転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

転職面接の最後に面接官へ聞くべき効果的な9つの逆質問

転職キャリアアップ - 転職面接の最後に面接官へ聞くべき効果的な9つの逆質問転職希望者にとって忙しい仕事の時間の合間に転職活動を行う事はもはや簡単な事ではありません。転職面接時に聞かれるであろう質問への対策だけではなく、転職面接最後に待ち受けている逆質問に関してもしっかりとした準備が必要です。転職面接の最後には2個から3個面接官へ質問が出来る時間が待っています。その逆質問では、あなたがいかに求人情報や企業に関する情報の下調べが出来ており、今後業界やその企業がどういった方向性を持ってビジネスが展開されていくのか知っておく必要があります。そして逆質問によって、あなたが将来的に嫌な上司にあたるリスクを避ける効果も期待出来ます。

 

逆質問転職活動であなたが希望するポジションを勝ち取るチャンスとなります。そのため、面接官がいつも聞かれる様なありきたりな質問でそのチャンスを無駄にはせず、あなたの逆質問で面接官があなたの事をよりポジティブに感じ、面接結果を良い方向へ導ける様にしてみましょう。転職面接の最後に聞くべき逆質問は下記の内容を含む事が重要です。

 

・あなたがそのポジションに適した人材だと知らせる
・あなたの自信を見せる
・あなたのコミットメントを証明する
・企業の今抱える問題を理解する
・あなたが信頼出来る人材だと伝える
・あなたが他の候補者より優れていると証明する

 

企業が抱える問題に対して事前に理解をしていれば、あなたは企業が抱えるギャップを埋める事が出来る人材であると証明する事も可能です。企業が抱える問題に関しては、事前に把握出来ない事もあり、転職面接時に面接官から聞ける情報かもしれません。つまり転職面接の限られた時間の中で、より適切な逆質問を考えるスキルも求められるでしょう。では、具体的にどの様な逆質問転職面接の最後に聞くべきなのでしょうか。ここでは9つの逆質問例をご紹介。

 

企業に関する逆質問

①企業が最も大事にしている価値観とは?そしてあなたがその価値感に対してどの様に貢献出来るのか?

②企業が求める企業カルチャーとは?カルチャーフィットが合う人材とは?もしくは企業が排除したいカルチャーとは?

③企業が成功したと感じる瞬間はいつか?どの様に企業の成功を測っているのか?

 

ポジションに関する逆質問

④業務プロセスの中で他のチームと一緒になって働く機会はあるか?

⑤このポジションが属するチームには何が足りていないのか?

⑥入社して60日以内に私が必ず達成しなければいけない成果とは何か?

 

面接官に関する逆質問

⑦今の会社へ入社してどれぐらいか?その理由は?

⑧最も楽しさやモチベーションが高くなる瞬間は?

⑨今の仕事が何をもたらしてくれましたか?

 

その他の逆質問(状況に合わせて聞いてみましょう)

・企業が5年後に目指している姿とは?

・メンター制度はあるか?もしくはあなた自身がメンターになる機会はあるか?

・私の成功や成果はどの様に評価しますか?

 その成功や成果を入社後半年で達成した場合、その後はどうなりますか?

・私がこのポジションに足りないと感じるものはありますか?

 

ここでご紹介した逆質問はあなたが応募しているポジションや面接官の役職によって使い分ける必要があります。面接官毎に適した質問が出来なければ、逆質問で面接官を振り向かせるのは難しいでしょう。中には少し面接官に聞いても良いのかろ感じる様な質問もあるかもしれません。それは、転職面接の中であなたが面接官を逆質問で判断するために効果を発揮します。今後一緒に働く上司となり得る人には、少し突っ込んだ質問をしてみるのがお勧めです。優秀な上司なのか、もしくは無能な上司なのかあなたが転職面接で判断しなければいけません。入社後に後悔をしないためにも、逆質問はあなたの時間でもあり、あなたの転職を成功させてくれる時間となるでしょう。

 

転職キャリアアップ - 転職面接 執筆者 | Arie - アリー | 転職面接担当