転職キャリアアップ | 30代のキャリアアップを目指す若い世代へ向けたグローバルビジネスメディア

30代のビジネスマン・ビジネスウーマンへ向けた転職、キャリアアップ、スキルアップ、マネジメント、転職面接、ライフスタイルに役立つ情報を紹介。忙しい人へ向け通勤時間の5分で読める記事を毎朝7時に配信中。

転職キャリアアップ

30代にお勧めのただ一生懸命に働くのではなく、スマートに働くための方法

転職キャリアアップ - 30代にお勧めのただ一生懸命に働くのではなく、スマートに働くための方法30代ビジネスマンビジネスウーマンとなると学生時代の事はすでに忘れてしまっているかもしれません。しかし学生時代に学校の試験のために1週間缶詰で勉強をした経験を持つ人もいる事でしょう。

 

毎日毎日勉強ばかり部活やゲームを我慢し、携帯電話を触らない様に気を付けていた時期が懐かしくもあります。しかし時を同じくして数日間だけみっちり勉強した友人があなたよりも良い成績を叩き出した事に驚いた事はありませんが。

 

ビジネスの世界でも同じ事が起こっており、毎日定時には仕事を終わらせ時間きっかりに帰る人もいれば、毎日遅くまで残業をし終電を逃した等の話しを耳にする事もあるでしょう。

 

学生時代も社会人になってからも全員与えられる時間は全く同じです。その中で時間をより効率的に使い、優先順位を付けられる人が最も効率良く仕事をこなし、生産性が高いと言えるのではないでしょうか。

 

スマートに働くとはもはやスキルの一つであり、ただ毎日仕事に追われている人とは大きな違いが生まれます。時間を効率的にそして生産的に使える人はゴールが明確であり、作業一つ一つの目的が明確です。ここでは、一生懸命に働くスタイルではなく、スマートに働くスタイルに変えるための方法をご紹介していきます。

 

30代ビジネスマンビジネスウーマンであればもはや一生懸命に働くスタイルは時代に合わない事はご承知の通りでしょう。

 

  • パレートの法則(80:20)
  • 休息とエネルギーチャージ
  • とにかく自分を徹底的に管理
  • あなた自身の仕事の仕方を追究

 

パレートの法則(80:20)

ビジネスの世界でもよくつかわれるパレートの法則とは、全体の80%の成果はあなたがフォーカスした20%の作業が生み出しているという80:20の法則の事です。この法則は経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した法則であり、あなたの日々の仕事にも簡単に当てはめる事が出来ます。言い換えればあなたの日々の仕事の80%の作業でたった20%の成果した生み出していない事を意味します。

 

もしあなたがマネージャーであれば、部下の20%が全体の80%の成果を生み出し残りの80%の人でたった20%の成果した生み出していないという事になります。この法則の面白い点は、その良い結果を生み出していない80%をクビにし新しい人を入れたとしても、結果はまた同じになるそうです。

 

つまりあなたが仕事でベストな成果を出したいのであれば、20%の作業に集中する事が重要だという事です。この法則は仕事以外での家事や副業での活用が出来るため、非常に良い指標となり、あなたの生産性をあげ効率的に仕事をこなし、作業をこなすにはお勧めの考え方です。

 

休息とエネルギーチャージ

疲れている時にどれだけ仕事をしても良い結果が生まれる可能性が非常に低く、仕事の生産性を大きく下げてしまいます。あのAppleティム・クックMicrosoftビル・ゲイツは毎日同じ時間に就寝し7時間という睡眠時間をしっかりと取るため、毎日十分な睡眠のおかげでリフレッシュした状態で仕事が出来るそうです。

 

日本でも徐々に浸透してきていますが、仕事中の昼寝も生産性という視点でも見ると非常に効果的なリフレッシュ方法です。たった20分間の昼寝であなたのストレスを大きく減少させ、記憶力を向上させ、精神的な負担を軽減し、午後の仕事の効率を上げる効果が期待出来ます。

 

もしあなた自身がストレスを感じていると思ったのであれば、一度立ち止まって休憩してみましょう。近年は瞑想を導入する会社経営者も多く、精神的な安定は仕事の生産性を上げるためには非常に重要だという事が分かるでしょう。

 

とにかく自分を徹底的に管理

一日の始まりにTo Do Listを作成している人も多いでしょうが、目の前にこなさなければいけないTo Doがたくさんあれば少し仕事のモチベーションが下がってしまいませんか。全てのTo Doを一度にこなそうと思えば誰でもフラストレーションがたまり、仕事の効率性は下がります。

 

そのため、To Do Listの中で本当に必要な業務にのみフォーカスし、しなくても良い業務は捨てる勇気も必要です。自分自身で日々の仕事を管理するのもスマートに働くために非常に重要なカギとなります。

 

スマートに働ける人の大きな特徴は、優先順位が非常に明確であり、優先順位に従って行動が出来るスキルを持っています。前日の夜に細かなTo Do Listを作成し、かつそのTo Doに優先順位をつけてみましょう。次の日の朝にはやるべき事が明確になっており、朝からバタバタせずに済むでしょう。

 

そして忘れてはいけない事は、何かを達成した時には自分をほめてあげる事です。何か美味しい物を食べにいったり、欲しい物を買いにいったりとご褒美は今後さらに良い成果を出すためには非常に大切です。

 

あなた自身の仕事の仕方を追究

ここでは一つあなたが得意な事を考えてみましょう。他人が8時間かかる事が、あなたは5時間で終わらせられる事は何でしょう。これは何もあなたがサボッていると言っているのではありません。長く働いたり作業をする事が生産的で効率的という概念に繋がらないという事実です。

 

日々の仕事でも周りが残業してまで仕事をしているのであればあなたは定時に変えられる様な働き方をしてみましょう。仕事を減らす事が出来ないのであれば、作業する時間を減らせばよいだけです。

 

いつも最高の成果を求める事が本当に生産的と言えるのか、今一度考えてみましょう。残業ばかりしている同僚が本当に仕事が出来る人なのかを思い出すと分かりやすいかもしれません。

 

我々30代は色々な人達をすでに見てきています。長く働き、仕事人間の人もいれば、仕事にはあっさりとしプライベートに時間を費やす人等、あなたの周りにも色々な人がいるでしょう。もし今あなたが働く環境が残業をする事で評価されるのであればすぐに転職する事をお勧めします。

 

私は基本的に提示で仕事を終えます。定時に仕事を終えると帰りの電車は朝の通勤電車並みに混んでいます。つまり多くの人が提示で変える時代に変わってきている事を日々感じます。夜遅くまで働いたという武勇伝はもはや美徳にはならず、我々定時で帰るタイプの人間からすると正直理解が出来ません。

 

自宅で家族との時間を大切にする、趣味に時間を費やす、平日から友人と飲みに行く等仕事以外の時間の使い方は千差万別です。一生懸命に働くスタイルは正直全くカッコ良い働き方ではなくなっている様に感じます。

 

よりスマートに、そして効率的で生産的な働き方が出来る人が今後昇進し、上司となった時にも部下に憧れられる人材になるのだと私は感じています。

 

転職キャリアアップ - キャリアアップ  執筆者 | Adam - アダム | キャリアアップ担当

続きを読む

人見知りの人でも始められる効果的なビジネスネットワーキングの構築方法

転職キャリアアップ - 人見知りの人でも始められる効果的なビジネスネットワーキングの構築方法仕事とプライベートでは出会う人が異なりそれぞれのネットワーキングを形成している人が多い中、ビジネス上のネットワーキングはどの様に構築していますか。ビジネス上のネットワーキングでは、主にお互いにとって繋がるメリットがあり、お互いを助け合える関係性である必要があります。何もビジネス上においてメリットが無い人の場合は、もはや個人的な友人や知人と言って良いでしょう。

 

しかし多くの人がビジネス上のネットワーキングをおろそかにしてしまい、最悪のケースは今までネットワーキングを構築してこなかったため、急に助けが必要となっと時にあなたの回りには助けてくれる人がいないと気付く事でしょう。いわゆる時すでに遅しの状態です。

 

あるビジネス本の著者は、ビジネス上のネットワーキングはキャリアや仕事に関わらず常に構築をし続けるべきことであると勧めており、必要な時にすぐあなたの周りに準備されている状態が理想との事。

 

  • ビジネスネットワーキングとあなた
    • 今手元にある連絡先の有無は関係無し
    • あなたの存在を目立たせる
    • 社内ネットワーキングの活用
    • 今後重要視されるダイバーシティ&インクルージョン
    • 異業種や異職種の人との繫がり
    • ボランティア等のイベントへの参加
    • SNSは現代で重要なネットワーキングツール
    • カジュアルな関係も効果的
  • ビジネスネットワーキングを成功させる秘密

 

ビジネスネットワーキングとあなた

あなたはビジネスネットワーキングを構築する上で磁石の様な役割を果たすべきであり、ネットワーキングのために時間を費やし、必要なネットワーキングを構築し、他者を魅了する事で必要な人材を引き寄せるべきなのです。誰も魅力を感じない人と繋がりを構築したいとは思わないでしょう。

 

あなたの性格にもよりますが、初対面の人に対して顔見知りをしたり、挨拶から始まる会話にストレスを感じる事もあるかもしれません。

 

知っている人がいないグループの中に入って、自分から挨拶をし握手の手を差し出すなんて考えられない人もいるでしょうが、その一方で自ら知らないグループへ入り込み自ら人脈を切り開いていく人もいます。

 

あなたが前者のタイプなのであれば、あなたのネットワーキングスキルを改善し、自ら知らない世界へ飛び込んでいく勇気を持ってみましょう。一度見知らぬ人達の中へ飛び込んでみると意外にも次からは躊躇なく自ら飛び込める様になるものです。

 

新たなビジネスネットワーキングを構築するには、常にアンテナを張り常に目と耳に意識を集中する事が重要。そしてビジネスネットワーキングはお互いにとってのメリットが無ければ成立しないという前提を頭に入れておく事。

 

ここでは8つのネットワーキング構築に関するアドバイスをご紹介。

 

今手元にある連絡先の有無は関係無し

あなたがターゲットとする繋がりたい人へのアプローチは、すでに連絡先を知っている人も知らない人も、あなたのすでにあるコネクションを通じて構築する事が出来る。(例:あなたは連絡先をしらないが、あなたの友人が知っているのであればすぐにでもネットワーキングを構築する事が出来る。躊躇する必要はありません。)

 

あなたの存在を目立たせる

あなた自信の存在をアピールする必要があります。それはLinkedInやSNS等のネット上のプロフィールのアピールから、ネットワーキングイベントでの積極性が結果を生みます。

▼LinkedInに関する記事はこちら▼

 

社内ネットワーキングの活用

社内のビジネスネットワーキングも非常に重要。一緒に仕事をする機会があればクライアントと思い、相手を満足させる様な結果を出し、協力する事で社内にも新たな繋がりが生まれます。

 

今後重要視されるダイバーシティ&インクルージョン

ダイバーシティを意識したネットワーキングは、今後さらに重要視される分野です。タイプの違う人とアイデアを交換したり、情報交換する事でお互いの知らない世界を共有する事が可能となる。

▼ダイバーシティ&インクルージョンに関する記事はこちら▼

 

異業種や異職種の人との繫がり

業界が異なる人や職種が異なる人であれば、さらにあなたが知らない情報を学ぶ事が可能。しかしそれにはあなたが常に学ぶ姿勢を相手に示す事ができ、かつあなたからも相手に学びを与える事が必要。

 

ボランティア等のイベントへの参加

ビジネスネットワーキングの中には、ボランティアや募金を通じたイベントも数多く開催されています。全員が同じ目的で集まっているため、人見知りの人でも参加しやすいネットワーキングイベントである。

 

SNSは現代で重要なネットワーキングツール

ネット上のネットワーキングは日本という国だけではなく世界にいる何十億というビジネスパーソンとのネットワーキング構築が可能となります。現代では利用しない事で大きな機会損失を生む事となるでしょう。

 

カジュアルな関係も効果的

ビジネスネットワーキングは何も常に仕事の話をしなければ行けない訳ではありません。お互いの趣味の話しや興味がある事をシェアする事で、さらなる関係性構築が可能となる。

 

ビジネスネットワーキングを成功させる秘密

誰もがビジネスネットワーキングを成功させるための秘密を知りたいと感じる事でしょう。最も効果的で成功するビジネスネットワーキングの秘密は、あなたの性格等関係なく、今あなたの目の前にある名刺の数でもありません。

 

効果的で成功するビジネスネットワーキングの秘密は、あなたが何をするかにかかっています。予想もしていなかった様な行動をとってみたり、今までした事が無い様なアプローチを試してみたりと、あなたが起こす新しい行動一つ一つがネットワーキング形成を成功へと繋げてくれる事でしょう。

 

 

ビジネスネットワーキングで繋がる人が増える度に、あなたは自信に満ち溢れる様になり、新たな出会いが全く恐怖では無くなる事でしょう。ビジネスネットワーキングは今後の転職やあなたのキャリアアップに大きな助けとなってくれます。それは今この瞬間から構築出来る事ですので、まずはちょっとした行動から始めてみてはいかがでしょうか。

転職キャリアアップ - キャリアアップ  執筆者 | Adam - アダム | キャリアアップ担当

続きを読む

【STARメソッド】転職面接に使えるコンピテンシー面接に備える『STARメソッド』とは

転職キャリアアップ - 転職面接に使えるコンピテンシー面接に備える『STARメソッド』とは転職面接の中で面接官からの質問に対して的確な回答が出来ているのか不安に感じた事は無いでしょうか。特にあなたが過去に達成した成果に関する質問への回答は、自慢に聞こえない様な回答が求められ、転職面接では回答のテクニックも求められています。

 

そんな転職面接で的確な回答をするためのフレークワークとしてSTARメソッドがあり、あなたの過去の経験やスキル、そして実績を体系立てて回答する事が可能となります。

 

  • STARメソッドとは?
  • STARメソッドを活用した転職面接対策とは?
  • 面接官が面接で知りたい事実
  • STARメソッド4つのステップ
    • Situation - 状況
    • Task - タスク
    • Action - 行動
    • Result - 結果
  • STARメソッドを使って転職面接の準備
    • スキルと経験をリスト化
    • あなただけのストーリーを作成

 

STARメソッドとは?

STARメソッドとは、Situation(状況)Task(タスク)Action(行動)そしてResult(結果)によって構成されており、主にコンピテンシー面接では多いに活用が出来るフレームワークです。

▼コンピテンシー面接に関する記事はこちら▼

 

STARメソッドを活用した転職面接対策とは?

このSTARメソッドとはあなたが過去に成し遂げた成果を伝える際に活用でき、行動を元にした事実に基づく回答が可能となります。転職面接で避けるべき回答は抽象的な回答であり、具体性に欠き面接官が再度あなたに質問をしなければいけない状況を作り出してしまいます。

 

面接官が面接で知りたい事実

面接官は転職面接の中であなたが実際に何をして、どんな成果を出したのか事実ベースで知りたいものです。そして企業やポジションによって求められるスキルは異なり、面接官は転職面接の中であなたが求められているスキルを持ち合わせているのかを判断しなければいけません。

 

そのため行動に基づくコンピテンシー面接を行い、約1時間の面接時間の中であなたをじっくりと分析しているのです。

 

ポイント:過去の成果を知る事で実はあなたが将来成し遂げるであろう成果を予測する事が出来ます。つまり面接官はあなたが期待以上の成果を将来的に出せる人材なのかを分析しています。

 

例えば、今あなたが受けているポジションでは主に問題解決スキル分析スキルクリエイティビティ失敗への忍耐性プレゼンテーションスキルチームワーク交渉スキル等が求められているとしましょう。その場合、下記の様な質問が転職面接では繰り広げられます。

 

-短い期限の中であなたが成し遂げた成果を話して下さい。
-期待以上の成果を出した時に話しをして下さい。
-あなたのチームメンバーがある業務を拒否した時あなたはどうしましたか。

 

実は面接官の多くが質問をする際にSTARメソッドを活用している事が多く、状況から結果まで質問に織り込まれている事があります。そのためあなたが面接官が知りたい情報をSTARメソッドに沿って回答するだけで良いのです。

 

STARメソッドは4つの順番に沿って回答を完成させていくため、過去の出来事を思い出し、状況から順番に事実を組み合わせていきます。このSTARメソッドで重要なのは過去の事実に基づいていなければならず、必ずあなたが成し遂げた成果や事実のみ織り込む様にしましょう。

 

STARメソッド4つのステップ

Situation - 状況

あなたが話す成果のベースとなる状況を説明します。面接官に状況を伝える事で面接官はより具体的なイメージを持ってあなたの話しを聞く事が出来ます。例えば、チームで何かを成し遂げた場合の話しであればチームの数も伝え、同僚とのちょっとしてトラブルの話しであれば同僚の簡単なスペックを伝えると、より明確な状況が頭にイメージ出来ます。つまり状況がより詳細であればある程具体的なイメージが出来ます。

 

Task - タスク

状況を説明した後はその状況下であなたが成し遂げなければいけないタスクを説明します。短い期限の中でチームをサポートしプロジェクトを遂行しなければいけなかったタスクや、同僚とのトラブルを解決したタスク、営業成績を達成したタスク等状況に合わせてタスクをより具体的に伝えましょう。

 

Action - 行動

タスクを達成するためにあなたが起こした行動を明確化します。ここでのポイントはあなたが何をしたのか、にフォーカスしあなたのチームや上司、同僚が起こした行動は関係ありません。転職面接の際も主語は私達ではなく、私に限定して話す事をお勧めします。

 

Result - 結果

結果は事実を述べるだけなので、プロジェクトを期限内に成功させた、〇〇%の売り上げ増を達成した等事実を伝えていきますが、可能であれば何か数字を織り込んで話す事でさらに面接官の中でのイメージが明確化する事でしょう。

 

STARメソッドを使って転職面接の準備

あなたの目の前に座っている面接官はもしかしたら将来あなたの上司になる人かもしれませんし、人事担当の人かもしれません。そして各面接官が具体的にどの様な質問をしてくるのかを明確に予想する事は非常に難しいですが、いくつかのシナリオを準備しておき、そのシナリオに合わせて回答を準備しておく事は可能です。

 

スキルと経験をリスト化

まず最初の転職面接への対策として、STARメソッドを思いだしながらあなたが応募しているポジションに求められているスキルや経験を紙に書き出してみましょう。求人内容を見ればある程度のスキルや経験を見つける事が出来ますが、あなた自身で求人情報から読み取って書き出しても良いでしょう。

 

あなただけのストーリーを作成

スキルや経験がリスト化出来たら、後は各スキルや経験に沿ったあなたの過去の事例を当てはめていきます。ここでSTARメソッドの登場です。必ず状況、タスク、行動、結果が一つの線で結びつく様なストーリーでなければならず、面接官がより理解しやすい内容でストーリーを作ってみましょう。

 

各ストーリーは出来るだけあなたが応募しているポジションに関連する内容にしましょう。例えばあなたが営業職に応募しているのであれば、あなたが話すストーリーは営業職に関連した過去の成果にする事で、面接官はよりあなたの将来性を判断でき、ポテンシャルを判断しやすくなるでしょう。

 

転職面接を成功させるには、いかに事前の準備をしっかりと適切に行うかのかかっています。しかしがむしゃらに準備をするのではなく、STARメソッドの様なフレームワークを活用する事でより効率的な準備が可能となります。このSTARメソッドは面接官の意図に合わせたフレームワークですので、非常に効果が期待出来るメソッドです。

 

あなただけのストーリーをいくつか考えていく中、STARメソッドに沿ったストーリーが出来上がっていき、あなたは何度かその回答を口に出して練習する事でしょう。そして実際に転職面接の中で事前に準備していなかった質問が来た場合でも、あなたはSTARメソッドの考え方がすでに頭に入っているため、その場で考えた回答もSTARメソッドに沿った回答になっている事が多く、ある意味STARメソッドを習得したとも言えるかもしれません。

 

どんなフレームワークも実際に使用し、何度か使っていくうちにその考え方が自然と頭に入り、フレームワークがあなたのスキルの一つとなっていきます。STARメソッド転職面接以外でも活用が出来ますので、プレゼンテーションを考える時や、上司との面談、部下との面談等あらゆるケースで活用する事をお勧めします。

 

転職キャリアアップ - 転職面接 執筆者 | Arie - アリー | 転職面接担当

続きを読む

最終面接がCEO(社長)との面接だった時の対策とは?

転職キャリアアップ - 最終面接がCEO(社長)との面接だった時の対策とは転職面接が佳境に差し掛かり、最終面接を控えた時に『最終面接はCEO(社長)との面接となります。』と言われるととてつもない緊張感に襲われるかもしれません。企業の大小にもよりますが、最終面接CEO(社長)が出て来る事は珍しい事ではなく、CEO(社長)によっては喜んで候補者と積極的に会おうとする人もいます。

 

転職面接CEO(社長)と会う事ができ、かつあなた自身の事を知ってもらえるというのは非常に良い機会であり、緊張する気持ちは少し横に置いて、ポジティブにめったにない機会ととらえる事をお勧めします。

 

転職面接では基本的にあなたが受けた質問に対して回答をする時間のため、約1時間程度あなたがあなたの事を精一杯話す事が出来ます。つまりあなたという人物をプレゼンテーションする事が出来るのです。

 

  • CEO(社長)との最終面接
  • CEO(社長)へプレゼンテーション
  • CEO(社長)とのカジュアル面接
  • CEO(社長)面接での緊張感

 

CEO(社長)との最終面接

今までとの転職面接との大きな違いは、CEO(社長)との面接では今までの準備とは異なりさらにハイレベルな内容が求められます。しかし逆にCEO(社長)レベルともなるとあなたが担当するであろうポジションの詳細までは理解していない事も多いため、細かい内容まで質問される事は少ないでしょう。

 

CEO(社長)からの質問に対しては基本的には事実に基づいた内容で回答するべきであり、その点他の面接と同じです。最も大きな違いは、企業情報をよりビジネスの観点を持って話す必要があります。

 

あなたのポジションからの視点だけではなく、市場からの視点、CEO(社長)が見ている視点、そして株主からの視点等です。今までの情報とはまた違った企業情報が必要となりますが、決算書に目を通したり、CEO(社長)がインタビューを受けた記事があれば何度も読み返す等の準備が求められます。

 

CEO(社長)へプレゼンテーション

CEO(社長)との最終面接はあなたがあなたをプレゼンテーションする時間です。普段からプレゼンテーションをよくする人は、題材をあなたという人物に変えてプレゼンテーションを準備しておきましょう。もしあまりプレゼンテーションの経験が無い人の場合、STARメソッドを活用する事で簡単に事実に基づいたプレゼンテーションが作成出来るでしょう。

 

もしCEO(社長)へよりアピールをしたい人は、実際にプレゼンテーションを作成しCEO(社長)へ見せても良いかもしれません。あなた自身でパソコンを持ち込み数枚程度のスライドであなたという人物を紹介し、画像や写真を含めてプレゼンテーションをする事でより具体的にあなたという人物を知ってもらう事が出来るかもしれません。

 

CEO(社長)とのカジュアル面接

CEO(社長)によっては最終面接で特に仕事に関する詳細な話しはせずに、非常にカジュアルに面接が進むケースもあります。その場合、ほぼほぼあなたで採用する事が決まっており、CEO(社長)とは顔合わせ程度の意味合いを持つケースです。

 

しかしカジュアル面接で不合格にならないかと言うとそういう訳でもありません。カジュアル面接ではあなたからの質問を要求される事もありますので、下記の質問等を事前に準備しておくと良いでしょう。

 

-最近出張へ行かれましたか。場所は。目的は。

-週末の過ごし方や今週末の予定は。

-(企業が起こした最新のニュースを褒め、新商品に関する感想を伝える)

 

**あくまでCEO(社長)とのカジュアル面接での質問ですので、普通の面接が行われている場合にはこの質問は失礼に当たる事でしょう。

 

▼カジュアル面接に関する記事はコチラ▼

 

CEO(社長)面接での緊張感

ある転職希望者の人は、最終面接で当日社長面接が行われるという事を知り、CEO(社長)と会った瞬間に緊張のあまりにCEO(社長)に対してハグをしてしまったそうです。

 

この様に急な自体では緊張のあまりどんな行動をとってしまうのか分からないものです。そのため、転職活動を始めた際にはいつかはCEO(社長)面接が待ち構えているという覚悟をしておくと良いでしょう。いつCEO(社長)面接があっても良い様に準備しておくと急な緊張感もある程度は和らげる事が出来ます。

 

小規模の企業や中規模な企業の場合CEO(社長)面接が行われる可能性が非常に高くなります。そしてあなたが受けているポジションがマネージャー職なのであればその可能性はさらに上がるでしょう。実際に転職した後でもCEO(社長)と会う機会は非常に少なく、かつマンツーマンで話す機会はほとんど無いかもしれません。

 

そのためめったにないチャンスをポジティブに活用し、あなたの名前を覚えてもらう事でCEO(社長)はあなたに対して何かしらの期待を持つ事でしょう。あなたが入社後に仕事で活躍をする事で必ずCEO(社長)にもあなたの名前が耳に入る事でしょう。その結果あなたの昇進に繋がったり、あなたのキャリアアップに繋がるかもしれません。

 

転職キャリアアップ - 転職面接 執筆者 | Arie - アリー | 転職面接担当

続きを読む

転職後は最初の90日が勝負!転職後にキャリアアップを成功させる90日ルールとは

転職キャリアアップ - 転職後は最初の90日が勝負!転職後にキャリアアップを成功させる90日ルールとは30代のある程度の経験を積んできたビジネスマンビジネスウーマンであるあなたは、転職活動も長期化するかもしれません。2次面接や3次面接だけではなく4次面接や5次面接まで及び仕事を抜け出して転職面接へ向かう事でしょう。しかしそんな長かった転職活動も無事オファーをもらった事で終了し、あなたは新しい職場でのポジション、新しい生活に胸を躍らせている事でしょう。

 

しかし新しい転職先には不安もあるでしょう。あまりにも見えない事が多く、どんな人が働いているのだろう、会社はどんなカルチャーを持っているのだろうかと入社前には色々な事を考えてしまいます。

▼企業カルチャーに関する記事はこちら▼

 

しかし転職先では最初の印象が重要であり、入社後90日間が勝負なのです。なぜ90日かと言うと一般的に転職で入社して中途採用者の試用期間が90日(3か月)で設定されている事が多いためです。

 

  • 入社後1週目
    • 1. しつこいぐらいに自己紹介
    • 2. 分からない事は残さず質問の繰り返し
    • 3. 気になる人はランチへお誘い
    • 4. オフィスツアーを依頼
    • まとめ:1週目はとにかく見極め
  • 入社後1ヶ月目
    • 1. チームのスキルセットを理解
    • 2. 新しい習慣を身に付ける
    • 3. マネージャーと同じ意識を持ち共有
    • まとめ:ある程度の認知が決まる期間
  • 入社後90日
    • 1. チャレンジし続ける
    • 2. 働きやすい環境作り
    • 3. マネージャーから90日間のフィードバックを得る
    • 4. 前職の同僚へ連絡
    • まとめ:お互いに見極める期間

 

入社後1週目

最初の1週間目は誰でも緊張し慣れない環境に日々ストレスを感じるかもしれません。しかし1週目は入社後最も重要な期間であり、あなたを良い印象に思うか悪い印象に思うのかはこの1週間目で決まるでしょう。最初の1週間目はまず学ぶべき事を学び、チームに少しでも溶け込む事がゴールです。

 

1. しつこいぐらいに自己紹介

ある調査では人は自信が無い時事は大きな不安を引き起こすという結果が出ています。あなたの1週間目もその様に感じるかもしれません。しかし新しい人が入社した時には社内でもちょっとした噂になります。噂にすらならない人は何も印象が無い人でしょう。

 

そのため入社後1週間目にはあなたがすれ違った人すらとにかく自己紹介をしましょう。あなたの名前と部署だけでも構いません。とにかく積極的にあなたから自己紹介をします。少しでも噂の新入社員になるためには自己紹介しかありません。

 

2. 分からない事は残さず質問の繰り返し

新入社員の印象に関するある調査では、とにかく最初に質問が多い新入社員へは良い印象を持つ人が多いとの結果が出ています。あなたのマネージャーとなる人や同僚、部下となる人でも構いません。とにかく分からない事があれば質問をしてクリアにしましょう。

 

的確な質問が出来るとあなたへの印象や評価に変わります。的外れな質問をするとそれだけであなたの印象は1週目から悪くなるでしょう。

 

3. 気になる人はランチへお誘い

入社初日にはマネージャーがあなたの事をチームへ紹介しお互い簡単な自己紹介をする中で、あなたが興味を持った人がいればランチへ誘ってみましょう。特にあなたの隣に座っている人や、あなたの目の前に座っている人はランチにも誘いやすく、ランチにはどのお店へ行くのかという質問を口実に誘ってみるのがお勧めです。

 

新しい職場では知っている人が周りにいないのは心細く感じ、仕事の生産性も下げてしまう恐れがあります。ランチはお互いの関係性を構築する非常に簡単な方法であり効果的な方法でもあります。ある調査では同僚との関係性が良好だとその分生産性が上がるというデータもあります。

 

4. オフィスツアーを依頼

企業の規模にもよりますが、従業員が多い企業程オフィスが複雑で、最初はなかなかオフィスのレイアウトを覚えられないかもしれません。その場合、まずはオフィスツアーを依頼してみましょう。どこに何があって、どこにどの部署があるのかをチームの人へ教えてもらいましょう。

 

オフィスツアーは同僚やあなたよりも若いチームメンバーが連れて行ってくれるかもしれませんが、ちょっとしたオフィスツアーの時間でもその人と仲良くなるチャンスです。最初の1週間目はとにかくお互いに話す機会を作る事が重要ですので、あなたからオフィスツアーを依頼してみると良いでしょう。

 

まとめ:1週目はとにかく見極め

緊張の1週目に、あなたは多くの仕事や業務を学ぶ事でしょう。その間にあなたがすべき事は、あなたという人材がこの会社でどんな価値を生み出し、どんな貢献が出来るのかを見極める必要があります。

 

そして今後あなたが達成しなければいけない具体的な目標やゴール、KPIをしっかりと理解し、それをあなたのマネージャーと共有しておく必要があります。

 

あなたの上司であるマネージャーには、今チームが抱える問題点を聞き出し、あなたがその問題に対して何が出来るのかを考えましょう。チームが抱える問題点は今後必ずあなたにも影響を及ぼすでしょう。大きな影響が出る前にあなたが問題解決に関わる事で、あなたの今後のキャリアアップに良い足跡を残す事が出来、あなたの評価に繋がります。


入社後1ヶ月目

最初の1ヶ月間はとにかく仕事を覚え、少しずつあなた一人で仕事を進め始めている事でしょう。そんな最初の1ヶ月目の目標は、あなたが持つスキルが具体的に何にいかせ、新しい会社ではどんなスキルがまだ足りないのかを見極める必要があります。そしてあなたのスキルがチームの中でどの程度貢献出来ているのかを理解する必要があります。

 

1. チームのスキルセットを理解

あなたが今後会社で活躍しキャリアアップを実現するためには、まずあなたの周りを十分に理解する事が重要です。あなたのチームメンバーの個々が持つスキルを理解し、強み、弱みまで理解する事が出来れば十分です。

 

チームが持つスキルを理解する事で、あなたのスキルや経験がどの様な形で貢献出来るのかを知り、今後あなたが積極的に取り組むべき業務が見えてくるでしょう。

 

2. 新しい習慣を身に付ける

新しい職場では新しい習慣が必要です。日々の仕事の仕方から、スケジュール管理、To Do Listの作成等1ヶ月の間に体験した事をもとに、あなただけの働き方を習慣化してみましょう。今後キャリアアップをしていく中で、効率的にそして高い生産性を保った働き方はカギとなります。

 

3. マネージャーと同じ意識を持ち共有

今後本当にあなたがキャリアアップを目指すのであれば、あなたのマネージャーとしっかりと話しをし、同じゴールへ進む必要があります。時にマネージャーと違うゴールへ走ってしまう人がいますが、その場合あなたがどれ程成果を出してもあなたが想像している評価は得られないでしょう。

 

あなたが今後達成すべき事はあなたのマネージャーが達成したい事と同じ出なければいけません。そしてお互い達成すべき目標の優先順位も同じでなければ意味が無いでしょう。

 

マネージャーとは常にお互いの考えを共有し、時にはアドバイスを求めるのも良いでしょう。チームとして機能し、あなたがチームの一人として評価されるためにもマネージャーとの情報共有は重要なポイントです。

 

まとめ:ある程度の認知が決まる期間

一人で働く寂しさからもある程度解放された1ヶ月目には、まだ色々な事を質問出来る期間です。今後分からない事が聞きづらい期間に突入していきます。分からない事は全てクリアにし、積極的に質問を続けましょう。質問をする事で回りのチームとの関わりも増え、コミュニケーションを生み出してくれるメリットもあります。

 

入社後90日

試用期間が終わるにはあともうすぐです。試用期間を無事に終えるためにも、最初の90日間で何かしらあなた自身が率先して業務を進める必要があります。何かプロジェクトを任される、新しい業務に取り組んでみる、あなたがリーダーとなる等何でも構いません。90日の間に何かしらの結果を残さなければいけません。

 

1. チャレンジし続ける

90日の間にあなたは様々な新しい事を目にするでしょう。前職とは違ったカルチャー、見た事もない業務、社内政治等新鮮な環境を感じる事が出来る90日です。その中であなたが関わる事が出来る事へは積極的にチャレンジをしていきましょう。目の前にある新しい事へは実際に足を踏み入れなければ見えない事も多く、あなたの目で見て実際に体験する事が重要です。

 

2. 働きやすい環境作り

90日の間に新しい環境の大半は理解出来たはずです。その中であなたの働き方を少しずつ回りに理解してもらう事も重要です。例えば、言われた事をただ『はい』とこなすイエスマンになってしまうと、今後あなたはその会社でずっとイエスマンのままです。

 

時には断らなければいけない仕事もあります。その場合今後の働き方も考えて『NO』と言いましょう。あなたの今後のキャリアアップに繋がらない仕事や業務はあなた自身で排除出来るからです。

 

3. マネージャーから90日間のフィードバックを得る

試用期間が終了する前にマネージャーとのミーティングの場を設けている企業もありますが、もしその様な機会がなければあなたからマネージャーへフィードバックの場を設けて欲しいと依頼してみましょう。今後の働き方を含めて、マネージャーがあなたをこの90日間でどの様に評価しているのかを理解する必要があります。

 

ポジティブなフィードバックもネガティブなフィードバックも、まずは受け入れ今後のキャリアアップに活かせる情報として消化すると良いでしょう。

 

4. 前職の同僚へ連絡

あなたの以前の同僚もあなたの新しい職場での仕事が気になっている事でしょう。そこで以前一緒に働いていた人と飲みにでも行き、新しい職場での話しをしつつ今後職場が違っても関係性が続く様な距離感を作っていく事が重要です。

 

ある調査では転職した人の約65%が最初の90日間で一度は再度転職したいと感じた事があるそうです。本当に転職するかどうかは別として、最初の90日間で多くの人が何かしらネガティブな印象を持った事は間違いないでしょう。

 

まとめ:お互いに見極める期間

90日という試用期間はあなたのマネージャーがあなたと今後も働きたいと感じるか精査する期間です。そしてあなた自身も新しい会社で今後も働いていきたいのか、今後キャリアアップが出来そうなのかを判断する期間です。

 

間違った転職だと感じたら、再度転職活動を視野に入れるのも良いでしょう。あなた自身もしっかりとあなたのマネージャー、同僚、あなたの担当する業務が今後プラスになるのか見極めましょう。

 ▼30代へお勧めの転職エージェントに関する記事▼

 

転職キャリアアップ - キャリアアップ  執筆者 | Adam - アダム | キャリアアップ担当

続きを読む

【アイスブレイク】会議やミーティングで使える10個の効果的なアイスブレイクゲーム

転職キャリアアップ - 【アイスブレイク】会議やミーティングで使える10個の効果的なアイスブレイクゲーム社内研修の場やミーティング、新しいメンバーとプロジェクトを開始する際にはお互いの事を少しでも知り緊張した空気を変えてくれるのがアイスブレイクです。近年は日本でも多くの企業が取り入れる事もあり、その活用方法は多岐に渡ります。

 

特に日本人は初対面の人とあまり込み入ったコミュニケーションをとらず最低限の会話で済ませようとしてしまいます。しかしアイスブレイクから始める事で、お互いの事を少しでも知るきっかけに繋がります。

 

  • アイスブレイクの効果
  • 効果的なアイスブレイクの例
    • 1. 二つの真実と一つの嘘
    • 2. 私だけが持つ特徴をシェア
    • 3. ファシリテーターから参加者へ質問
    • 4. ピクニックゲームでお互いの名前を覚える
    • 5. グループで一つだけ選択
    • 6. 一つの単語で表現
    • 7. マシュマロチャレンジ
    • 8. 欲しいスキルを聞き出す
    • 9. 10個の共通点を見つける
    • 10. 借り物競争

 

アイスブレイクの効果

アイスブレイクは小さなグループで行う必要があり、今から始まる研修やミーティングの生産性を向上させる効果があります。お互いの名前程度しか知らない人と何かを一緒にするのは生産性が低くなるのは想像していただけると思います。

 

そしてよりクリエイティブなアイデアが生まれやすくなり、クリエイティブなアイデアをお互い共有する事でさらなるクリエイティビティが生まれる効果が見込めます。

 

効果的なアイスブレイクの例

1. 二つの真実と一つの嘘

非常に簡単で研修やミーティングのファシリテーターの準備も必要無くすぐにでも始める事が出来るアイスブレイクのゲームです。その人に関する事をただ三つあげてもらい、二つは真実で一つは嘘を考え、どれが嘘なのかをみんなで考えるシンプルなゲームです。

 

例えば、

『1)私はギータが趣味です。2)今まで飛行機に乗った事がありません。3)実は全く泳げません。』

 

とたったこれだけの事。お互いのちょっとした人となりを知る事が出来、実は問題解決スキルを探る事が出来るゲームでもあります。ただ当てずっぽうで答える人もいれば、初対面でその人の情報が少ない中、何か効果的な質問をしたり、見た目から想像して答える人もいます。シンプルなアイスブレイクゲームですが非常に効果が高いゲームです。

 

2. 私だけが持つ特徴をシェア

こちらも同じくアイスブレイクゲームの一つですが、さらにシンプルなゲームです。参加者は何か自分だけが持つ特徴や、他人と被らない様な情報を考えてもらいます。そして参加者は自由に部屋を歩きまわり目が合った人とお互いの情報を交換し合うアイスブレイクゲームです。

 

例えば、

『私には兄弟が9人もいます。今まで実家を出た事がありません。恋人が出来た事がありません。』

 

人と被っても問題はありません。ただお互いの事を知るための簡単なアイスブレイクゲームで、少人数では無く大人数の研修やミーティングで一度に出来るアイスブレイクゲームでもあります。参加している人数に合わせたり、その日の参加者の空気感でアイスブレイクの内容を変えると良いでしょう。

 

3. ファシリテーターから参加者へ質問

このアイスブレイクは特に参加者の多くがあまり積極的ではないと感じた時に出来るアイスブレイクでもあります。ファシリテイターからとにかく質問をしていき自由に参加者に回答してもらうゲームです。全員一度にお互いの事を少しでも知る事が出来、その情報量の多さが魅力的なアイスブレイクゲームです。

 

例えば、この様な質問がアイスブレイクゲームでは効果的です。

 

-あなたが考える"夢の様な休暇の過ごし方"は何ですか?
-あなたが最もイラッとする事は何ですか?
-あなたが子供の頃、家族と一緒にした事で何が一番思い出深いですか?
-無人島へ3つだけ何かを持って行けるとした何を持っていき、その理由は何ですか?
-一度だけ有名人と食事に行けるとした誰と行きたいですか?
-休日の過ごし方は?趣味はありますか?

 

4. ピクニックゲームでお互いの名前を覚える

グループで密になって研修やミーティングが行われる場合にはお互いの名前を覚える事が重要です。そこでお勧めなアイスブレイクゲームが、ピクニックに行くと想定し一人一つずつ何を持っていくか話していきます。

 

そして最初に名前を伝え、その持っていく物はその人の名前の頭文字でなければいけません。二人目からは前の人が持っていくと言った物を名前と共に繰り返していきます。

 

例えば、
一人目:『私の名前は太郎と言います。ピクニックにはタオルを持っていきます。』
二人目:『私の名前はさくらと言います。ピクニックには皿を持っていきます。太郎さんはタオルも持って来てくれるそうです。』

 

5人程度の少人数であればこのアイスブレイクゲームでお互いの名前を覚えられるでしょう。最後にあたる人は少し覚える事が多いですが、非常に面白いアイスブレイクゲームで意外に盛り上がります。

 

5. グループで一つだけ選択

このアイスブレイクは複数のグループがある場合に活用出来ます。それぞれのグループに二者択一の質問を投げかけ、グループ内で一つの答えを導いてもらいます。そしてグループで選んだ理由を合わせて発表してもらうクイズです。

 

質問は簡単なもので構いません。グループで自然と議論ができ、一つの答えを導くまでの過程をシンプルに体験する事が出来ます。誰が意見を言い、誰が話しをまとめ、誰が発表するのかという参加者の特徴を知る事が出来ます。

 

アイスブレイククイズの例として、
-映画を見る事が好きですか。もしくはハイキングの方が好きですか?
-夏と冬、一年間同じ季節であればどちらが好きですか?
-映画とテレビを一生見れない生活と、SNSを一生見れない生活のどちらが良いですか?
-夢の仕事を手に入れたが通勤時間が片道3時間かかる場合と、平凡な仕事だが1分て職場まで着く場合どちらが良いですか?
-有名なセレブになるか、今働く業界で有名になるかどちらが良いですか?

 

6. 一つの単語で表現

このアイスブレイクゲームはこれから始まる研修やミーティングと関連性を持たせる事ができ、グループで簡単なブレインストーミングをしてもらうにはお勧めのアイスブレイクゲームです。

 

例えば今から始まるミーティングが会社のカルチャーに関する内容なのであれば、各グループに今働く会社を一つの単語で表現してもらいその単語をグループで考えてもらいます。そして後程グループ毎に発表してもらうゲームです。

 

グループによって選択する単語は異なり、グループ毎の色が見えてくるゲームでもあります。そしてお互いのブレインストーミングの様子も見え、クリエイティブスキルを持つ人は非常に目立つアイスブレイクゲームでもあります。

 

7. マシュマロチャレンジ

私が知る限り最も盛り上がるゲームでもあるマシュマロチャレンジは、アイスブレイクに時間をかけられる場合には非常にお勧めです。5名程度のグループに分け、各グループにはマシュマロ、スパゲッティ、細い紐、そしてテープを配ります。時間内に最も高い位置にマシュマロを置いたチームが優勝というアイスブレイクゲームです。

 

このアイスブレイクゲームは、チームビルディングに非常に効果が高く、ブレインストーミングにも効果的です。まずはアイデアを考える所から始まり、限られた材料でいかに高い位置にマシュマロを持ってくるかは誰も今まで挑戦した事が無いでしょう。

 

その分グループのクリエイティブなアイデアが試され、論理的な考え方も試されるでしょう。そしてこのアイスブレイクゲームの最大の効果は、グループが一団となり一瞬で強い絆が生まれ、お互いの緊張感がすぐに無くなるメリットがあります。

 

8. 欲しいスキルを聞き出す

これは初対面の人達ではなく、すでに知っている人達の間で行うアイスブレイクゲームです。それぞれに今手に入れたいスキル、もしくは改善したいスキルを考えてもらいます。そしてそれを全員で共有する事で、すでに知っている人が今悩んでいる事を知る事ができ、もしかしたら誰かがそのスキルを持っているかもしれません。つまりお互いに助け合える可能性があるゲームです。

 

いつも一緒に働く人でも、なかなかスキルの話しまではしないでしょう。ましてや手に入れたいスキルの話しまでする機会は少なくお互いの事をより知るにはお勧めのアイスブレイクゲームです。

 

9. 10個の共通点を見つける

非常に簡単なアイスブレイクゲームですが、参加者には一人パートナーを見つけてもらいお互いが持つ共通点を10個見つけてもらうゲームです。お互いで10個の共通点を見つけるために色々な会話が繰り広げられ、お互いの事をより知るには最適なゲームです。

 

しかし大人数での研修やミーティングにはあまり適さず、少人数の場合にお勧めのアイスブレイクゲームです。二回目は違う人とパートナーを組む等何度か繰り返す事でより多くの人とコミュニケーションがとれるでしょう。

 

10. 借り物競争

子供の時に経験した事があるかもしれませんが、とにかく盛り上がるアイスブレイクゲームです。研修や会議室がミーティングルーム内で行われるのであればその場にあるであろう物である必要がありますが、ランチの時間を使ったり、外に出て行う場合には、全く知らない人に借りて写真を撮って送る、という方法もあります。

 

大人が子供の頃の様なはしゃぎ方をする人もいれば、あまり乗り気ではない人も出てきます。つまりチームワークへの貢献度を測る事ができ、いかにチームで協力出来るのかを知るにはお勧めです。

 

この様にアイスブレイクには様々なゲームがあり、各アイスブレイクゲームには目的があります。その日の研修やミーティングの内容や、参加者同士の関係性を加味してアイスブレイクゲームの内容を決める必要があります。いくつかのアイスブレイクゲームを事前に準備しておくと、その日の参加者の雰囲気に合わせて柔軟に変える事も出来るでしょう。

 

研修やミーティングはその日の参加者によって空気感は大きく異なり、その場の雰囲気をより良くするのは簡単な事ではありません。しかしアイスブレイクゲームはその空気感を変えてくれるツールであり、参加者の特徴を知る方法としては非常に効果的です。

 

アイスブレイクゲームは上記以外にも様々なゲームがありますので、色々調べてみるのも良いでしょう。あなたがマネージャーで新しいスタッフがチームに入社したり異動してきた場合には、みんなでランチへ行きアイスブレイクゲームを行うのも非常にお勧めですので、いくつかアイスブレイクゲームのネタを持っておくと良いでしょう。

 

転職キャリアアップ - マネジメント  執筆者 | Jonas - ジョナス | マネジメント担当

続きを読む

【サバティカル休暇とは】数か月単位で取得が出来る長期休暇でスキルアップを目指せる制度

転職キャリアアップ - 【サバティカル休暇とは】数か月単位で取得が出来る長期休暇でスキルアップを目指せる制度あなたは『サバティカル休暇』という言葉を聞いた事がありますか。近年日本でもサバティカル休暇を導入する企業が増え、実際にサバティカル休暇を活用する人も増えています。サバティカル休暇とは、あなたが何かスキルを身に着けたいと感じた時に取得が出来る休暇の事で、1ヶ月単位のサバティカル休暇から年単位のサバティカル休暇まで取得が可能です。

 

まとまった休暇を取得する事で、スキル取得に集中する事ができ、かつ休暇を満喫出来るためメンタルの面でも大きなリフレッシュに繋がります。

 

  • サバティカル休暇とは?
  • サバティカル休暇を取得するメリット
  • サバティカル休暇の期間
  • サバティカル休暇中にすべき事
  • サバティカル休暇取得のためのステップ
    • 1. まずはマネージャーへ相談
    • 2. プライベートでの計画も忘れず
    • 3. 会社に感謝を。そして定期的な連絡を

 

サバティカル休暇とは?

フルタイムで働いていると夏季休暇等の長期休暇以外にはなかなかまとまった休暇の取得が難しいでしょう。新たなスキルを取得するためには1週間や2週間ではなく、かつ仕事をしながらでは難しい場合、このサバティカル休暇の申請によりあなたは必要な期間仕事をせずにスキル取得を目指す事が可能です。

 

企業によって就業規則が異なるため、そもそもサバティカル休暇の取得が可能かどうかは企業によります。そして給与が発生するのかどうかも同じく企業によります。基本的には給与は発生しませんが、サバティカル休暇後には仕事復帰が出来るメリットがあります。

 

サバティカル休暇を取得する人の多くはMBA取得を目指す人や、国家資格の取得を目指す人が多いですが、何も難しい資格取得が条件ではありません。あなたが必要だと思うスキルや資格を取得するためのサバティカル休暇であれば、あなたのマネージャーサバティカル休暇を承認してくれる事でしょう。

 

サバティカル休暇を取得するメリット

サバティカル休暇を取得する人にはそれぞれ理由がありますが、主にサバティカル休暇取得によりあなたが達成したい個人的なゴールを目指す事が出来るのが大きなメリットでしょう。

 

新たなスキルを取得する事で長期的な視点でのキャリアアップを目指せたり、メンタルをしっかりと回復させるための休養期間としたり、何かポジティブな結果が得られる事を想定した休暇とも言えます。

 

そして何よりも職場復帰が出来る点が魅力的で、長期休暇取得のため一度仕事を退職してしまうと、再度転職活動をする必要があり、長期休暇を取得した分履歴書にはブランクが発生してしまいます。その結果なかなか転職先が決まらない、低い給与でのチャンスしかないといったデメリットが考えられます。

 

そんなサバティカル休暇を企業が導入すべきメリットをまとめてみました。

 

-従業員に新たなキャリアアップの機会を提供出来る
-企業にとっても優秀な従業員の退職を防げる
-従業員の長期的な就業が見込める
-若い従業員にとって魅力的な福利厚生に映る
-従業員満足度の向上
ワークライフバランスの向上

▼ワークライフバランスに関する記事はこちら▼

 

一度長期間職場を離れる事で従業員も会社に対してまた違ったメリットを感じる様になり、職場復帰した時にはまた違った意味での目的意識を持ち仕事をする事も可能です。

 

サバティカル休暇の期間

一般的には6ヶ月間程度のサバティカル休暇を取得する人が多く、6ヶ月あれば語学スキル取得のための短期留学へ行ったり、気持ちをリフレッシュするための海外旅行へ行ったり、資格取得のため学校へ通う事も可能です。

 

どの程度のサバティカル休暇を取得するかは、あなたのマネージャーや人事部との交渉によるでしょう。交渉によってはあなたが希望する期間のサバティカル休暇取得が叶わない可能性もある点は事前に理解しておくと良いでしょう。

 

サバティカル休暇中にすべき事

すでにいくつかのサバティカル休暇中に出来る事は述べましたが、あなたがどの様な目的でサバティカル休暇を取得するかによって、その間にすべき事も変わってきます。将来のキャリアアップへ向けたサバティカル休暇取得なのか、メンタルを回復させるためのサバティカル休暇なのか、趣味や興味がある事に使うためのサバティカル休暇なのか、そしてその他にも、

 

-以前から気になっていた場所への旅行
-あなた自身が達成したい個人的な目標達成
-ボランティア活動への参加
-家族と過ごすための時間や家族の介護のため
-あなたなネットワークを形成するための時間

▼ネットワーキングに関する記事はコチラ▼

 

サバティカル休暇は長期間にわたるため、休暇取得前には必ず明確な目標を立てる事をお勧めします。ただ何もせずに休むのではなく、達成すべき目標があるこそのサバティカル休暇と考えるのが良いでしょう。

 

サバティカル休暇取得のためのステップ

まだまだ日本ではあまりサバティカル休暇を取得した人は多くなく、あなたの周りでもサバティカル休暇取得をした人はいないかもしれません。そこで、実際にサバティカル休暇を取得するための方法をご紹介します。

 

1. まずはマネージャーへ相談

まずはサバティカル休暇取得の意志をあなたのマネージャーへ伝えます。マネージャーによってはあなたに長期間抜けられると困ると主張する可能性もあります。その場合、マネージャーのさらにマネージャーや、人事部へ直接話しをしに行くと良いでしょう。

 

あなたが明確な目標や目的があってのサバティカル休暇取得なのであれば、会社は拒否する事は出来ないでしょう。

 

2. プライベートでの計画も忘れず

サバティカル休暇申請が承諾されれば、あなたが職場を離れる期間にあなたがしていた業務を誰かに引き継ぐ必要があります。そしてあなた自身も収入が無い期間を過ごすため、経済的なプランも必要です。

 

中にはサバティカル休暇の期間は経済的な負担を減らすため小さな部屋へ引っ越す人もいれば、海外旅行や海外留学へいくため自宅を引き払う人もいます。あなたが想像している以上に収入が全く無い事はサバティカル休暇が長期化すればするほど負担に感じる事でしょう。

 

3. 会社に感謝を。そして定期的な連絡を

職場の最終日にはあなたのサバティカル休暇取得をサポートしてくれた人達に感謝を伝えましょう。そしてあなたが会社を離れる間、マネージャーと定期的に連絡を取る事をお勧めします。特に報告する必要はありませんが、定期的にメールをしたり簡単に話すだけでも、あなたのマネージャーはあなたをチームの一員と認識し続けてくれます。

 

日本では産休や育休の取得も一般的となり、女性だけではなく男性の休暇取得も増えてきました。毎日仕事ばかりし、休みも無く働く事は今の時代にはあっていないと言えます。

 

仕事をする間はいかに効率的に、そして生産的に働くのか。そして休暇は休暇でプライベートな時間として最大限満喫する事が優秀なビジネスマンビジネスウーマンという認識に変化しつつあります。

 

まずはあなたの勤める会社でサバティカル休暇制度があるのかどうかを確認する必要があります。外資系企業であればサバティカル休暇取得が可能な場合も多く、日系企業でもスタートアップ企業では導入が進んできています。

 

あなたがどうしても達成したい目標があるのであれば是非サバティカル休暇取得を検討してみてはいかがでしょうか。仕事をしながらでは出来ない事がサバティカル休暇は叶えてくれる事でしょう。

 

転職キャリアアップ - ライフスタイル  執筆者 | Chen - チェン | ライフスタイル担当

続きを読む

【リモートワーク】在宅勤務制度を活用して都内から1時間で行けるいなげの浜からリモートワーク

転職キャリアアップ - 【リモートワーク】在宅勤務制度を活用して都内から1時間で行けるビーチからリモートワーク近年、在宅勤務は何も子供を持つ親や介護が必要な人だけではなく、誰でも活用出来る制度となりワークライフバランスの点からも、煩わしい満員電車での通勤から逃れられ、かつテクノロジーの進化で自宅からでもオフィスにいるのと同じ様に仕事が出来る時代となりました。

 

我々『転職キャリアアップ』の記事を執筆しているメンバーも全員企業務めですが、全員定期的に在宅勤務を活用しあらゆる場所から仕事をしています。リモートワークは、自宅以外の最も自分自身が楽しいと思える場所から仕事をする事で、仕事の生産性を上げ、かつ仕事をしている時間も大いに楽しむ事が出来ます。

 

  • 海の目の前からリモートワーク
    • 都内から1時間で行ける『いなげの浜』
    • 海を目の前にしてベンチとテーブルが
    • 周りにはショッピングモールが多い
    • いなげの浜の隣の検見川の浜もお勧め
    • 1泊2日のコースもお勧め
    • ペットを連れて一緒にリモートワーク

 

続きを読む

社員紹介という採用率が最も高いリファラルを手に入れるための6つの方法

転職キャリアアップ - 社員紹介という採用率が最も高いリファラルを手に入れるための6つの方法転職活動を始めた時、あなたはどんな業界で働き、どんな職種に就き、就業場所はどこにするか明確に決めているでしょうか。『色んな業界を見てみたいな』『こんな業界も気になるな』と漠然としたイメージを持って転職活動を始める人が多いでしょう。

 

しかし転職活動を継続していくうちにある程度のターゲットとなる業界や職種、そしてポジションが狭まっていき、よりターゲットが明確となっていきます。

 

そうなれば後はあなたの目的に適した企業を見つけるだけとなり、次のステップは『どうすればその企業の面接を受けられるだろう』という課題に直面します。つまりその企業で働いている人へどの様なアプローチをすればコンタクトでき、転職面接までアレンジが出来るのでしょうか。

 

何もその人物は人事や採用担当者(リクルーター)だけではありません。あなたが希望するポジションのマネージャーやさらにシニアマネージャー、ディレクター等と知り合う事が出来れば恐らく転職面接までアレンジが出来るかもしれません。

 

あなたが気になる企業の求人をネットで探したり、転職エージェントへ求人が無いか確認をする方法もありますが、それでは転職面接という競争へ自ら足を踏み入れる事を意味します。

 

求人広告へ応募する際にはカバーレターを作成し、ありきたりな文面で採用担当者(リクルーター)へメールをしたり、結果的にあなたのメールは企業にとってただのマスメールとして優先順位が低いメールとなっている可能性が高くなります。

▼カバーレターに関する記事はコチラ▼

 

企業にとって最も価値があり、魅力敵に感じる候補者は、リファラルと呼ばれる社員が紹介した候補者となります。社員が紹介をし推薦した転職希望者であれば、面接官も一度は会ってみようかと感じ、非常に期待が出来る転職希望者になり得ます。

 

つまり激しい転職マーケットの競争から抜け出すためにも、あなたの目的は転職面接を受ける企業で働く人と知り合い、その人からリファラルとして紹介してもらう事にあります。

 

その結果、あなたの履歴書と職務経歴書が面接官に転送され、あなたは一次面接の予約をし書類選考という競争から簡単に抜け出す事が出来るのです。しかしリファラルを実現するためには、あなたを紹介してくれる人と知り合う必要があり、かつあなたを推薦してくれるまでその人と関係性を構築しなければいけません。

 

ここではそんなリファラルを手に入れる方法をご紹介していきます。具体的にどの様な行動を起こせば、あなたはコネクションを広げられ、かつリファラルを獲得出来るのでしょうか。

 

  • 1. 企業の口コミサイトを利用
  • 2. 企業のファイナンス情報を取得
  • 3. LinkedIn(リンクトイン)の活用
  • 4. ネット検索を最大限に活用
  • 5. 直接あなたから連絡してみる
  • 6. 正直に助けを求めてみる

 

1. 企業の口コミサイトを利用

ネット上では簡単に転職に役に立つ企業の口コミサイトを見つける事が出来ます。詳細は下記の記事をご覧頂ければと思いますが、企業の口コミサイトを使ってまずは企業のカルチャー、企業情報、そして面接フローや年収等の情報を手に入れてみましょう。

▼企業の口コミサイトに関する記事はこちら▼

 

2. 企業のファイナンス情報を取得

上場企業の場合は簡単に決算書をホームページからダウンロードする事ができ、その企業が今どの様な売り上げを上げており、どの様な課題を持っているのかを知る事が出来ます。

 

上場していない企業の場合でも、ある程度の規模があればニュースサイト等で情報を手に入れる事が出来ますので、基本的なファイナンス情報は事前に入手しておく事をお勧めします。

 

3. LinkedIn(リンクトイン)の活用

このブログでの何度も記事にしていますが、30代転職活動ではLinkedInは必須の転職ツールとしてお勧めしています。もしまだ登録をしていない人は、是非すぐに登録をしあなたのプロフィールを公に後悔してみましょう。LinkedInへの登録は、企業の採用担当者(リクルーター)や面接官があなたの事を見つけてくれる可能性があり、あなたの転職の可能性をさらに広げてくれるでしょう。

▼LinkedInに関する記事はこちら▼

 

4. ネット検索を最大限に活用

もし気になる特定の企業が見つかったのであれば、その企業名+採用担当やリクルーター、人事等のキーワードで検索をしてみましょう。その企業で働く人事の人の名前や連絡先を簡単に見つける事ができ、直接連絡が出来る連絡先をゲット見つけられます。その結果あなたをリファラルしてくれる可能性が広がり、大きなチャンスを手に出来るでしょう。

 

5. 直接あなたから連絡してみる

ネットやLinkedInであなたが気になる企業の人事や面接官が見つかった場合、すぐにメールを送りあなたの存在を知ってもらいましょう。そしてもし可能であれば電話で話す機会をもらい簡単にあなたの自己紹介をしたり、時にはカフェでカジュアルな面談を依頼するのも良いでしょう。ここはまだスタート地点ですが、徐々にあなたの存在を知ってもらう段階まで来ています。

▼カフェ面接に関する記事はこちら▼

 

6. 正直に助けを求めてみる

ここまで来ると後は転職面接までもう少しです。正直にあなたがその企業に興味がある旨を説明し、何か求人があれば是非紹介して欲しいとアピールしてみましょう。日本人の場合、ここまで積極的なアプローチは苦手かもしれませんが、海外では一般的なアプローチ方法です。

 

日本で転職エージェントがここまで多く、かつ多くの日本人が転職エージェントを活用する理由はここにあります。自分では言いにくい事を第三者を通じて伝えたいと考えるのが日本人です。しかしリファラルを手にするためには、積極性がなければ成立しません。思い切った行動を是非とってみましょう。

 

ここまでのリファラルを手にするための流れをまとめると、

 

Step 1 - どの企業で働きたいのか明確にする
Step 2 - その企業で働く人を数名見つける
Step 3 - その人の興味を引く
Step 4 - その人にあなたが価値ある人材だと気付いてもらう
Step 5 - 助けを求める

 

非常に積極的な方法かもしれませんが、あなたが知らない所で多くの転職希望者がこの行動をとっているのも事実です。特に外国人の場合は当たり前の様に積極性を発揮し、企業へアプローチをしています。

 

日本人はまだまだこの様なアプローチが得意ではありませんが、本当にあなたがリファラル転職を実現したいのであればまずは行動を起こす事が重要です。

 

人材不足が叫ばれる現代において、転職マーケットは日々競争が激化しています。グローバル化が進み、日本人だけがあなたの競争相手ではなくなっています。若いミレニアル世代はめきめきと頭角を現しています。30代ビジネスマンビジネスウーマンもまだまだ負けてられません。

 

リファラルはそんな激化する転職マーケットから一歩抜け出せる簡単な方法であり、非常に効果的な方法です。そして現代ではネットという最高のツールがあなたの目の前にあるため、簡単に人と知り合える世の中です。

 

そんな目の前にあるツールを活かさない手はないでしょう。是非転職という競争から抜け出すためのリファラルを手にし、あなたが希望する企業への転職を実現してみましょう。

 

転職キャリアアップ - 転職面接 執筆者 | Arie - アリー | 転職面接担当

続きを読む

【朝活】30代のビジネスマン・ビジネスウーマンが朝活を始めるべき理由とは?

転職キャリアアップ - 【朝活】30代のビジネスマン・ビジネスウーマンが朝活を始めるべき理由とは?近年注目されている『朝活』30代ビジネスマンビジネスウーマンにとって一度は取り入れてみたい習慣かもしれません。朝活はその日一日の生産性を大きく向上させることが出来ますが、誰でもトライ&エラーを経験しながら、それぞれに合った朝活のスタイルを手にしています。

 

今後転職キャリアアップを検討している人であれば、特に朝の時間を使って将来への投資やあなた自身のスキルアップの時間へ使う事をお勧めします。あなただけの時間にカスタマイズされ、気持ちの良い一日を毎日過ごす事が出来るでしょう。そんな朝活をより効果的で生産性の高い時間にするためのベストプラクティスをご紹介していきます。

 

  • 早起きは朝活の基本
  • 朝活のスタートはエクササイズ
  • フレックス制を使って朝活
  • 前日の夜から朝活の準備を開始
  • 朝一は嫌なTo Doからこなそう
  • スマホを手の届かない所に置いてみる
  • いつもとは違ったヘルシーな朝食を食べよう
  • 今話題の瞑想をしてみる
  • 生産性を上げるには決断の数を減らす事
  • 読書で今後のスキルアップ
  • 朝の時間で英語学習

 

早起きは朝活の基本

あるCEOは毎日5時に起きる習慣を身に付け、朝からジムへ行きエクササイズをしているそうです。早朝のジムは人も少なく、ゆったりとエクササイズが出来るメリットがあり、朝から運動をする事で眠い目が一気に冴え、朝から体が軽い状態で仕事が出来るメリットがあるそうです。

続きを読む

多くの外資系企業が導入する『コンピテンシー面接』での各スキルへの質問例

転職キャリアアップ - 多くの外資系企業が導入する『コンピテンシー面接』での各スキルへの質問例転職面接を受ける中で、『面接官は一体何を面接で確認しているのだろう』と感じた事は無いでしょうか。実は面接手法にもトレンドがあり、時代に合わせて面接手法は変化しているのです。

 

そして近年特に外資系企業で導入が進んでいるのが、コンピテンシー面接です。コンピテンシー面接とは、面接を受けている転職希望者に対して、過去の具体的な例を話させる事でその人が持つ特定のスキルや行動を知るための面接手法です。

 

例えば、『こういった時の状況を教えてください。』『こういった状況の場合どの様な行動をとりましたか。』といった様に過去の事例を元にした質問手法です。

 

コンピテンシーに関する質問をされた転職希望者は、過去に体験した問題を具体的に説明をし、その時とった行動、そしてその結果まで説明する必要があります。つまり過去の事実に基づく質問のため、嘘をつきにくい特徴があります。

 

面接官は転職希望者の過去の行動傾向を判断し、その人のマインドセットを知り、どの様な行動をとるタイプの人物なのかを知る事が出来ます。

 

  • コンピテンシーに基づく質問
  • コンピテンシー面接への対策方法
  • コンピテンシー面接の回答
    • とにかく回答は簡潔に
    • 何も否定せずネガティブにならない事
  • コンピテンシー面接で聞かれるスキル
    • 適応力 - Adaptability
    • コミュニケーションスキル - Communication
    • クリエイティビティ - Creativity
    • 決断力 - Decisiveness
    • 柔軟性 - Flexibility
    • 誠実さ - Integrity
    • リーダーシップ - Leadership
    • 回復力 - Resilience
    • チームワーク - Teamwork

 

コンピテンシーに基づく質問

面接官はポジションによってコンピテンシー面接で聞く質問を変えています。それは各ポジションによって求められるスキルが異なるためです。例えば、リテール業界の面接を受けた場合コンピテンシーは主にコミュニケーションやチームワークをベースに質問をされるでしょう。マネージャーポジションの面接であれば、リーダーシップやクリエイティビティ等の質問をされる傾向にあります。

 

コンピテンシー面接への対策方法

コンピテンシー面接への最も簡単な対策として、あなたが転職面接を受けているポジションで求められるであろうスキルをあなた自身でリスト化する事です。そしてそのスキル一つ一つに対して、あなたが過去に起こした行動と結び付けて一つのストーリーを仕上げます。

 

その行動を起こした理由、何が問題だったのか、どの様なアクションをとったのか、そして最終的な結果はどうだったのか、それは期待していた結果だったのか、という一つのストーリーです。

 

ストーリーを作る上で簡単な方法がSTARメソッドです。STARとはSituation(状況)Task(タスク)Action(行動)Result(結果)を表し、このメソッドに沿ってストーリーを作成すると、簡潔でしっかりとストーリーが構成されるでしょう。

 

各スキルに対してのストーリーが完成したら、後は転職面接で急に質問をされても答えらえる様に声に出して練習しておくことをお勧めします。実際に声に出して何回も練習しておくのと、全くしないのとでは転職面接での回答スピードが大きく異なります。

 

そしてここではいくつかの特定のスキルに対してのコンピテンシー面接の回答に関するアドバイスをご紹介していきます。

 

コンピテンシー面接の回答

とにかく回答は簡潔に

急に予想もしていなかった様なコンピテンシー面接にぶちあたると、あなたは回答に迷いが生じ明確な回答が出来なくなってしまうでしょう。そのため、まずコンピテンシーに関する質問を受けた瞬間に過去の事例を思い出し、可能な限り簡潔に回答する事をお勧めします。

 

過去の事例が一つではなく二つや三つ話し出したり、ダラダラとResult(結果)までなかなか辿り着かない回答は面接官の興味をはいでいきます。そのため事前に思いつく限りのストーリーを考えておき、面接官の質問に合わせてそのストーリーをあなたの口から話すのがコンピテンシー面接をスムーズに進めるコツです。

 

何も否定せずネガティブにならない事

過去の特定の問題や困難だった状況に関するストーリーを話す場合、特定の人やモノに対して否定的な言い方をしてしまう事があります(過去の嫌な上司や嫌な同僚に関して等)。

 

しかしあくまでコンピテンシー面接とはあなたの行動に関する質問です。あなたの上司や同僚はストーリーの登場人物でしかないため、彼等を否定したり文句に聞こえる様な発言は控えましょう。あなたの価値を下げる結果に繋がります。

 

コンピテンシー面接で聞かれるスキル

適応力 - Adaptability

『あなたが前職で最も大きなチャレンジだと感じた事を話してください。そしてそのチャレンジをどの様に乗り越えたのですか。』

 

コミュニケーションスキル - Communication

『あなたが過去に失敗したと思うコミュニケーションの例を話してみて下さい。今、それはどの様に改善されたのですか。』

『説明が難しい事を同僚に伝えた事はありますか。そしてそれは結果的にどの様な伝え方をしたのですか。』

 

クリエイティビティ - Creativity

『いつもとは違ったアプローチで問題解決をした事例を教えてください。どの様にしてそのアプローチを思いついたのですか。そこにはどんな困難がありましたか。』

 

決断力 - Decisiveness

『周りの予想とは違った決断をした例を教えてください。その決断にいたったプロセスはどの様にすすめましたか。周りのネガティブな反応に対してあなたはどの様に対応しましたか。』

 

柔軟性 - Flexibility

『プロジェクトの途中でアプローチを変えた事はありますか。なぜあなたはアプローチを変えたのですか。どの様にしてスムーズにアプローチを変えられたのですか。』

『過去に達成した事がない結果を求められた時の例を教えて下さい。』

 

誠実さ - Integrity

『誰かがあなたとは反対の意見を持っていた場合どう対応しましたか。』

 

リーダーシップ - Leadership

『チームの成果を上げるためにした事を話して下さい。どの様な変化がもたらされ、今はどの様に改善されていますか。』

 

回復力 - Resilience

『ストレスに対してどの様に対処しますか。』

『上司やマネージャー、同僚やクライアントから否定的なフィードバックを受けた場合どの様に対処しましたか。その結果はどうなりましたか。』

 

チームワーク - Teamwork

『チームが一つにまとまらなかった時あなたはどんな行動をし、結果的にチームはどうなりましたか。』

『あなたはチームの一員としてどの様な立場にいますか。』

 

コンピテンシー面接の特徴は、『〜した経験がありますか。』という聞き方ではなく、『〜を話して下さい。』と直接的な質問です。そのため事前にストーリーを考えていなければSTARメソッドで回答するのは非常に難しくなります。

 

しかし練習をこなす事で、コンピテンシー面接のプレゼンテーションは良くなり、よりスムーズな回答が出来ます。 

 

今後コンピテンシー面接はさらに一般化すると言われており、多くの企業で導入が進むでしょう。転職面接前にはコンピテンシー面接対策を十分にし、コンピテンシー面接に備えましょう。

 

転職キャリアアップ - 転職面接 執筆者 | Arie - アリー | 転職面接担当

続きを読む

キャリアアップが実現出来る転職が決まった際の6つの上手な退職交渉方法

転職キャリアアップ - キャリアアップが実現出来る転職が決まった際の6つの上手な退職交渉方法転職活動が上手くいき、オファーをもらった喜びに浸っていると、次に待ち構えているのが今の会社へ退職を伝えるステップです。退職交渉とはもはやカップルの関係の様なものであり、パートナーに分かれを告げるステップと良く似ています。退職を伝える事があなたにとって悲しい事かもしれませんし、非常に嬉しい事かもしれません。もしくは全く何も感じないただの別れの儀式かもしれません。

 

あるアメリカで行われた調査によると、約51%以上の人が転職へ興味があり、何かしらの求人情報を見ているとのデータがあります。つまり半数以上の人が新たなパートナーを探している証拠であり、実際に他の人とデートをしているとも言えるでしょう。

 

ここではそんな退職を控えた人へ向けて、一般的な7つの退職の方法をご紹介していきます。何が正解という訳ではありませんので、あなたに適した方法で退職交渉を進めてみましょう。

▼退職交渉を進める方法に関する記事はこちら▼

 

  • 1. 一般的な退職方法
  • 2. 感謝の気持ちを伝えながら退職交渉
  • 3. 事前のジャブが効果的な退職方法
  • 4. 曖昧な退職交渉
  • 5. 上司を避けて伝える退職方法
  • 6. 上司ではなく人事へ直接退職交渉
  • 新しい転職先でキャリアアップ

 

1. 一般的な退職方法

マネージャーの元へ行き退職の旨を伝え、契約書通りの1ヶ月後に退職したいと伝える。


あなた『〇〇からオファーをもらい、私にとっては大きなキャリアアップに繫がり、新たなチャレンジをしたいので、最終出勤日は2週間後としその後2週間の有休消化期間とさせて下さい。』

 

この方法はあなたと会社(上司やマネージャー)との関係性が良好な時に使える方法です。お互いリスペクトし合っている関係性だからこそあなたの退職交渉に関してすぐに承諾をもらえるでしょう。

 

あなたのマネージャーから少し退職日を伸ばして欲しい程度のリクエストがあるかもしれませんが、次の転職先の状況に合わせて柔軟に対応すると良いでしょう。

 

2. 感謝の気持ちを伝えながら退職交渉

1と同様に一般的な退職交渉の方法であり、あなたが今の企業に大きな貢献をしてきたからこそ出来る方法です。


あなた『こんな日が来るなんで思ってもいませんでした。この職場では多くの経験をさせていただきました。しかし新しい場所で新しいポジションのオファーをもらいここでの経験を活かして頑張りたいと思っています。』

 

この方法は今の会社に良い印象を残したい場合に使えます。基本的には良い印象を残したまま退職する方が今後の付き合い方も良くなり、将来的に一緒に働くかもしれない上司やマネージャーと良い関係性を保つ事が出来ます。プロフェッショナルな姿勢で退職交渉をし、ネガティブな印象は最小限に出来ます。

 

気を付けなければいけないのは、もし今の会社とあまり良い関係性を築けていないのであれば、この発言はただの嫌味に聞こえるだけとなってしまいます。そのため、上司やマネージャーに嫌味に聞こえない関係性が築けている場合のみこの退職交渉方法を使う事をお勧めします。

 

3. 事前のジャブが効果的な退職方法

この方法はあなたが事前に上司やマネージャー転職を考えているというジャブを打っているケースです。上司やマネージャーへのサプライズを最小限に抑える計画的退職交渉です。


あなた『今年の6月ぐらいに転職を考えているとお話ししたのをおぼえていらっしゃいますか。結果的にオファーをもらい先日オファーへサインをしてきましたので退職をさせていただきます。』

 

あなたが上司やマネージャーに対して尊敬の念を持ち、あなたの後任を事前に探しやすくする方法です。事前にジャブを打っておくと上司やマネージャーはあなたの事を引き留めにくくなります。そのため、事前のジャブは上司やマネージャーへの優しさでもあり、かつ退職交渉を上手に進める賢い方法でもあります。

 

4. 曖昧な退職交渉

1の方法と似ていますが、1と異なる点は特に詳細な理由は伝えない点です。

 

あなた『退職をしたく、最終日は2週間後にさせていただきます。』

 

この言い方をすると、あなたの上司やマネージャーはあなたの退職理由を必ず聞いてくるでしょう。つまり、あなたが相手から理由を聞き出させたい時に使う方法です。自ら理由を話したくない場合や、相手から聞き出させるには、退職理由をあなたから言わないという方法が効果的です。

 

しかし必ずあなたの退職理由は聞かれますので、その際には正直に理由を伝える誠実さが必要です。退職を決意する人は必ず理由があります。そしてその多くはネガティブな理由です。ネガティブな理由も上手に言葉を変えればポジティブな言い方に出来ます。その伝え方はあなた次第です。

 

5. 上司を避けて伝える退職方法

退職交渉は何も面と向かって話すだけではありません。現代ではメールというツールがありますので、メールで伝える方法をご紹介。


あなた『(発言はしない)』

 

この方法は上司やマネージャーがすぐにつかまらない場合に使う方法です。つまり長期休暇に出ている、出張中、いつも忙しくてなかなか会う事が無い場合に効果的です。メールで伝える事で上司やマネージャーがあなたを叱責する事があれば、それは人事に報告すれば良いだけです。あなたは上司やマネージャーの事を考え、最適な方法と思ってメールで伝えただけです。

 

メールの良い点は、退職を伝えた日付が残る事です。つまりあなたはメールを送った日から2週間後には退職が出来るというメリットがあります。

 

6. 上司ではなく人事へ直接退職交渉

あなたがもし上司やマネージャーの事を心底嫌っている場合に効果的な方法です。直接上司やマネージャーに言わずに、人事へ退職の旨を伝えてみましょう。


あなた『上司には直接言いたくないので人事へお伝えしますが、退職をしたく2週間後を最終日とし退職をさせていただけますか。』

 

もはやあなたと上司の関係性が成り立っていない場合のみ効果的です。上司は部下から直接退職の旨を言われない屈辱感を味わい、人事にもその関係性を知ってもらう事が出来る方法です。退職は上司やマネージャーであろうと人事であろうと伝えた日から最終日を決める事が出来ます。つまり誰かに言ったもん勝ちという事です。

 

新しい転職先でキャリアアップ

退職交渉をするあなたはすでに新しい職場での新たなキャリアアップに胸を躍らせている事でしょう。中には退職交渉をしたくない、上司やマネージャーに引き留められたらどうしようと言う人がいます。

 

この様に感じる人はもはや30代の社会人ではないでしょう。しっかりとした理由を伝え、上司やマネージャーを納得させるのが30代の社会人の務めでもあり、退職をする際のマナーです。

 

上司やマネージャーとは今後どこで仕事を一緒にするかは分かりません。そのため可能な限り良い関係性を保つ事をお勧めします。しかし難しい場合もありますので、その際にはきっぱりと退職の旨を伝え、必要最低限のコミュニケーションだけで良いでしょう。

 

近年は数年程度で転職する人が増えています。つまりあなたは今後何度も退職交渉をし、新たなキャリアを掴み少しずつキャリアアップをしていくでしょう。あなたの将来が輝かしい物であるためにも、円満退職を心がけ、スムーズな退職交渉を実現してみましょう。

 

転職キャリアアップ - キャリアアップ  執筆者 | Adam - アダム | キャリアアップ担当

続きを読む

【30代の転職注目スキル】インターパーソナルスキル(ソフトスキル)を身に付けてキャリアアップ

転職キャリアアップ - 【30代の転職注目スキル】インターパーソナルスキル(ソフトスキル)を身に付けてキャリアアップ転職活動の中で履歴書や職務経歴書を作成する際、スキル欄にはテクニカルスキル(ハードスキル)と呼ばれる英語スキルやIT言語スキル、各種資格等を書く事が出来ます。そしてもう一つのスキルがインターパーソナルスキル(ソフトスキル)と呼ばれる目には見えないスキルの事でコミュニケーションスキルやチームワーク、柔軟性等があげられます。

 

テクニカルスキルはあなたが転職面接を受けているポジションに必要不可欠なケースも多く、ある程度専門性が高いスキルですが、インターパーソナルスキルはどんな仕事でも活かせるため各企業は近年このインターパーソナルスキルを重視する様になりました。

 

  • インターパーソナルスキルとは?
  • なぜインターパーソナルスキルが重要視されているのか?
  • インターパーソナルスキルの例
    • 傾聴スキル - Active Listening
    • 信頼性 - Dependability
    • 共感性 - Empathy
    • リーダーシップ - Leadership
    • チームワーク - Teamwork
  • インターパーソナルスキルを身に付ける方法
    • 1. セミナーやオンライン研修への参加
    • 2. 関係性を構築する状況へ飛び込む
    • 3. 日々のあなたの行動一つ一つを分析
    • 4. 周りからのフィードバックに頼る
    • 5. インターパーソナルスキルが高い人を見つける
  • 転職やキャリアアップで活用出来るインターパーソナルスキル
  • 転職活動で職務経歴書に記載すべきインターパーソナルスキル
  • 転職面接や評価の場でインターパーソナルスキルを活かす方法

 

インターパーソナルスキルとは?

基本的なインターパーソナルスキルとは他者とのコミュニケーションがベースとなり、様々なコミュニケーションを理解し、今後起こるであろう様々なシナリオさえも理解し対応出来るスキルを意味します。

 

その様なコミュニケーションを通して他者と関係性を構築するスキルに長け、時にピープルスキルとまで言われます。インターパーソナルスキルはただコミュニケーションスキルに優れているだけではなく、色々なタイプの人と関係性を構築出来るスキルです。

 

効果的なインターパーソナルスキルとは、転職面接プロセスの中で大きな助けとなり、あなたのキャリアアップの中でポジティブなインパクトを残し続ける事が出来ます。それはあなたの上司や同僚だけではなく、人事部に対しても良い印象が残る様になるため、インターパーソナルスキルが高い人は良い印象を持たれやすい特徴があります。

 

インターパーソナルスキルとしてあげられるのは、

傾聴力チームワークスキル責任力信頼性リーダーシップスキルモチベーション柔軟性忍耐性共感性

 

職場では強力なインターパーソナルスキルはあなたにとって大きな財産となり、複雑な環境では大きな助けとなり、あなたに良い変化をもたらし、日々の業務をより簡素化してくれる力を持っています。

▼インターパーソナルスキルに関するもう一つの記事▼

 

なぜインターパーソナルスキルが重要視されているのか?

転職面接の中で多くの面接官が目の前にいる転職候補者が、実際にマネージャーやチームと一緒になって問題なく働いていけるかを探っています。たとえプログラマーの様なポジションの面接でも、面接官はその人が他のプログラマーと一緒に仕事が出来る人なのか、チームで協力してさらに良いパフォーマンスが発揮出来るのか、将来部下を持ち部下を育てるスキルがあるのかを見ています。

 

面接官は自分で合格を出した転職希望者が入社後人間関係で問題を起こしたり、インターパーソナルスキルが低い人をなぜ採用したのかと非難されるのを怖がります。テクニカルスキルとは異なり、インターパーソナルスキルは履歴書からは読み取りにくい分、面接という会話を通して判断をしなければいけない分面接官の責任も大きいのです。

 

インターパーソナルスキルの例

テクニカルスキルハードスキルとは異なり、インターパーソナルスキルソフトスキルと呼ばれる事も多く、業界や職種関係なく発揮出来るスキルの事であり、転換が可能なスキルを指します。企業はインターパーソナルスキルが高い人を採用する傾向にあり、それは日々の仕事をポジティブにこなし、周りにも良い影響を与える事が出来る人材だからです。

 

ここでは、いくつかの主要なインターパーソナルスキルを見ていきましょう。あなたが職務経歴書に書ける様なインターパーソナルスキルはあるでしょうか。

 

傾聴スキル - Active Listening

傾聴スキルとは目の前で話している人の話しをただ良く聞くだけではありません。それは誰でも出来ます。目の前で話している人が発する情報を効率的に収集し、その人の話しの目的を掴む事が出来るスキルの事です。傾聴スキルが高い人は、会話を遮る様な事はせず、話している人は気持ちよく話せる空気作りにも長けています。

 

あなたが話している時に、目の前のパソコンを閉じ、スマホをいじっている手をとめて、あなたの目を見て真剣に話しを聞いてくれている人であればあなたは気持ち良く話せませんか。そんな空気作りを意図的に出来るのが、傾聴スキルを持つ人です。

 

信頼性 - Dependability

信頼性が高い人はあなたの周りのチームだけではなく、いつどんなチームに入っても信頼性を得られるスキルです。そして信頼性で重要な事は秘密を厳密に守れる人の事です。

 

信頼性が高い人は、マネージャーや上司、そして会社からの信頼を勝ち取り、コンフィデンシャルな情報を含む業務まで任される人の事です。信頼性が高い人は、他の人よりも重要な仕事を任されるチャンスを持っているのです。

 

共感性 - Empathy

他者の感情を即座に理解出来る人は、感情的レベルが高く、相手の感情の変化からニーズを掴む事も出来ます。共感性が高い人がチームにいると、周りにポジティブな影響を及ぼす事ができ、よりクリエイティブなチームに変え、チームが非常に機能的になるメリットもあります。

 

リーダーシップ - Leadership

インターパーソナルスキルと聞けばリーダーシップスキルを思い浮かべる人も多いかもしれません。現在マネージャーをしている人や、将来マネージャーを目指す人であれば必須のスキルです。特に何か決断を迫られた状況ではリーダーシップスキルが高い人は適格で素早い判断が出来ます。

 

リーダーシップスキルが高い人は他のインターパーソナルスキル(共感性や忍耐性等)を上手に組み合わせる事が出来ます。つまりチームプレイヤーであり、昇進されやすい特徴があります。よくなかなか会社が昇進してくれない、昇給してくれないという人がいますが、多くの場合このリーダーシップスキルが欠けているか、リーダーシップスキルを全く理解していない人です。

 

チームワーク - Teamwork

職場ではチームワークは非常に重要視され、一人では達成出来ない事もチームで達成出来るケースは多々存在します。このチームワークリーダーシップスキルと同様に他のスキルを上手に組み合わせる事でさらなる良い結果をもたらしてくれます。

 

チームワークスキルに長けている人は、個人やチームで重要な仕事を任され、いつも良い意味で名前が挙がる人になる事が出来ます。つまり企業という組織の中で注目度が高い人材です。

 

インターパーソナルスキルを身に付ける方法

ここまでインターパーソナルスキルの重要性は理解していただけたかと思いますが、実際にこのインターパーソナルスキルを身に付けるにはどの様にすれば良いのかをご紹介していきましょう。

 

1. セミナーやオンライン研修への参加

あなたが身に着けたいインターパーソナルスキルを専門に教えるセミナーは簡単に見つける事が出来ます。インターパーソナルスキルは目に見えないスキルでもあるため、まずはセミナー等で根本的な本質を知り、日々の仕事の中でインターパーソナルスキルを発揮する様にしてみるのが最も早く習得出来る方法です。

 

2. 関係性を構築する状況へ飛び込む

あなたが日々担当している仕事によっては人との関わりが少なかったり、新たな人と出会う機会が少なくなかなかインターパーソナルスキルを身に付けられる状況ではないかもしれません。

 

その場合、自ら何かのグループへ参加し、あなた自身でインターパーソナルスキルを身に着けられる環境へ飛び込んでみましょう。ネットワーキングイベントや交流会等がビジネスでも役に立つためお勧めですが、仕事とは関係の無い趣味やスポーツのグループでも良いでしょう。

 

3. 日々のあなたの行動一つ一つを分析

インターパーソナルスキルはすぐに身に着けられるものではありません。日々あなたが発する言葉や言葉のチョイス、表情、そしてボディランゲージまであなた自身で分析してみましょう。あなたが気持ち良いと感じる話し方をしている人を見つけてはその人のまねをするのも効果的です。

 

4. 周りからのフィードバックに頼る

なかなか自分自身で自分の事を分析する事は簡単ではありません。そこで分析をする簡単な方法が、あなたの周りの人に分析をしてもらいフィードバックをもらう方法です。

 

友人や知人、同僚や上司、そしてメンター等からフィードバックをもらうのがお勧めです。あなたが建設的な会話が出来ると判断した人であり、ネガティブなフィードバックでも受け入れる事が出来る関係性である人が理想です。

 

5. インターパーソナルスキルが高い人を見つける

成長する方法としてまねは非常に簡単で効果的です。もしあなたの周りにインターパーソナルスキルが高い人がいるのであればその人の行動を日々チェックしてみましょう。話し方や目線、姿勢や人との距離感等まね出来る事は多いはずです。もし可能であればその人へ直接話しを聞いてみるのも良いでしょう。

 

例えばコミュニケーションで気を付けている事を聞くとその人がどんな意図を持って他者とのコミュニケーションをとっているのか理解出来るでしょう。

 

転職やキャリアアップで活用出来るインターパーソナルスキル

転職面接の過程では、職務経歴書にインターパーソナルスキルを記載する事ができあなたという人材はこんなインターパーソナルスキルを持っているのだとアピール出来ます。

 

今働く会社での評価やキャリアアップの過程では、前回の評価のタイミングから新たにこんなインターパーソナルスキルを身に付けましたとあなた自身をプレゼンテーションする事も出来ます。

 

転職活動で職務経歴書に記載すべきインターパーソナルスキル

インターパーソナルスキルは履歴書ではなく職務経歴書に記載するのが一般的です。あなたが持つ最も高いインターパーソナルスキルは数個程度記載しましょう。インターパーソナルスキルに優先順位をつけ高いものから順番に記載します。一番上に来るインターパーソナルスキルはあなたが最も自身があるインターパーソナルスキルであるはずです。

 

しかしただインターパーソナルスキルを記載するだけでは意味がありません。あなたが応募しているポジションで求められているインターパーソナルスキルと関連性が無ければいけません。あなたがどれだけ得意と感じるインターパーソナルスキルでも、あなたが応募しているポジションで全く求められていないインターパーソナルスキルなのでれば記載してはいけません。

 

職務経歴書には下記の様に記載してみましょう。

テクニカルスキル:Excelスキル、HTML、Posシステム、英語(TOEIC 900)
その他のスキル傾聴スキルコミュニケーションスキルチームプレイヤー

 

ここで3つに絞って記載をしてみました。上記3つのインターパーソナルスキルはチームの中で働くポジションであり、その他多くのステークホルダーと関わるポジションの場合を想定しています。人との関係性構築が得意であるとたった3つのインターパーソナルスキルで表現出来ます。

 

職務経歴書に記載した各インターパーソナルスキルは面接で詳細を聞かれる可能性があります。そのため各インターパーソナルスキルにあなたの体験談を交えたストーリーを事前に準備しておきましょう。このインターパーソナルスキルに長けているおかげでこんな状況でこんな結果が出ました、と簡単なストーリーが話せる事が重要です。

 

転職面接や評価の場でインターパーソナルスキルを活かす方法

面接官やあなたを評価する立場にあるマネージャーや人事部の人は、あなたがインターパーソナルスキルに長けているのかは話せばすぐに分かります。その中でどんなインターパーソナルスキルに長けているのかを探ってきます。話し方、表情、ボディランゲージ、言葉のチョイス等これだけの事であなたのインターパーソナルスキルレベルは分かってしまいます。

 

とにかくあなたの目の前にいる人を気持ち良くすることがカギです。あなたも相手の表情を見て、話し方を変えてみたり、話す内容を変える必要があります。目の前に面接官が二人いればそれぞれに合わせて話す必要があります。すでにインターパーソナルスキルを習得したあなたなら簡単な事かもしれません。

 

テクニカルスキルハードスキルは勉強をすれば学ぶ事が出来るスキルのため、言い換えれば誰でも習得が出来るスキルです。専門性が高いポジションの場合にはテクニカルスキルが重視される事もあります。しかし近年は人となりや人柄を重視する企業が増えているのも事実です。

 

面接官の評価シートにはインターパーソナルスキルという項目を持つ企業も多くなり、転職候補者がどんなインターパーソナルスキルに長けているのかを1時間かけて探る企業もある程です。あなたが想像している以上にインターパーソナルスキルは重要で、今後さらにその重要性は高くなると予想されています。

 

あなたが年を重ね、環境が変わり、ポジションが変わるとあなたが持つインターパーソナルスキルも変化します。そのため定期的にインターパーソナルスキルは見直す必要がありますが、経験を積んでいく中でインターパーソナルスキルは増えていくはずです。

 

今よりもさらに多くのインターパーソナルスキルを身に付けるためにもまずは日々の業務での意識、そして具体的な行動を起こす事で少しずつインターパーソナルスキルがあなたに備わっていく事でしょう。

 

転職キャリアアップ - スキルアップ  執筆者 | Catherine - キャサリン | スキルアップ担当

続きを読む

【お勧めビジネス本】30代が読むべき仕事へのモチベーションがあがるビジネス本

転職キャリアアップ - 【お勧めビジネス本】30代が読むべき仕事へのモチベーションがあがるビジネス本多くの成功している経営者は数多くの本を読んでいます。それも膨大な量のビジネス本を読んでいます。30代ビジネスマンビジネスウーマンは、仕事も少しずつ落ち着き、ある程度自身のキャリアアップスキルアップに時間を費やせる様になっている事でしょう。

 

ビジネスに関して新たな考えやアイデアを知るにはビジネス本が最も簡単な方法です。ここでは30代ビジネスマンビジネスウーマンにこそ読んで欲しいビジネス本をご紹介。業界、職種問わず今後のキャリアアップスキルアップに繋がるビジネス本です。

続きを読む