転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

転職を成功させる5つの賢い方法

転職キャリアアップ - 転職を成功させる5つの賢い方法近年の転職マーケットは競争が激化しており、一つの人気なポジションを多くの候補者がしのぎを削って争います。その中でも、そのポジションを手に出来る人はたった一人であり、人材不足が叫ばれる現代において、逆行している様にも思えます。転職活動をする候補者は、面接官にいかに気に入られるのかに注力し、何度も何度も面接に足を運ぶケースも少なくありません。そんな競争が激化している転職マーケットにおいて、希望するポジションを手に入れる賢い5つの方法をご紹介。この方法を実践することで、激しい競争から一歩先に行けるでしょう。

 

1. 履歴書、職務経歴書、カバーレターで印象付ける

転職の際に必ず必要となる履歴書職務経歴書、そしてカバーレターはパーフェクトな出来栄えでなければなりません。そんなこと言われなくても分かっている、と思った人もいるでしょう。しかしあなたは一体何人の優秀な転職希望者が書類の誤字脱字で激しい競争から脱落したのかご存知でしょうか。まずは、周りにいる友人や同僚にあなたの書類を見てもらい、誤字脱字が無いか確認をしてもらいましょう。たった5分から10分であなたの面接結果が大きく変わる可能性がありますので、当たり前のことですが、まずは書類のチェックが重要です。

 

2. オンラインプロフィールを作成

面接官は面接前や面接後に何をしているか知っていますか。近年のトレンドは、インターネットで候補者の情報を調べるのが一般的となっています。上司となるマネージャーの人は、面接後すぐにあなたの名前をGoogleで検索するかもしれません。そのためLinkedInなどを使って、プロフェッショナルなプロフィールの作成をしましょう。

 

プロフィールは履歴書職務経歴書と同じ内容である必要があります。あくまでもプロフェッショナルなプロフィールでなければいけない点を忘れないで下さい。もし、FacebookやTwitter、Instagramに酔っぱらった時の写真が掲載されている場合、転職活動中は削除しておくことをお勧めします。特に年配の面接官はFacebookでの検索が案外得意な人が多いです。

▼LinkedInの活用法に関する記事はコチラから▼

 

 3. 出会うべき人と出会う

もしあなたが面接官として、2名の候補者から採用する人を選ばなければいけない場面を想像してみて下さい。2名のうち1名は、あなたの友人の知り合いで面接前に非常に良い話しを耳にしていました。経験やスキルが全く同じであれば、友人からの紹介である候補者にオファーをするのではないでしょうか。

 

人とのコネクションや、ネットワーキング転職活動を成功させる人は数多くいます。もし、あなたの周りに転職先で働く知り合いがいたり、どうにかその会社で働く人と出会えるのであれば、まずは知り合いになっておくことをお勧めします。面接官にあなたの良い情報を広げてくれるかもしれません。最後の後押しとなる人伝いの評価は、とても強くポジティブな力を持っています。

 

4. 事前にホームページを検索

転職面接では、何もあなたの経歴をこたえるだけではありません。事前に企業の情報をしっかりと知っておく必要があり、その情報量が時に高い志望度を持っていると判断してもらえるケースがあります。最低でも、面接前に1時間は企業に関する情報をホームページを中心に調べましょう。その企業以外にも業界の情報やマーケットの情報まで調べておくとさらに多くの情報を得られるでしょう。

 

手に入れた情報から面接時に聞く質問を考えておき、質問の質によっては、あなたの周りにいる競合となる他の候補者よりも1歩先へ出ることが出来るかもしれません。候補者が聞く質問の質はその人を判断する材料となることが多く、「出来る人だな」「しっかりと調べているな」と面接官に思わせることが出来る魔法でもあります。あなたをもうひと輝きさせるためのスパイスとなるスマートな質問をこころがけましょう。

 

5. 感謝の気持ちは忘れずに

面接が終わったその日に、感謝の気持ちを綴ったメールを送ってみましょう。面接の中で学んだことなどを織り込み、さらに志望度が高まったという内容の文章です。ここで注意が必要なのは、その日に送るという点です。忙しい面接官の場合、一日に何人もの候補者と会うため、昨日の候補者は顔さえも覚えていないということは多々あります。そしてメールの文章は長すぎると絶対に面接官は読みません。かつそのメールが仇となり選考に落ちるケースもある程です。シンプルかつ短文なメールを作成し、社会人としてマナーある人材であり、スマートなメールを送れる人だという印象を与えましょう。実際、感謝のメールの効果は絶大です。

 

転職キャリアアップ - 転職面接 執筆者 | Arie - アリー | 転職面接担当