転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

心理学的観点から見るあなたの生産性に影響する3つのネガティブな要因

転職キャリアアップ - 心理学的観点から見るあなたの生産性に影響する3つのネガティブな要因金曜日のある日、コーヒーを片手に週末前に目の前の仕事を片付けようとしているあなた。パソコンを前にメールやチャットを確認し始めましたが、ニューサイトが更新されたという通知がスマホに届き、SNSの更新状況が気になってしまい、"7つのスーパーフードがもらたす効果"という記事に目が行ってしまい、友人にメールを返しながら今週末の天気を確認する。。。クライアントからの電話がなるまであなたは仕事を始める事は無いかもしれません。

 

この日常的に起こる動作から見えるのは、仕事をしようとした中何か仕事以外の気になるものに目が行ってしまうと、元の仕事に戻るまで平均して23分15秒もかかるという事実。あなたも思い当たる節があるのではないでしょうか。仕事の邪魔となるものはどこにでも潜んでおり、あなたの時間と集中力をはぎ、あなたの生産性に大きな影響を与えてしまいます。この仕事の邪魔となるものは実は簡単に無視する事が出来ますが、特にネット関連の邪魔をするものに関しては、阻止する事が非常に難しい傾向があります。ネットの通知やタイムライン、友人のSNS更新の情報等は人と繋がっているという感覚を持たせてくれますが、正しい情報が正しい時に流れてくる訳ではありません。

1. 行動による先入観

問題の一つとして、私達は行動によって先入観を持たされる事があります。あまり仕事が上手く進んでいなくても、私達は忙しいのだと信じたい時があり、メールを書きながらチャットを見たり、Netflixを見ながら友人のタイムラインに目を通したりしています。残念ながら、こういった行動は実に無駄が多い行動なのです。ある研究によると、いくつかの作業を同時に行う事で約40%もの生産性を低下させ、IQすら10ポイントも減らしてしまうそうです。私達の脳は一度に二つの行動を同時に行う様には出来ておらず、あなたが二つの行動をしているのは、脳がそれぞれの行動を瞬時に切り替えている行っているだけなのです。ダラダラとした行動は、頭の中でしっかりと理解出来ていないまま行動している事を意味します。

 

私達は気分を高めるために、集中力が必要な事や脳を使う事よりも、何かただ楽しいだけの事をしてしまう傾向にありますが、実はこういった行動が結果的に罪悪感やストレスを感じることに繋がる傾向にあるのです。

 

2. セルフコントロールは有限

ではなぜ私達はスマホに届くニュースサイトの通知や友人のSNSの更新、そしてインスタの更新を見る事を自分でコントロールして無視出来ないのでしょうか。実際は無視出来るはずですが、それは時間に制限がある時だけ。セルフコントロールとは制限や有限の時にしかあまり効果をなさないと言われています。スマホに届く通知を無視する事はセルフコントロールが必要となり、その結果その他の感情や態度、そして考えまでコントロールに時間を費やしてしまいます。つまり最初のスマホへの通知は無視出来たとしても、その日1日中無視し続けるのはそもそもコントロールが出来なくなるでしょう。

 

3. 物足りなさを感じ新しいことへの興味を生み出す

セルフコントロールに関するもう1つの問題として、私達はインターネットから流れてくる情報を常に欲しており、SNSと繋がっていたいという感情に支配されてしまう事があります。この様な状態ではドーパミンとホルモンの一種であるオキシトシンを刺激します。ドーパミンは何かを調べる欲望や、探す欲求、そして新しい事へ足を踏み入れたい感情を生み出し、インターネットから流れてくる新しい情報に対して強い興味を示してしまいます。オキシトシンとは親密な関係性や繫がりの感情を生み出し、愛情や共感、信頼や同情といった感情を刺激します。私達やSNS上で何かを発信したり、コメントしたり、時にはいいねを押し、おもしろい内容は友人にシェアをする、そして同じ事を日々SNS上で繰り返し、結果的にオキシトシンを刺激し、誰かと繋がっていたいという感情をさらに増幅させています。SNSを楽しんでいる時は非常に心地良い気持ちになる反面、私達により何か新しい刺激を求める様に促してしまう効果もあります。


スマホを使った気晴らしや、仕事をさぼってしまう様な怠慢さに打ち勝つ方法は、あなた自身がそれを意識し理解する所から始まります。日々の習慣に気付き、なぜこの様な気晴らしをして気持ちを落ち着かせたり、ブルーな気持ちから逃げるのかを理解しましょう。そこには必ず理由があります。その理由を理解する事が、日々の仕事から切り離して考える事が出来るでしょう。ある調査によると、試験のため勉強をしなければいけない学生達が最初の試験の前、勉強をさぼり気晴らしに時間を費やしてしまった場合、次の試験では勉強をさぼらなかったという結果が出ています。気晴らしがもたらす結果を理解する事で、次の行動へ繋げる事が出来た結果ではないでしょうか。しっかりと理解した次のステップとして、あなたの目標やゴールを明確に設定し、すぐにでもその目標へ向かって進む事です。目標を達成したり解決する事がここでは目的ではありません、とにかくスタートする事が重要です。

 

あなたのセルフコントロールについて知るための最も良い方法は、リソースを制限する事です。スマホの通知を消し、ピザを食べる代わりに野菜を選択する、毎日運動をする等日々の生活を少しでも前進させるための選択をあなた自身で選ぶ事です。セルフコントロールの力を少しでも回復するための方法は、十分な睡眠をとり、頭をリラックスさせ、いつでもセルフコントロールが発動出来る状態を保つ事です。十分な睡眠はセルフコントロールに十分な効果を発揮し、かつ素早い決断や正しい決断にも良い効果を発揮すると言われています。あなたの意志を高め、集中力を磨き、自己認識をサポートしてくれるでしょう。なかなか自分自身でコントロールが出来ない人は、思い切ってスマホのアプリを消したり、健康的なスナック菓子を見つけ、インターネットに繋がらない様Wifiを切ってみる強硬手段も時に効果を発揮するでしょう。

 

デジタル中毒に打ち勝つには

インターネットの世界に支配されている現代において、我々はデジタルによって多くの生産性を奪われてしまっています。問題の原因を理解していても、SNSやインターネットは問題解決を阻み、私達の生活から無くなってはくれないでしょう。まるで中毒性の高い薬物の様に。ではどの様にすればデジタル中毒という呪縛から逃れられるのでしょうか。デジタルに文句を言っても始まりません。打ち勝つ行動を起こすだけです。スマホで見る事が出来るサイトを制限してしまう、それだけかもしれません。SNSやインターネットはあなた自信が自分をコントロール出来ている時にのみ良い効果を生み出します。しかしデジタル中毒になってしまった以上は、デジタルから遠ざける行動のみあなたを助けてくれるでしょう。一生デジタルから離れる訳ではありません。まずはあなたが良い状態に戻るまでの制限です。あなたのセルフコントロールの力が戻れば、また元のSNSを見る生活に戻れば良いでしょう。

 

転職キャリアアップ - ライフスタイル  執筆者 | Chen - チェン | ライフスタイル担当