

転職キャリアアップ - キャリアアップ  執筆者 | Adam - アダム | キャリアアップ担当