転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

転職でキャリアアップを目指すべきか?という決断を助けてくれる10個のサイン

転職キャリアアップ - 転職でキャリアアップを目指すべきか?という決断を助けてくれる10個のサイン誰もがキャリアアップの過程で、ハッピーに仕事が出来る環境を望み、将来に期待が出来る場所を探しています。しかし仕事の満足度という視点で見ると、転職やキャリア、そして企業で働くという事自体コントロールが難しいのも事実です。コントロールが出来ない環境にいると、時にストレスを感じ、あなたに大きな負担がのしかかる可能性もあります。

 

そしてあなたは仕事の事を考えすぎて急に3日程眠れない日々を経験してしまい、それはもはや転職を示すきっかけなのかもしれません。転職キャリアアップをしたいと感じている人が多い中、なかなか転職活動を始める最初の一歩が踏み出せない人もいます。

 

ここでは、そんなあなたを一押ししてくれるかもしれない転職活動を開始すべきタイミングを見ていきましょう。10個のサインの中であてはまるものがあれば、あなたはすぐにでも次のキャリアアップを目指し、転職活動をスタートする時です。

 

日曜の夜に恐怖に感じる

この日本では『サザエさん症候群』と言われる程、次の日からまた長い1週間が始まる日曜日の夜にブルーな気持ちになった事は誰にでもあるでしょう。ちょうどサザエさんが始まる日曜の6時半頃に、明日からの仕事に不安を感じる場合は要注意です。一度や二度は誰にでもあります。

 

長く続く様であれば、転職を検討する事をお勧めします。今の職場があなたに合っていないのかもしれません。他に目を向ける事で日曜日の憂鬱から解き放たれる可能性は多いにあります。

 

仕事を退屈に感じる

仕事が退屈だと感じている人は注意してください。退屈に感じている環境では、あなたのクリエイティブなアイデアを阻害してしまう可能性が高く、日々の仕事の効率を下げ、最終的にはあなたのスキルまで奪ってしまう可能性を秘めています。

 

あなたが想像している以上に仕事で感じる退屈さは大きな問題となる源にもなり得ます。仕事はあなたの今後のキャリアアップに繋がる様な環境でなければならず、時には刺激を受ける仕事に就く事をお勧めします。

▼クリエイティブシンキングに関する記事はコチラ▼

 

上司に徹底的に管理された環境

ミクロマネジメントと呼ばれる、上司が部下に対して事細かに管理、監督する様な環境や、上司が声を荒げて部下を怒る様な環境はすぐに変える事をお勧めします。その様な環境に長くいると、それが当たり前の様に感じてしまう事もあり、あなたが将来上司の立場になった時、同じ態度を自然と取る様になってしまう危険があります。ミクロマネジメントはネガティブにとらえられる事が多く、最悪のケースではハラスメントにも繋がる危険があります。

 

価値観が異なる企業

転職活動の中で転職希望者も企業も同様に重要視するポイントの一つがカルチャーフィットです。転職希望者が持つ価値観と、企業が持つ価値観が一致しなければ、お互い同じ方法を進む事が難しくなり、常に意見がぶつかりあってしまい、あなたのキャリアアップを阻害するかもしれません。

 

カルチャーフィットには正解、不正解はなく、お互いどんな価値観を持ってプロフェッショナルとして働くのかを意味します。しかし転職活動中には企業が持つカルチャーを知る事は難しく、カルチャーフィットが合うのか判断がしづらいかもしれません。

▼カルチャーフィットに関する記事はこちら▼

 

しかし今働く企業とカルチャーフィットが合わないのであれば、その企業で働き続ける理由があるでしょうか。長く続ける事が美徳という考え方も、見つめなおす時代ではないでしょうか。

 

キャリアアップのチャンスが無い

あなたが次に目指すポジションは近い将来空く可能性がありますか。企業はあなたに新たなキャリアのチャンスを提供してくれるでしょうか。30代ビジネスマンビジネスウーマン達であれば現時点でそれなりのポジションで働いている事でしょう。

 

その場合、次目指すポジションは徐々に狭まっていき、限られたポジションを同年代の人で取り合う事になります。何も社内の人だけではありません。あなたが目指すポジションに外部から採用された人にとられるかもしれません。近い将来、昇進したりキャリアアップが出来ないと感じるのであれば、早い段階から見切りをつける勇気も必要です。

 

スキルが停滞気味

キャリアアップには、新たなスキルを手に入れたり、今あなたが持つスキルをさらに高める事が重要です。職場の環境によってはあなたのスキル向上を阻む場合もあれば、時にはその機会すた奪ってしまう事もあります。

 

優れた企業は必ず社員に対して教育の機会を与えています。もしあなたが働く企業があなたに何の機会も与えていないのであれば、それは転職活動を始めるサインかもしれません。

 

残業が多い職場

ワークライフバランスが重要視されている現代で、まだ残業が蔓延る企業は大きな後れをとっています。時間通りに仕事が終わり、家族との時間や友人との時間、あなたの趣味に時間を費やす機会を見逃す理由はあるでしょうか。転職をするだけで月50時間の残業から解放されたという人は山程います。残業が多いとグチを言う前に、あなた自身で環境を変える勇気を持つ事も重要です。

 

職場で孤立している

職場に友人の様な関係性を持つ同僚がいますか。実は職場に信頼出来る人がいる人は、仕事のパフォーマンスが上がり、仕事への満足度も増すという調査結果もあります。もしあなたが今の職場に友人になる様な人がいないのであれば、考え直す機会かもしれません。

 

もし1年働いた中でその様な関係性の人がいないのであれば、次を探しましょう。環境を変えるだけであなたの交友関係も変わり、結果的にキャリアアップに繋がるかもしれません。

 

解雇になる前に

あなたのポジションが今後無くなる可能性があれば、早く次を探す事をお勧めします。特に外資系企業ではよくある事ですが、ポジションそのものが急になくなってしまい、社内で他のチャンスを探す様に会社から言われるかもしれません。

 

もし社内であなたが希望する仕事が見つからない場合は、もちろん解雇という最悪のケースが待っています。そうなる前に、外に目を向け今よりも良い環境で働ける機会を探してみましょう。

 

そもそもこの記事を読んでいるあなた

この記事を読んでいる時点であなたの頭の中には転職や次のキャリアアップというキーワードが浮かんでいるはずです。上記9つの環境に当てはまるものがあれば、あなたの転職に対する考え方をさらに後押ししたかもしれません。転職は何も悪い事ではなく、より良い環境で働く機会を見つけるだけと考えてみましょう。

 

転職活動を決断するには時間がかかるかもしれません。しかし考える時間があればまずは面接に行ってみるというのも一つの方法です。他の会社を見て、今の会社が良く感じる事もあります。もしくはあなた自信の今の市場での価値が理解でき、今よりも良いポジションで仕事をするにはまだまだ早いと感じるかもしれません。

 

しかしそう感じるのは、実際に動いた人だけです。まずは足を動かし、あなた自信の市場価値を知り、今の職場に残るべきなのか、転職をしてキャリアアップをするべきなのかを判断してみましょう。

 

転職キャリアアップ - キャリアアップ  執筆者 | Adam - アダム | キャリアアップ担当