転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

派遣社員や契約社員として働く事で実現可能な5つのメリット

転職キャリアアップ - 派遣社員や契約社員として働く事で実現可能な5つのメリットもしあなたが今の仕事とは違ったキャリアを検討したり、今よりも柔軟な環境で働きたいと感じた場合、派遣社員や契約社員での仕事が実はお勧めです。日本ではあまり良いイメージを持たない人が多いかもしれませんが、海外ではキャリアアップのために自ら派遣社員の雇用形態を選択する人も多く、経験やスキルによっては正社員よりも収入が多い人もいる程注目されている働き方です。アメリカでは年間約1,500万人の雇用を生み出しているというデータもあります。

 

家族の事情や個人的な事情で働いていない期間がある人や、社会復帰のための第一歩として派遣社員や契約社員での働き方を選択する人も多くいます。そして企業側も、正社員の穴を埋めるために短期的に雇用する場合が多いですが、アメリカでは実に3分の1の派遣社員や契約社員は最終的に正社員に雇用が切り替わり、その内3分の2の人がオファーを承諾している様です。つまり将来キャリアチェンジした仕事で正社員として働ける可能性がある魅力的な働き方かもしれません。そんな派遣社員や契約社員として働く上での見逃せない5つの魅力を見ていきましょう。

 

1. あなたの経験を多様化出来る働き方

派遣社員として働く魅力の一つが、短期間で色々な仕事を体験出来る事です。そして小規模な会社から、大企業にいたるまで選択肢が非常に幅広い特徴もあります。そして主にスキルの向上を目指す人にお勧めの働き方で、いつかは挑戦してみたかった仕事にも挑戦出来るケースもあります。しかし未経験の場合正社員で仕事を見つける事が非常に難しいですが、派遣社員の場合は未経験者でも働けるチャンスがあります。そして色々な仕事に挑戦する事で、どんな環境にもすぐに適応出来るスキルを身に着けられ、ソフトスキル向上も見込める働き方です。

 

2. 働けるチャンスが広がる

企業が派遣社員や契約社員を雇用する理由は多岐に渡り、近年はプロジェクトベースのポジションが増えてきています。正社員の人件費とは別に予算が組まれる事が多く、主にIT関連のソフトウェアに関する短期間のプロジェクトなどがあります。外資系企業の場合は、社員数が厳密に管理されており、会社(本社)から指定されている人数以上は採用してはいけないのが一般的です。

 

しかし業務量の変化に伴いマネージャーは人材の採用を会社へ依頼しますが、なかなか1名の採用も認められないのが現実です。そこで派遣社員や契約社員を採用して短期的なサポートを依頼するケースが多くなります。短期間での仕事ぶりを判断し、もしその人のパフォーマンスが良ければ正社員にすべきという判断になり、無事正社員となる事が出来ます。

 

3. 人材ネットワークの拡大

同じ企業で働く事で、新たなネットワークが形成され知り合いや友人が出来ます。この社内で築けるネットワークは将来大きな助けとなる事があり、派遣社員や契約社員として働く事で色々な会社の社員の方達と繋がる事が出来ます。色々な会社を渡り歩く事でさらに多くの人を知り合えるため、将来仕事を紹介してもらえたり、再度一緒に働ける可能性も秘めています。

 

近年採用手法の中でも社員紹介という文字通り社員の知り合いを紹介して採用する企業が増えてきています。採用費の削減と、社員の知り合いという安心感から社員紹介制度を強化する傾向になります。ネットワークが広がる事で、知り合った人達が今後違う会社で働いた場合に、社員紹介で新たなチャンスを手に出来るかもしれません。

 

4. 社会復帰の起爆剤になる

子供が出来て少しの間働いていない期間がある人や、仕事を辞めて少しリラックスをしたいと数か月間のブランクを持つ人は、今度再度社会復帰が出来るか不安に感じる事でしょう。履歴書にはブランクが出来てしまい、正社員求人の面接を受けてもなかなか書類選考で通らない経験をすると、再度憂鬱になってしまい社会復帰を楽しめなくなるかもしれません。

 

しかし派遣社員や契約社員として働く事は、社会復帰を可能にしてくれ、かつ履歴書に書けるスキルや経験まだ与えてくれるでしょう。派遣社員で社会復帰が実現出来れば、また以前の様にキャリアアップのプランを考えたり、今後のキャリアゴールの設定まで出来る様になります。

 

5. 新たなキャリアアップへの転換

今日の転職希望者にとって、柔軟性と自主性は今後のキャリアアップを形成する上で非常に重要な要素なってきます。そのため派遣社員や契約社員として働くスタイルを正社員と同等に考える人も増え、自信のキャリアアップに繋がるのであれば、働き方に捕らわれない考え方を持つ事が出来ます。実は派遣社員として働く事で、派遣会社から非常に良い福利厚生の利用が出来るケースもあるため、正社員として働くよりも良い条件である可能性も秘めています。

 

ここまで5つの派遣社員や契約社員として働くメリットを見てきました。何か理由があって働く人もいれば、今後のキャリアアップのため短期間での仕事を選択する人もいます。しかし、派遣社員や契約社員として働くことはあなたが想像している以上に良い面が多いため、目的に合わせて雇用形態は柔軟に検討してみましょう。正社員で働く事が全てではない、ということを受け入れてみましょう。

 

転職キャリアアップ - キャリアアップ  執筆者 | Adam - アダム | キャリアアップ担当