転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

あなたの転職活動を手助けしてくれるリファレンスを頼むべき5人の知り合いとは

転職キャリアアップ - あなたの転職活動を手助けしてくれるリファレンスを頼むべき人とはもしあなたがキャリアアップを目指して転職活動をしているのであれば、最終選考に差し掛かったあたりでリファレンスの提出を求められる事があります。リファレンスとはあなたの事をあなた以外の人が推薦する推薦状の様なもので、あなた自身でリファレンスを集め提出する場合もあれば、転職面接を受けている企業やあなたが活用してる転職エージェントが指定の人へあなたのリファレンスを要求する事もあります。

 

そんなリファレンスはあなたの選考結果を大きく左右する事もある程、転職面接の中では非常に重要なキーとなるでしょう。そのため、あなたは転職活動を始める際には、あなたを推薦してくれる人を数名ピックアップしておく必要があり、あなたを推薦してくれる人を選定しておきましょう。

 

あなたを推薦しリファレンスをしてくれる人との関係性を一度考える必要があります。あなたとはどれぐらい密に仕事をしていた人でしょうか。最近いつまであなたと仕事を一緒にしていた人ですか。あなたのスキルや経験をどの程度説明出来る人でしょうか。つまりあなたはあなたのリファレンスをしてくれる人を正確に選ぶ必要があり、あなたの強みやあなたが持つ売りを正確に説明出来る人である必要があります。あなたがキャリアアップを実現出来る転職を成功させるために必要な5人のリファレンスに適した人を選ぶアドバイスをご紹介。

 

1. 前職の雇用主

企業規模が小さければ、あなたが過去に働いた企業の社長やCEOにあなたの事を推薦してもらいましょう。しかし一緒に働いていた時期に密に働いていた必要があり、あなたの事を説明出来る人でなければなりません。しかし社長やCEOからのリファレンスは非常に大きな力を発揮しますので、一緒に働いた経験があれば是非あなたのリファレンスを一度お願いしてみましょう。

 

2. 同僚(元同僚)

過去に一緒に働いた経験がある人(必ずしも上司である必要はありません)はあなたの成果や働きぶりをよく理解している人のはずです。あなたとどの様な関係であったのか、あなたとどの様な仕事をどの様な関係で一緒に携わったのか、そしてあなたのチームワークはどうだったのか、を同僚であれば説明が出来るはずです。同僚だからこそ説明が出来るチームワークに関するリファレンスは大きな力を発揮してくれる事でしょう。チームワークスキルはソフトスキルと呼ばれるれっきとしたスキルの一つです。

▼ソフトスキルに関する記事はこちら▼

 

3. 教授や講師

大学時代に密に関わった教授であればあなたの事をポジティブに伝えてくれるはずです。社会人になってからMBAや専門性のある学校へ通った人であればその際の講師にリファレンスを依頼する事も可能です。あなたがどんな勉強をし、何を学び、どの様な成績で卒業したのかをリファレンスの中で説明してくれる事でしょう。

 

4. スーパーバイザー

前職であなたを管理していた様なスーパーバイザーの立場にいた人や上司にお願いするのも一つの方法です。仕事以外でも、あなたが参加しているボランティア活動のリーダーやスーパーバイザーで、何かを一緒に成し遂げた事がある人であれば構いません。あなたの人間性をよく知り、あなたがどの様に組織に関わっていたのかをリファレンスの中で説明が出来る人達です。仕事以外のリファレンスを獲得する事は、仕事に関するリファレンスと良い相乗効果を得らえる事でしょう。

 

5. 上司(元上司)

もし過去一緒に働いていた上司へリファレンスを依頼出来るのであれば最も効果を発揮するのが上司の言葉です。あなたの元直属の上司である必要があり、あなたを評価していた立場の人です。元上司であれば、より具体的なあなたの強みをアピールでき、あなたがどんな仕事をしていたのかも具体的に説明が可能です。転職をし会社を離れる場合には、上司とは今後の長い付き合いをしておくべきなのはリファレンスの際に大きな協力となるのも理由の一つです。

 

リファレンスは特に外資系企業に多く導入されていますが、日系企業でも導入される様になりました。海外では一般的な転職活動のプロセスの一つですが、日本でも今後さらにリファレンスはより一般化すると考えられます。目の前に全く同じ経歴や経験を持った転職希望者がいた場合、魅力歴なリファレンスを持つ候補者の方がより魅力的に映る事は異論は無いでしょう。そしてリファレンスはあなたが過去に関わった人と今も良い関係性を保てているのかを示すツールにもなり得ますので、是非キャリアアップを実現出来る転職を成功させてみましょう。

 

転職キャリアアップ - 転職面接 執筆者 | Arie - アリー | 転職面接担当