転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

転職後は最初の90日が勝負!転職後にキャリアアップを成功させる90日ルールとは

転職キャリアアップ - 転職後は最初の90日が勝負!転職後にキャリアアップを成功させる90日ルールとは30代のある程度の経験を積んできたビジネスマンビジネスウーマンであるあなたは、転職活動も長期化するかもしれません。2次面接や3次面接だけではなく4次面接や5次面接まで及び仕事を抜け出して転職面接へ向かう事でしょう。しかしそんな長かった転職活動も無事オファーをもらった事で終了し、あなたは新しい職場でのポジション、新しい生活に胸を躍らせている事でしょう。

 

しかし新しい転職先には不安もあるでしょう。あまりにも見えない事が多く、どんな人が働いているのだろう、会社はどんなカルチャーを持っているのだろうかと入社前には色々な事を考えてしまいます。

▼企業カルチャーに関する記事はこちら▼

 

しかし転職先では最初の印象が重要であり、入社後90日間が勝負なのです。なぜ90日かと言うと一般的に転職で入社して中途採用者の試用期間が90日(3か月)で設定されている事が多いためです。

 

 

入社後1週目

最初の1週間目は誰でも緊張し慣れない環境に日々ストレスを感じるかもしれません。しかし1週目は入社後最も重要な期間であり、あなたを良い印象に思うか悪い印象に思うのかはこの1週間目で決まるでしょう。最初の1週間目はまず学ぶべき事を学び、チームに少しでも溶け込む事がゴールです。

 

1. しつこいぐらいに自己紹介

ある調査では人は自信が無い時事は大きな不安を引き起こすという結果が出ています。あなたの1週間目もその様に感じるかもしれません。しかし新しい人が入社した時には社内でもちょっとした噂になります。噂にすらならない人は何も印象が無い人でしょう。

 

そのため入社後1週間目にはあなたがすれ違った人すらとにかく自己紹介をしましょう。あなたの名前と部署だけでも構いません。とにかく積極的にあなたから自己紹介をします。少しでも噂の新入社員になるためには自己紹介しかありません。

 

2. 分からない事は残さず質問の繰り返し

新入社員の印象に関するある調査では、とにかく最初に質問が多い新入社員へは良い印象を持つ人が多いとの結果が出ています。あなたのマネージャーとなる人や同僚、部下となる人でも構いません。とにかく分からない事があれば質問をしてクリアにしましょう。

 

的確な質問が出来るとあなたへの印象や評価に変わります。的外れな質問をするとそれだけであなたの印象は1週目から悪くなるでしょう。

 

3. 気になる人はランチへお誘い

入社初日にはマネージャーがあなたの事をチームへ紹介しお互い簡単な自己紹介をする中で、あなたが興味を持った人がいればランチへ誘ってみましょう。特にあなたの隣に座っている人や、あなたの目の前に座っている人はランチにも誘いやすく、ランチにはどのお店へ行くのかという質問を口実に誘ってみるのがお勧めです。

 

新しい職場では知っている人が周りにいないのは心細く感じ、仕事の生産性も下げてしまう恐れがあります。ランチはお互いの関係性を構築する非常に簡単な方法であり効果的な方法でもあります。ある調査では同僚との関係性が良好だとその分生産性が上がるというデータもあります。

 

4. オフィスツアーを依頼

企業の規模にもよりますが、従業員が多い企業程オフィスが複雑で、最初はなかなかオフィスのレイアウトを覚えられないかもしれません。その場合、まずはオフィスツアーを依頼してみましょう。どこに何があって、どこにどの部署があるのかをチームの人へ教えてもらいましょう。

 

オフィスツアーは同僚やあなたよりも若いチームメンバーが連れて行ってくれるかもしれませんが、ちょっとしたオフィスツアーの時間でもその人と仲良くなるチャンスです。最初の1週間目はとにかくお互いに話す機会を作る事が重要ですので、あなたからオフィスツアーを依頼してみると良いでしょう。

 

まとめ:1週目はとにかく見極め

緊張の1週目に、あなたは多くの仕事や業務を学ぶ事でしょう。その間にあなたがすべき事は、あなたという人材がこの会社でどんな価値を生み出し、どんな貢献が出来るのかを見極める必要があります。

 

そして今後あなたが達成しなければいけない具体的な目標やゴール、KPIをしっかりと理解し、それをあなたのマネージャーと共有しておく必要があります。

 

あなたの上司であるマネージャーには、今チームが抱える問題点を聞き出し、あなたがその問題に対して何が出来るのかを考えましょう。チームが抱える問題点は今後必ずあなたにも影響を及ぼすでしょう。大きな影響が出る前にあなたが問題解決に関わる事で、あなたの今後のキャリアアップに良い足跡を残す事が出来、あなたの評価に繋がります。


入社後1ヶ月目

最初の1ヶ月間はとにかく仕事を覚え、少しずつあなた一人で仕事を進め始めている事でしょう。そんな最初の1ヶ月目の目標は、あなたが持つスキルが具体的に何にいかせ、新しい会社ではどんなスキルがまだ足りないのかを見極める必要があります。そしてあなたのスキルがチームの中でどの程度貢献出来ているのかを理解する必要があります。

 

1. チームのスキルセットを理解

あなたが今後会社で活躍しキャリアアップを実現するためには、まずあなたの周りを十分に理解する事が重要です。あなたのチームメンバーの個々が持つスキルを理解し、強み、弱みまで理解する事が出来れば十分です。

 

チームが持つスキルを理解する事で、あなたのスキルや経験がどの様な形で貢献出来るのかを知り、今後あなたが積極的に取り組むべき業務が見えてくるでしょう。

 

2. 新しい習慣を身に付ける

新しい職場では新しい習慣が必要です。日々の仕事の仕方から、スケジュール管理、To Do Listの作成等1ヶ月の間に体験した事をもとに、あなただけの働き方を習慣化してみましょう。今後キャリアアップをしていく中で、効率的にそして高い生産性を保った働き方はカギとなります。

 

3. マネージャーと同じ意識を持ち共有

今後本当にあなたがキャリアアップを目指すのであれば、あなたのマネージャーとしっかりと話しをし、同じゴールへ進む必要があります。時にマネージャーと違うゴールへ走ってしまう人がいますが、その場合あなたがどれ程成果を出してもあなたが想像している評価は得られないでしょう。

 

あなたが今後達成すべき事はあなたのマネージャーが達成したい事と同じ出なければいけません。そしてお互い達成すべき目標の優先順位も同じでなければ意味が無いでしょう。

 

マネージャーとは常にお互いの考えを共有し、時にはアドバイスを求めるのも良いでしょう。チームとして機能し、あなたがチームの一人として評価されるためにもマネージャーとの情報共有は重要なポイントです。

 

まとめ:ある程度の認知が決まる期間

一人で働く寂しさからもある程度解放された1ヶ月目には、まだ色々な事を質問出来る期間です。今後分からない事が聞きづらい期間に突入していきます。分からない事は全てクリアにし、積極的に質問を続けましょう。質問をする事で回りのチームとの関わりも増え、コミュニケーションを生み出してくれるメリットもあります。

 

入社後90日

試用期間が終わるにはあともうすぐです。試用期間を無事に終えるためにも、最初の90日間で何かしらあなた自身が率先して業務を進める必要があります。何かプロジェクトを任される、新しい業務に取り組んでみる、あなたがリーダーとなる等何でも構いません。90日の間に何かしらの結果を残さなければいけません。

 

1. チャレンジし続ける

90日の間にあなたは様々な新しい事を目にするでしょう。前職とは違ったカルチャー、見た事もない業務、社内政治等新鮮な環境を感じる事が出来る90日です。その中であなたが関わる事が出来る事へは積極的にチャレンジをしていきましょう。目の前にある新しい事へは実際に足を踏み入れなければ見えない事も多く、あなたの目で見て実際に体験する事が重要です。

 

2. 働きやすい環境作り

90日の間に新しい環境の大半は理解出来たはずです。その中であなたの働き方を少しずつ回りに理解してもらう事も重要です。例えば、言われた事をただ『はい』とこなすイエスマンになってしまうと、今後あなたはその会社でずっとイエスマンのままです。

 

時には断らなければいけない仕事もあります。その場合今後の働き方も考えて『NO』と言いましょう。あなたの今後のキャリアアップに繋がらない仕事や業務はあなた自身で排除出来るからです。

 

3. マネージャーから90日間のフィードバックを得る

試用期間が終了する前にマネージャーとのミーティングの場を設けている企業もありますが、もしその様な機会がなければあなたからマネージャーへフィードバックの場を設けて欲しいと依頼してみましょう。今後の働き方を含めて、マネージャーがあなたをこの90日間でどの様に評価しているのかを理解する必要があります。

 

ポジティブなフィードバックもネガティブなフィードバックも、まずは受け入れ今後のキャリアアップに活かせる情報として消化すると良いでしょう。

 

4. 前職の同僚へ連絡

あなたの以前の同僚もあなたの新しい職場での仕事が気になっている事でしょう。そこで以前一緒に働いていた人と飲みにでも行き、新しい職場での話しをしつつ今後職場が違っても関係性が続く様な距離感を作っていく事が重要です。

 

ある調査では転職した人の約65%が最初の90日間で一度は再度転職したいと感じた事があるそうです。本当に転職するかどうかは別として、最初の90日間で多くの人が何かしらネガティブな印象を持った事は間違いないでしょう。

 

まとめ:お互いに見極める期間

90日という試用期間はあなたのマネージャーがあなたと今後も働きたいと感じるか精査する期間です。そしてあなた自身も新しい会社で今後も働いていきたいのか、今後キャリアアップが出来そうなのかを判断する期間です。

 

間違った転職だと感じたら、再度転職活動を視野に入れるのも良いでしょう。あなた自身もしっかりとあなたのマネージャー、同僚、あなたの担当する業務が今後プラスになるのか見極めましょう。

 ▼30代へお勧めの転職エージェントに関する記事▼

 

転職キャリアアップ - キャリアアップ  執筆者 | Adam - アダム | キャリアアップ担当