転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

転職での動画面接を成功させる5つの秘訣

転職キャリアアップ - 転職での動画面接を成功させる5つの秘訣テクノロジーの発展のおかげで、多くの企業でSkypeLINEを使った遠隔で行えるビデオ面接という手法を導入する事が出来る時代になりました。企業としてはビデオ面接を導入する事で時間をコストを抑えられるだけではなく、ポテンシャルのある候補者を見つけやすくなるメリットが最も大きいと言えるでしょう。ここではそんなビデオ面接の対策方法ではなく、もう一つの動画を使った近年主流となっている面接手法、"動画面接"に関しての対策を度紹介します。

 

動画面接とはその名の通り、転職希望者が事前に企業側から指定された質問に動画で答え、その動画を企業へ提出するという手法。特に新卒採用で導入する企業が増え、企業は少ない時間でより多くの候補者を選考出来るメリットがあり、候補者全員に同じ質問をする事で、同じ質問に関する回答でスクリーニングが可能となります。しかし転職希望者にとって(特に動画面接を過去に経験した事が無い人)は、非常にとトリッキーであり、特に限られた短い時間しか与えられていない中、質問に答えるのは非常に難しいと感じるかもしれません。

▼ビデオ面接に関する記事はコチラ▼

 

そのためここではもしあなたが動画面接をしなければならない状態になった時に備え、5つの動画面接対策をご紹介。

1. 普通の面接と同様に考える

動画面接を他の一般的な面接と同様にとらえる事は簡単な事ではない事は理解しています。しかし動画面接であろうとも、対面式の面接であっても、面接官にとって転職希望者の第一印象は非常に重要なカギとなります。まず服装には注意が必要です。動画面接だからとカジュアルな服装で挑むのはご法度。スーツでしっかりとマナーある動画面接に挑みましょう。業界や職種によってはスーツでなくても良い場合もありますが、カジュアルになり過ぎない様注意が必要です。

 

2. とにかく練習、練習、そして練習!!

他の面接とは異なり動画面接のメリットは事前に質問内容が企業から知らされている事です。そして決められた動画面接の提出期限までには十分な時間があり、質問に対してあなたが考えられる最高の回答を考える余裕がある点です。そのため回答が決まれば、後は何度も何度もとにかく練習をするだけです。動画面接のための練習として最もお勧めの方法が、家族や友人にその動画を見てもらう事です。第三者の目線のアドバイスは非常に有益であり、あなた自身でも何度も何度も動画面接の動画を見直してみましょう。

 

3. あなたはロボットではありません

少し変に聞こえるかもしれませんので説明いたします。動画面接の場合、先程お話しした様に何度も何度も練習が出来るため回答がセリフ口調になってしまい、面接官にロボットの様な話し方に聞こえる場合があります。しかし動画面接の場合は自然な話し方、表情を心がけましょう。転職面接の場合、面接官は動画面接で候補者のパーソナリティも知りたいと感じます。そのため単調な話し方で無表情であれば面接官はあなたに興味を持たないでしょう。声の抑揚をつけ、身振り手振りも加えた自然な話し方をしてみましょう。

 

4. 焦らない事

動画面接は提出期限があるとお伝えしました。そのため期限までに仕上げなければいけないとプレッシャーに感じてしまう事があります。でも安心して下さい。あなたにはたっぷり回答を考える時間があります。企業の面接官は、転職希望者を選考する際に回答に自信があり、コミュニケーションスキルが高く、プレッシャーの中でも落ち着ける人材を欲しがる傾向にあります。そのためあなたがもごもごと話していたり、回答に焦っていたり、時間通りに話さなければいけないと面接官に感じさせてしまうのはやめましょう。動画面接の撮影の前には、まず一呼吸おき、あなたが動画を通して面接官に何を伝えたいのかを明確にし、時には自信がある人を演じる必要もあるかもしれません。

 

5. 動画面接の状況を最大限に活かす

一般的な対面面接の場合、企業のオフィスを訪問し、企業のミーティングルームで面接をします。しかし動画面接はあなたの自宅で撮影が可能です。これは非常に有利であると理解しましょう。面接官は動画から見える情報のみでしかあなたを判断出来ません。Skypeを使ってのビデオ面接の様に、動画面接を撮影する際にあなたから見える位置にポストイットを張り、回答を見ながら話すのも効果的です。(目線には注意が要注意ですが。)

 

この5つのポイントを押さえておくとあなたの動画面接はよりよい動画となる事でしょう。あくまでも対面式の面接と同様に考える必要がありますが、動画面接の方が準備ができ、かつ何度も撮影が出来るメリットがあります。あなたが本当に企業へ伝えたい内容が話す内容とそして話し方、表情を含めて伝わっているのか確認をしましょう。動画面接を撮影するのはあなたの家、部屋です。緊張する必要はありません。何度も練習をした成果を是非発揮してみましょう。

 

転職キャリアアップ - 転職面接 執筆者 | Arie - アリー | 転職面接担当